スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

李昌鎬流1布石の考え方/李昌鎬

布石の考え方  

毎日コミュニケーションズ/大島正雄
上級~有段 ☆☆☆★

 日本オリジナルの李昌鎬(イチャンホ)本のようだ。副題に「碁の真髄は『本手』である」とある。
 本手とは、本来”正しい守り”といったニュアンスの囲碁用語で、一見して足が遅そうでもそこに一着ないと後々響いてくるような要の手のことである。突き詰めていくと、石の根拠に敏感になり、根拠の急所を逃さないということになる。
 構成は簡単なイントロダクションの後は、次の一手形式でありがちなものだが、説明は平易で概ね分り易い。李昌鎬の名局を題材にしているのだが、出典や総譜がないのはビギナーにとっては少し不親切かもしれない。
 総合すれば、布石の基本(主に守り、根拠)をやさしくまとめたまずまずの良書といえるだろう。

 この本で面白いのは著者が「本手は棋力によって変わってくる」と言っていること。
 シノギや読みのレベルが上がれば、守り方や守るタイミングが変わってもかまわないというようなニュアンスが伝わってくる。唯一無二の絶対の真理を追究するというよりも、自分自身が困らないように守るべきとこは守りなさい、といった態度なのだ。
 つまるところ、「手」を覚えるより「考え方」を学ぶことが大事であり、その考え方に基づいて実際に自分が分る手(実践しうる手)を選んでいくことが大切だということである。「これが正解だ」と正解を押し売りしてしまう棋書が多い中で、この考え方は非常に新鮮である。
スポンサーサイト
category
布石

Comment

Trackback

http://das53jp.blog38.fc2.com/tb.php/176-309eb211

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。