スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

秀策/石田芳夫

日本囲碁大系(第15巻)


有段者 ☆☆☆★
筑摩書房/田村竜騎兵

 棋聖本因坊秀策の打碁集。石田芳夫九段の明解な解説で秀策の近代的なバランス感覚がよくわかる。またこの手の本では過去の名手に対する敬意からかなり遠慮した表現をするものだが、石田九段は辛口に現代的見地からはっきりと批評している。

スポンサーサイト
category
古典(打碁集)
tag
石田芳夫
本因坊
秀策
打碁集

Comment

一度、並べてみました。

 日本囲碁大系の「秀策」を並べた感想ですが、石田芳夫九段の解説は分かりやすかったです。並べる際、とても助かりました。
 そして、確かに批判すべきは批判してますね。しかし、それも私レベルでも納得できるところなので、秀策もあの世で頭をかいてるかもしれません。

 同時に秀策の凄さについてもその一端に触れることができました。
 相手の疑問手を確実にとらえてさらりさらりと勝ってしまう。あるいは秀策に疑問手がでて非勢になった碁を逆転する力。巻頭を飾る伊藤松和との碁は石田芳夫九段の解説の良さもあって、秀策の気迫が伝わってきました。(解説の良しあしも大事だとも思いました。)
 もちろん、一度、並べた位ではまだまだ秀策が分かったなどとは言えませんが(一生かかっても無理でしょうが)いろいろ勉強にもなりました。

 直接的には囲碁の勉強のために始めた棋譜並べですが、時を超えて伝わる昔の高手の碁を並べるのはそれ自体がとても楽しかったです。

 ただし、一度ならべるのに、約2月弱かかりました。このペースだと日本囲碁大系全巻並べるのに3年位かかりますね。まぁ、楽しいのでそれでもかまわないのですが…。
 次は、道策を並べる予定です。
  • 2010⁄05⁄24(月)
  • 00:29
  • [edit]

 おっしゃるように棋譜並べは、単なる囲碁の訓練と言ってしまうことができないほど、独立した深みのある世界ですね。はまります。

 慣れると早く並べられるようになるのですが、ゆっくり並べることに意味があったりしますので、時間がかかることはあまり気にしなくていいと思います!
  • 2010⁄05⁄25(火)
  • 05:46

Trackback

http://das53jp.blog38.fc2.com/tb.php/158-351f5a1d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。