スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

秀和/杉内雅男

秀和楽天フリマ


有段者 ☆☆☆★
筑摩書房/小堀啓爾

 幕末の大棋士本因坊秀和の打碁集。
 秀和は早熟の天才棋士であり、名手の中でも多作で知られる。地に辛いあましの棋風というのが紋切り型の秀和の「棋風」ということになっている。しかし、才気に富んだ秀和の碁はそういった言葉では表しきれない。跡目時代の鋼鉄のように固い先番。第一人者となってからの変幻自在の打ちまわし。実利を好むが、時には大模様も披露する。才子秀和は実にさまざまな碁を見せてくれるのだ。
 秀和は秀策秀甫といった弟子たちに、「自分は君たちより強いとはいえないが、毎局毎局布石を変えて工夫し同じ碁はひとつとしてない。そこが違うだけだ」と語ったという。高弟を持ち上げつつも、自らの碁の個性とそれに対する自信を覗かせている。秀和を鑑賞すると、すべての碁が変化に富んでいて、囲碁の深さ・広さを感じるとともに、そのなかで自由自在に振舞うことのできる秀和の偉大な才能に敬意を抱かざるを得ない。

 解説は神様杉内雅男九段で、対局と同じくけれん味の無い格調高い解説で秀和の碁を引き立てている。
スポンサーサイト
category
古典(打碁集)
tag
本因坊
秀和
打碁集

Comment

Trackback

http://das53jp.blog38.fc2.com/tb.php/157-683689c0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。