死活と手筋から考える布石/苑田勇一

苑田流死活と手筋から考える布石   

有段者 ☆☆☆☆★
毎日コミュニケーションズ/内藤由希子

 前半は基本死活と、その死活がどんな布石のどんな変化(定石)の中で現れるかを示して、基本死活の知識とその活用法を説く。後半はよくある布石の中での手筋を解説する。前半のアイデアのユニークさに比べ、後半は(内容は良いが)平凡な感じもする。

 死活が大切とよく言われるが、いまいちぴんと来ない人が多いようだ。それは「死活が役に立つのは石が死にそうになった(殺せそうになった)ときだけだ」という誤解にある。死活の知識やその利き筋を利用する技術は、定石でも布石でも中盤でもヨセでも、いわばあらゆる場面で役に立つものなのだ。ただ死にそうになってから死活を考える、という態度がその重要さを見失わせているだけなのだ。
 本書は、死活と布石(あるいは定石や戦い)との関連性を分かりやすく示してくれていて、死活に関する蒙を啓いてくれる良書である。
スポンサーサイト
category
布石

Comment

Trackback

http://das53jp.blog38.fc2.com/tb.php/113-8dc62697