Entry Navigation

日本詰碁百景/石榑郁郎



有段者 ☆☆☆☆★
誠文堂新光社 大島正雄

 名詰碁作家・石榑郁郎九段の詰碁集。
 100問収録で、ヒント文ありの構成。橋本宇太郎の街道もの(『詰碁・五十三次』『詰碁・中山道』『詰碁・奥の細道』)の様に、各問に日本全国の名勝地などの名前を冠しているが、一般的な名所よりも囲碁にまつわる事物が多めである。

 前書きにある通り、シンプルな図形で変化に富んだ問題が厳選されており、問題の質は非常に高い。考えてみようという気になるシンプルな図形ながら、受けの妙着がある問題も多く、一手一手慎重で繊細な回答を要求させる問題が多い。一言でいうなら美しい詰碁集。
 ヒントでコウか無条件かがわかってしまうのは玉に瑕ではある。問題のレベルはばらつきがある感じで難問ばかりではないが、全て解くには高段の棋力が必要だろう。

 棋苑図書から出た『石槫詰碁選集Ⅰ』の続刊がないのが気になるところだが、どんな形であれ石榑九段の詰碁集が出版されるのは喜ばしいことである。
スポンサーサイト
category
詰碁集

すぐに使える 星の死活徹底ガイド/村川大介



上級以上 ☆☆☆☆
マイナビ 品田渓

 星の周辺、主にシマリに手を付けていった形から生じる基本死活を解説している。
 その死活が生じる手順も紹介しているので、『シマリの急所』『シマリの技法』『星の小ゲイマジマリ後の攻防』といったシマリの定石書が扱っているような情報も盛り込まれている。(挙げた3書の内前二つは小目系だが)ただしあくまでも「死活ガイド」なので活きるか死ぬかにフォーカスされているので、シマリの定石書ではない。
 基本的な型が網羅されており、これだけ身につけられれば一般アマとしては充分な感じ。ひとつひとつの解説はわかりやすく書かれている。その一方で辺の開きがあるなしで手段が変わるなど、隅の死活の微妙なところも丁寧にフォローしており、各型の違いをしっかり把握して全体を理解するには繰り返し読むことが必要になるだろう。

 初段手前の人から高段の基礎固めまで、長く付き合える良書たりえると思う1冊。
category
基本死活

すぐに使える 辺の死活徹底ガイド/松本武久



有段者 ☆☆☆☆
マイナビ 品田渓

 『星の死活徹底ガイド』の姉妹本。

 定石形などから生じうる形で、特に手筋などを駆使しなければならない重要な形に絞って解説を加えている。 その形が生じると想定される定石手順や中盤の手筋から解説されているのがこのシリーズの特徴で、死活と戦いが密接に関わっていることを伝えたいということだろう。
 うっかりしやすい手筋・手順を含むものが多く内容は充実している。中には、外壁に欠点を抱えつつうまく相手の石を仕留められるか等という実戦そのもののテーマ図もある。

 基本型を網羅しようという『基本死活事典』などとは対照的な編集方針なので、両者を読み比べるのも面白い。

 死活や詰碁となると隅でのものが多いせいか、辺の死活は案外難しい。この本に紹介されている型も難しく感じるものが多いし、気が付きにくいだろう手順・手筋も多く含まれていて勉強になる。長く利用できる本という意味で有段者向きとしたが、しっかり研究するなら高段レベルかもしれない。
category
基本死活