Entry Navigation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

蘇耀国の詰碁/蘇耀国



上級以上 ☆☆☆☆
マイナビ 朴道純

 第1章(死に)が60問、第2章(生き)が30問、第3章(応用)が90問の合計180問収録。

 シンプルなパズル詰碁で、コンパクトな形の中にダメ詰まり感覚を磨けるような仕掛けをした良問が多い。個人的には第1章の出来が一番よいように思う。第3章は、難しい問題を分解して出題しているものが多いが、分解の仕方をやや失敗している感じのものもある。ただそこを不満に感じるのはある程度以上の棋力の読者と思われるので、本書がターゲットとしている詰碁が苦手なひとには関係のない話かもしれない。
スポンサーサイト
category
詰碁集

人生を変えた一局/山下敬吾他



有段者 ☆☆☆☆
マイナビ 高見亮子

 『囲碁将棋チャンネル』の番組「記憶の一局」を単行本化したもの。今回収録されたのは山下敬吾、吉原由香里、王銘エン、石田芳夫、小松英樹、小林光一、張栩、小林覚、片岡聡、鶴山淳志の10名。3局ずつ取り上げているので合計30局が収録されている。

 10人の棋士も大家から中堅、若手、女流まで幅広く、しかも選ばれた碁が、会心譜があれば痛恨の敗局もあり、さらには修業時代に勉強した古碁もあるということで本当にバラエティに富んでいる。打碁集の良し悪しを決めるのは作り手のこだわり、意気込みがだが、その点本書は各棋士にとって思いれのある1局を取り上げているので読みごたえは十分。ライターの高見さんも豊富でない紙巾でそれをうまくまとめていると思う。よい打碁集と思える本に久しぶりに出会った感じ。ぜひ続編を期待したい。

 有段者向けとしたが、1局あたりに6~8ページという解説量なので、研究するとなると高段者向きかも。(軽く並べて鑑賞するなら有段で十分)解説は上記の通りすごく良くよくまとまっていてわかりやすい感じがするが、収録された棋譜は有名なものが多くよく知っているのでそう感じしてしまうのかもしれない。
category
現代(打碁集)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。