Entry Navigation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

囲碁 感動の一手/吉崎久博



有段以上 ☆☆☆★
Kindle

 アマ強豪の吉崎さんが研究の中で出会った感動の一手を100手紹介している。歴史的な名手、妙手、珍形、奇手、新手、鬼手と様々で、楽しめる。棋力対象を有段以上としたが、面白い手カタログとして気楽に読むなら棋力は問わないだろう。ただし手の内容については詳説とはえいないので、深く読みたいというのであればそれなりの棋力がないと消化不良を起こすだろう。

 こういう類の本は得意分野なので誰の棋譜か当てながら読んでみた。初手や序盤も序盤だと当てられるわけないので、そいうものはその棋譜を並べたことがあるかどうかの判定だが、実に半数近く知らない棋譜だった。吉崎さんの勉強量に脱帽です。
 

 
スポンサーサイト
category
手筋

囲碁ドリル(1~5)/日本棋院

 

  

入門~初級 ☆☆☆☆
日本棋院

 以前日本棋院から『囲碁上達ドリル』シリーズが刊行されていた(こんなの)が、品切れしたものから絶版して行き、ついになにもなくなってしまった。どうするんだろうと見ていたら、さすがに日本棋院も考えていてその後継シリーズを刊行しはじめた。第1期は5巻まで。

 手ごろな値段(少し高くなったが)、手軽なサイズなのは以前と一緒。
 問題の内容は以前のものより工夫されており、いろいろな入門書や問題集の成果が反映されて進歩していると思う。たとえば趙治勲の『はじめて打つ囲碁』(もしかしたら『おぼえたての碁』かもしれない)で出題されている白と黒の布陣の効率の良さを判定させる問題などが取り入れられている。囲碁の入門は技術を学ぶことも大事だが、囲碁というゲームのイメージとそこからくる考え方を早くつかむことも大事で、こういう工夫は大事。

 本当はもっと安いのが理想だが、プラットフォーム的基本教材として期待したい。
category
問題集

激斗2013/囲棋天地2014増刊

クリップボード02
 高段者 ☆☆☆☆
 囲棋天地

 中国の甲級リーグの全対局を収録した打碁集。書虫などで買えます。(こちら
 甲級リーグは全22節で各節24局の対戦があり、総数で500を超える棋譜が自戦解説つきで収録されている。棋譜はすべて総譜。中国のトップ棋士はもちろん、李世石、朴延桓、金志錫など韓国のトップ棋士も参加しているので世界のトップ棋士はほぼ網羅されていると考えてよい。中には棋譜がない(白紙)ものなどもあるが、情報量としては申し分ない。不思議なことに棋譜がなくても自戦解説はあったりする。解説は中国語だが、漢字で感じがわかるのと文章がワンパターンなので何とかなる。
 難点は棋譜の誤植が多いこと。ある程度の棋力が無いと修正するのが難しいと思われるものもある。そもそも中国ルールなのでダメの着手まで記録されていて(日本ルールしか知らないと)目が回る思いをする。
category
中韓(打碁集)

人間における勝負の研究/米長邦雄



 お隣の将棋の世界とはいえ、稀代の名棋士の勝負哲学は大変読みごたえがある。碁打ちはもちろん将棋や囲碁をしない人でも面白く読めると思う。

 勝負師というのは自分で考え自分で判断・決断し、自分でその結果を引き受けるということ繰り返している。もちろんそれはあらゆる人が直面することだが、勝負の世界に身を置いていればそれがより鮮明になる。なんとなく周りに合わせておくとか、生温い考え方では生き残れない。私は米長九段の考え方にすべては共感できないが、非常に説得力を感じる部分が多いのはここで書かれたことが机上の空論ではなく、現実に鍛え抜かれた知恵であるからだろう。
 本書では敢えて悪手を指すとか、心理作戦の話題も出てくる。これは表面的にはある種の不純さを感じもするが、米長九段が当代きっての名棋士であり、同時代に置いては誰よりも将棋の技術にたけていた一人なのだということを考え合わせれば凄みを感じる。タイトルにもその二文字が含まれるが、勝負とは所詮不完全な知しか持たない人間同士のふるまいの差にすぎないことを冷徹に見つめている。勝負師の精神とは独立不羈であり、真に知的であると感じる。
category
将棋

発陽新論 詰棋名家名作/孫志剛

クリップボード02
高段者 ☆☆☆☆★
書海出版

 日本ではアマチュア強豪として活躍した中国棋士・孫志剛さんによる詰碁アンソロジー。簡体字だと「发阳新论」。おそらく「囲棋天地」に連載されていたものをまとめたもの。「書虫」などで買える。(こちら
 橋本宇太郎から大橋拓文まで古今東西の詰碁作家の代表作を紹介している。中には塚本恵一、岩田昇二といったアマチュアの詰碁作家も含まれる。情報満載のため問題図と解答が連続していて問題集として取り組むには不適な面があるが、これまでの(日本の)詰碁の歴史を総覧できる貴重な資料である。作品以外にも挿入される詰碁エピソードなども興味深いものが多い。本格的に創作詰碁の世界に足を踏み入れてみたいという人はガイドとして手元に置くとよいかもしれない。
 因みに私は中国語はまったくできないが、漢字からだいたいの意味を取れるのと、多くの場合元ネタを知っているのであまり気にせず楽しめる。だがしっかり読みたければ
 本来なら日本人の手でなすべき仕事だが、それを成し遂げた孫志剛さんに敬意を表します。膨大な量の詰碁集を調べただけでなく、中で紹介されている逸話には詰碁集外のものもあり、その努力は尋常ではない。
category
詰碁集

ルポ電王戦/松本博文



☆☆☆★

 コンピューター将棋黎明の時代から第3回電王戦終了時までの経緯がよくまとまっており、その歴史を知る上では手軽で便利な本。

 
category
将棋

一点突破 岩手高校将棋部の勝負哲学/藤原隆史



☆☆☆☆

 他競技とはいえ、囲碁と将棋は似ていることも多いので、中学高校世代の指導法、勝負哲学は興味深く読んだし、共感できるところも多かった。
 前書きで筆者が断っているように「極めて自己流の」指導法であり勝負哲学であるので、それそのものを真似るだけでうまく行くとは限らないが、抽象度をあげてその成功の鍵を読み解けばいろいろな分野で応用が利く話が多いと思う。個人的に印象的だったのは筆者が生徒だけでなく、保護者、OB、地域の強豪、地域のこどもなど学校の枠を超えた連携を生み出した点だ。学校外から囲碁普及をしている身としてはベクトルは逆となるが、地域と学校の部活動の連携は今後どこの地域でも課題である。
category
将棋

藤沢秀行囲碁教室4 置碁上達法/藤沢秀行



中級以上 ☆☆★
土屋書店 

 前半では9子局から3子局までを、それぞれ実際の対局意を題材にして解説している。後半は置碁でよく出てくる定石や部分的な手段の解説。
 『置碁-白の作戦』の黒番バージョンといった感じ。
category
置碁

囲碁六子からの上達法/囲碁編集部編



上級以上 ☆☆☆
誠文堂新光社 相場一宏

 六子局(6局)、五子局(6局)、四子局(7局)の模範布石合計19局を収録している置碁本。相場さんの編集なので、内容は手堅い。
category
置碁

布石からヨセまで/日本棋院



中級以上 ☆☆
日本棋院 加藤洋二

 文字通り布石からヨセまで多彩なテーマの問題集。121問収録。
 いろいろな分野の問題をやさしいところから扱っているのが特徴で、囲碁のルールを覚えた後に使い捨てる問題集としては手ごろかもしれない。問題集の編成の性格上、代替のきくものはいくらでもあるので、古書と探してまで求める類の本ではない。
category
問題集

院生時代の思い出話/橘諒



☆☆☆☆

 このタイトルだと筆者の上達サクセスストーリーや院生時代の苦闘の記録、挫折の物語、などを期待してしまうが、あまりそういう類の本ではない。著者の囲碁観や、囲碁を通して得たさまざまな洞察が話題の中心。このミスリードは確信犯なのか?以前ブログで公開していた記事がまとめて電子書籍になった。
 囲碁を趣味にできた人なら必ず実感できることだが、囲碁はひとに物事(の本質まで)を考えさせる作用があり、単なる遊戯という枠を超えた存在になりやすい。にそうした囲碁の可能性とその魅力を語った好著。
 
現在橘さんは『WinGO~あなたの知性に翼を装着』というブログを更新しており、こちらも注目。
category
読み物/文芸

 ウソ手と本手 続ウソ手と本手/小山靖男


 上級以上 ☆☆★
 山海堂 

 手筋問題集。よくできる形や、定石の途中など身近な形を題材にしている。

category
手筋

筋場理論/依田紀基



中級以上 ☆☆☆★
講談社 野田豊二

 「石場理論」は石の形に関しての考え方を依田九段が体系化したもの。前書きにもあるが、新たな手筋を生み出してのですはなく、これまでなんとなくと教えられていた手筋を、統一理論でまとめたところに値打ちがある。簡単に言えば、筋場とよばれる効率の悪い地点に自分の石が行かないように、そして相手の石が筋場に向かうように打つことで自然と手筋になるという理論だ。
 ただし似たような説明の仕方は、苑田勇一九段の『打っていい場所・悪い場所』(第2章)でされており、完全な新発見かというと微妙な気がする。比較すれば筋場、ダブル筋場などの用語を生み出したところ理論を整理したところが依田九段の功績と言える。
 その点はおいておくとして、手筋読本てはとても優れているので、手筋を基本から学びなおしたいという人にはお奨めの一冊。ただし構成に難があり、説明文と参考図がページをまたぐことがしばしばで、非常に読みにくい。2000円近い本でこれはいただけない。
category
手筋

囲碁ワンポイント指導/坂田栄男


 上級以上 ☆☆
 日本棋院 酒巻忠雄

 ゴ・スーパーブックス25。昭和47年刊。
 囲碁雑誌などによくある質問コーナーをまとめたもの。50の問いに答えている。
category
Q&A
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。