Entry Navigation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

五段突破の詰碁100/石田芳夫



上級以上 ☆☆☆★
土屋書店

 基本詰碁をひと目で解ければ高段者、という意味での五段。標準的な基本詰碁集。
スポンサーサイト
category
詰碁集

3手のヨミ 詰碁/加藤正夫



上級以上 ☆☆☆☆
誠文堂新光社 二口外義

 昭和60年刊。「3手のヨミ」シリーズの詰碁。詰碁という分野からしても同シリーズの中で今でも色あせない1冊の一つ。
 基本死活、基本詰碁集で、3手のヨミ(実際には5手ぐらいかかる問題も多いが)簡潔に決まる形で出題してあり
たいへん取り組みやすい問題集である。
 昨今基本詰碁、基本死活の本は氾濫しているので、古書である本書を無理して入手する必要はないと思われるが、安価に手に入るならば購入して損のない一冊である。

※基本死活とよべるものを多く含む宿命で、余詰めのある問題もあり、純粋詰碁集としてはその点が減点要素。
category
未分類

新しい大斜定石/山部俊郎

高段者 ☆☆☆☆
日本棋院 堀田護

 ゴ・スーパーブックス9。(昭和45年刊行)
 タイトルに新しいとあるが大変古い本。従って昔流行していた古い型の詳しい解説が見所。3間バサミからの大斜(そもそも大斜の研究が進展したのは、幕末に3間バサミに対する対抗策として大斜が有力視されたから)も紹介されている。
 大型定石(ナダレ、妖刀、そして大斜)の場合、廃定石として姿を消したのではなく、十分有力なのに打たれなくなった型も多く存在する。その意味で古い専門書も侮れない。もちろん古い本まで手を出して研究するとなると対象は高段者レベルである。
category
定石

碁の醍醐味 利き利かし/高木祥一



有段者 ☆☆☆★
日本棋院 川熊博行

 第1章が総論的なまとめ。「利き」という考え方とそれの行使である「利かし」に関して解説している。闇雲に利かせばよいというものでもないのであえて利かさずに利きを保留するという考え方も出てくるし、相手に利用されないように未然に相手からの利きを消すなどという発想にまで至る。かなり高度な話なので高段者を目指す人が対象の本といえる。
 第2章、第3章でプロの実戦を題材に、どう利きを利用するかを解説している。一流プロのぎりぎりの攻防が題材だけに見ごたえは十分。身に着けるというには少し高度なテーマ図が多いので、鑑賞して楽しむという感じの読み方がお薦めである。
category
中盤

2間高バサミ定石/島村俊宏

高段者 ☆☆
日本棋院 伊藤敬一 秋本悦士
 
 ゴ・スーパーブックス10。(昭和45年刊行)
 昭和の花形定石・小目の2間高バサミ定石をテーマにした本。現在でも2間高バサミは用いられるが、昭和に流行した形がこれほどことどとく廃れている定石も珍しい。代表としては木谷創案のハサミにコスミで対応する型などは、昭和40年代の碁では毎局のように打たれていた変化だが、今はまったく見なくなっている。その他かなりの大型定石、難解定石もあり、本書ではそれが詳しく解説されているが、現在はほとんど使う機会の無い変化ばかりである。定石マニア以外は特に読む必要を見出せないであろう一冊。
category
定石

模様の焦点/大平修三

有段者 ☆☆☆
日本棋院 酒巻忠雄

 ゴスーパーブックス19(昭和46年刊行)
 タイトルの通り模様がテーマ。模様を張る側、張られる側の両面を取り上げている。
 序章で模様に関する基本的な考え方や手法(消し、打ち込み、様子見の利かし、模様の接点など)を紹介し、第2、3章はプロの実戦を題材に具体的に打ち方を紹介している。第4章は模様の攻防が見所となったプロの実戦譜解説。
 その後、模様を題材にした著作はいろいろ出ており、その中で本書を傑出した名著には推せないものの、しっかりとした内容の良書であると思う。
category
中盤

プロの碁・アマの碁(①②)/林海峰

 

有段者 ☆☆★
日本棋院 甘竹潤二 中村智佳子

 1990年と1991年に刊行された小打碁集。目で楽しむ決勝戦という副題がついているとおり、プロ棋戦、アマ棋戦の決勝を目で終える程度の手数の譜分けで掲載している。通算手数ではなく各譜の初手を1としているのが珍しい。解説はポイントだけで、一応総譜も載せてある。
 解説が簡単なのと、掲載数が少ないので打碁集としては中途半端。アマ棋戦の解説付きの棋譜を見られるのが数少ないセールスポイントか。
category
昭和(打碁集)

加田詰碁教室/加田克司


有段者 ☆☆☆☆★
日本棋院

 ゴ・スーパーブック15。
 幻の詰碁集。ゴ・スーパーブックは50冊以上刊行された日本棋院の人気シリーズなのに、amazonの検索などでもまず引っかからない。最近ひょんなことで手に入れた。

 収録されている問題自体はすでにデータとして入手していたのだが、書籍の形で読んでみて大変な良書と思った。
 
  『加田克司傑作詰碁』『加田克司衆妙詰碁』などでも発揮された詰碁に対するこだわり、詰碁の解答に対するこだわりは共通していて、加田詰碁ファンならば読みやすいだろう。 出題はヒントも何もない問題図だけで、前半にまとめて出題。後半にまとめて詳細な解答。本書の特徴はその間にヒントの部があることで、典型的な失敗図と正解コースの1~2手が示され、ヒントも。『張栩の詰碁』の出題形式にも影響を与えているかも知れない。
category
詰碁集

置碁のバイブル/梁宰豪

 

中級以上 ☆☆☆★
東京創元社 洪敏和訳

 上巻が9子から6子、下巻が5子から2子を扱い、各置石での序盤作戦や上手の常套手段に対する打ち方をカタログ的に紹介している。日本棋院の旧『基本置碁事典』小林光一『小林流必勝置碁』など過去にもっと突っ込んだ内容の本があるだけに、「カタログ的に」というのはよくまとまったという褒め言葉の意味と、中途半端だという否定的な意味の半々である。個人的には同じ置き碁本でも徐奉洙『天下四目』などのほうが著者の思い入れや哲学が伝わってくるのでお薦めである。(ただこれは表面的には4子局の本である)
category
置碁

CIOブログ詰碁 そのいち/井場悠史



上級以上 ☆☆☆☆
Kindle 橘諒 稲本章吾

 シンプルだが、しっかりとした仕掛けのある良問揃い。(50問収録)解説は複数の図を使って親切なつくりになっている。続編に期待。
 じっくりと取り組む気があるならば上級以上。どんどん解きたいという人ならば有段の実力が必要だろう。
category
詰碁集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。