Entry Navigation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

基本死活事典/張栩



日本棋院/構成 桑本晋平 作図協力 林漢傑
有段者 ☆☆☆☆☆

 名著として定評のあった趙治勲版『基本死活事典(上下)』の30年ぶり改定版。基本辞典シリーズの中でも重要な分野でありながら絶版になってから久しく、まさに待望の一冊。しかし張栩九段というこの分野を扱うなら最高の著者を得て最高の形での新版刊行となった。旧版は上下2冊だったものを640ページの1冊にまとめられた。

 基本死活は、ある意味一番新発見・変化の少ない分野なので、改訂は情報の整理の仕方などがポイントになる。
 序章を設け、そこで死活の判定(生死とその中間のコウなど)をしっかり整理したところでもわかるように、今回はその型の結果がより厳密に記述されている。例えばコウでもどちらの取り番か、コウはコウでも保留コウであるとか、その部分に関する厳密さが増した。
 また今回の目玉のひとつは第5章で、類似形の中での1眼のあるなしについて整理したこと。似た形でも半眼とみていい場合とそうでない場合がある。大石の死活などを判定する場合にそういった部分の1眼に関する基礎知識は重要で、この章を設けただけでもさすが張栩九段といいたくなる。
 旧版下巻で取り上げられた古典詰碁集のダイジェストは「筋の紹介」という形で比較的コンパクトにまとめられた印象。この中には張栩詰碁も含まれる。また「実戦」の章には近年中国流布石で見られる早めの三三入りから生じる型を紹介するなどより頻出する流行形を意識した編集となっている。
 
 趙治勲版でも星5つのフルマークだったが、今回の充実した改定内容を見るとさらに半星くらいつけたくなる。一生ものの一冊なので有段者必携、まだ級位者の人でもぜひ手元に置いてほしい一冊です。(易しい型ならだ級位者でも理解できるものはたくさんあります。読めるとことから繰り返し読むと上達が早いかも)
 
スポンサーサイト
category
基本死活

張栩九段VSスペースマン大橋六段 銀河分け目の13路決戦/大橋拓文



マイナビ
有段者 ☆☆☆☆

 ネットラジオ番組『大橋プロのスペースマンでGO!~Welcome to GO galaxy~』で実現した張栩九段と大橋拓文六段の13路盤対局の詳細な解説本。棋譜は53譜わけ、変化図が61と非常に丁寧な解説で、コウの絡んだ難解な熱戦をわかりやすく解説してある。Kindle版での出版だが、参考図の表示の仕方などにもう一工夫必要かとも思う。(これは電子版の囲碁書籍全般に思うことである)
 13路盤の対局のスリリングさを存分に伝えており、内容はとても充実しているのでおすすめである。13路盤の戦いはより読み重視となるので、アマチュアがプロの13路対局を楽しむためにもこのような形で観戦記、自戦記がリリースさえるのはとても効果的だと思う。

category
打碁集

基礎力のつく囲碁ドリル/三村智保


 
マイナビ 三村芳織
入門者 ☆☆☆☆

 1テーマ20問を20。うたい文句では1日20問を20日続けて上達しようという設定。テーマは石を取るから始まり地を守ることや石の生き死に、シチョウやゲタなどの手筋と一通りのものがそろっている。
 初心者は囲碁の対局を全うすることさえが大変なものだが、そこに必要なものをよく考えてテーマ設定されている。2日目が地を守るなのがそのよい例で、地の境界線をうまく処理できないと困るので、早めにそこの目を慣らすというのは納得。

 とにかく簡単な問題で、囲碁のルールを覚えたての人のトレーニング用に最適である。『韓国囲碁ドリル』の入門編などとの比較になるが、こちらはある程度のボリュームを維持したうえでコンパクトにまとまっているのがよいところ。

category
問題集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。