Entry Navigation

三村智保問題集 死活の1/三村智保



マイナビ(電子書籍)
有段者 ☆☆☆☆

 無事環境が整い、読めるようになったので記事を再投稿します。
 その1はやさしい問題が中心ということだが、意外に難しい。盲点に入りやすい問題もあるし、筋はよくある筋だが、その筋を繰り出す前に形を整理しないといけないものがいくつかあり、そこが意外にハードルが高いかもしれない。少し強い人ならとりあえずこう打つしかないなと「一連の手順」として見える手続きも、詰碁になれていないと一手一手難しいと感じてしまって手が出ない、などということがあるだろう。低段者でも解ける問題は多いので気軽に購入してもかまわないと思うが、なかには高段者でも手こずる問題もあることを覚悟すること。
 その2以降は難易度が上がっていくはずなので、どんな問題が出てくるか注目。


 実はスマホやタブレットがないのでこの詰碁集は内容を見ていません。あしからず。この本のおかげで本気でスマホ導入などを考えているところです。

 三村先生ご自身のアナウンスによるとこの「死活その1」は易しい問題が中心ということですが、たぶん詰碁慣れしていない人にとっては十分歯ごたえがあるはずです。はずと歯切れの悪い言い方になるのが悔しいところですが、実は今回の電子詰碁集に掲載予定の問題の一部を見せてもらう機会があり、難問ですと宣言されたものが難しいのはもちろん、比較的シンプルなものでも結構考えさせられるものがあったので、それなりの難易度ということが推測できます。

 三村先生によるとこの企画がある程度の成功を収めれば今後いろいろな棋士の詰碁集が出版される可能性があるとのことなので注目したいです。
スポンサーサイト
category
詰碁集

石心 囲碁棋士・大竹英雄小伝/井口幸久



囲碁を知らない人でも ☆☆☆☆

 大竹英雄名誉碁聖の評伝。
 西日本新聞にインタビュー記事として連載されたものに加筆されて出版されている。

 新聞連載ということもあって囲碁を知らない読者を想定して書かれているので多くに人にとって読みやすいかと思う。筆者の文章、大竹の語ったことを「聞き書き」した文章、そして豊富な参考文献からの引用と、3つのテクストが混在する独特な構成になっているが、個人的には非常に面白く読んだ。かなり綿密な取材をしていると感じられるところと、通り一遍の記述でなく筆者が棋士大竹、人間大竹に肉薄している点で非常に読みごたえがある。

 大竹英雄の足跡を辿りつつも、師木谷実にもかなりの紙巾を割いており、大竹の目を通しての囲碁近代史(江戸から現代まで)が描かれている。また師匠や先輩棋士、ライバル林海峰、そして後輩棋士たちと棋譜と人物論も面白い。何故か武宮九段の話が上がっていない点が不自然で気にかかる。(巻末の特選譜には武宮九段も登場する)

 久しぶりに大竹先生の棋譜を並べたくなった。
 
category
読み物/文芸

囲碁年鑑2013/日本棋院



囲碁ファン ☆☆☆

 怠慢で更新せずに放置していました。
 今年も囲碁年鑑の季節。最近はすぐ品切れになったりするので是非お早めにお買い求めを。

 電子書籍でも出版されるようになり、棋譜再生機能があるなど紙媒体にない利便性があり注目される。スマホではサイズ的にきつそうだが、タブレットの普及が進めば本当に便利な存在になるかも。電子書籍版は、解説なしでもいいので掲載棋譜を増やしてほしいものだ。

 
category
年鑑(打碁集)