Entry Navigation

村川大介 青春の軌跡/村川大介



棋苑図書
有段者 ☆☆☆☆

 打碁集があまり出ないご時世の中、注目の若手棋士村川大介七段の打碁集が出たのはうれしい限りである。11歳で入段し、新人王のタイトルを獲得するなどの活躍はもちろんだが、村川七段は世界戦の予選突破を複数回果たしているのが特筆される。この打碁集でも前半部分は世界戦での戦いが紹介されておりそこが見どころのひとつ。

 実は本のサイズや構成には不満があり(私は打碁集に関しては特にうるさい)手放しに評価はしにくいのだが、これだけ打碁集不足だとどうしてもこう評価にならざるを得ない。世界戦の棋譜が多いこともあって比較的新しい打ち方が多く出ており、その周辺の変化に関する解説などは特に参考になる。
スポンサーサイト
category
現代(打碁集)

はじめての詰碁/日本棋院



日本棋院/伊瀬英介
初心者から ☆☆☆☆

 詰碁で棋力UPシリーズの第2段。林漢傑七段の次は誰と思っていたら、意外なことに初級者向けの詰碁本であった。

 3目ナカデや単純なウチカキで決するこれ以上簡単にできない問題を基本とした初歩の初歩問題集。はじめてのというタイトルに偽りはない。同じ形で攻守交替しての出題や、向きを変えての復習等、問題が簡単な上にかなり繰り返しがあるので、初級者が一人で読んでも詰まりにくいと思われる。11章あたりから少しひねりがある問題が出題され、12章が大きなナカデ、13章がコウの問題となっている。11章から13章で「ひと目の詰碁」レベルの問題である。
category
詰碁集