Entry Navigation

シマリの急所/溝上知親

 

毎日コミュニケーションズ/朴道純
有段以上 ☆☆☆☆
 
 「小目のコゲイマジマリ編」「小目の一間、オオゲイマジマリ編」の2冊が刊行され、小目に関しては完結したのでまとめておく。二間ジマリもあるので微妙だが、それに一冊を割くことは考えにくい。

 類書として『シマリの技法』があるが甲乙つけがたいものがある。『シマリの急所』は『シマリの技法』に比べて、紙幅のある利点を活かしてより全局的な背景に立った作図、解説がなされている。当然情報が新しい点もアドバンテージとなる。

 いずれにせよシマリに対する手法は中盤の定石ともいうべきもので、高段を目指す人にとっては必須の知識であり、それを総覧できる数少ないものとして貴重である。(索引が付いているので辞典的な使い方もできる)努めて平易に記述されているので部分的なことに関しては低段者でも理解はできると思うが、こういった知識を必要とし、また咀嚼できるのは高段者を目指す位置にいる人であろう。低段者でもいずれ必要となる知識であり、辞典的なものなので手元に置いておいて損はないだろう。

スポンサーサイト
category
手筋

碁ワールド2月号(2012年)



●内容○

 名局シアター① 張栩VS羽根直樹(第59期王座戦第3局)
 名局シアター② 結城聡VS井山裕太(第37期天元戦第3局)

・棋戦フラッシュ

・誌上殿堂資料館

・3カ月連続企画 囲碁アプリでGO

・連載読み物
 寺澤せんせいのからだにいい話(寺澤捷年)
 若手の熱戦譜(足達利昌二段)

・連載講座
 新手新型研究所 大矢浩一九段
 トライアル50 菅野昌志六段
 布石12のヒント 王銘琬九段
 あゆみのこの筋いいね/鈴木歩六段

・読者コーナー
 創作詰碁にチャレンジ 張豊猷八段
 日本棋院支部と会員コーナー
 にがおえ広場 藤井レオ
 ハッピーワールド
 読者の声 烏鷺ウロ
 集まれ!アマチュア腕自慢 潘善七段
 
・碁界情報
 トピックス
 八重洲&中部&関西HOT通信
 イベント・津々浦々も催し物案内
 日本棋院棋士年間星取表
 
・連載漫画
 星の厚み 藤井レオ
 日々碁席 笠太郎

 感想は続きで
category
雑誌時評

よんろのごのほん/張栩



幻冬舎エデュケーション
入門後 ☆☆☆☆★

 『よんろのご』の続編となる問題集。100の問題が出題されている。

 今回も、ルールから紹介されており、『よんろのご』本体に取り組んでいなくてもできるようには配慮されている。ただ若干駆け足なので、あくまでも『よんろのご』クリア後の方がよさそうだ。

 今回は取る取られる、だけではなく「セキ」、「地合い」や「コウの取り番」といった要素を取り入れた、より囲碁らしい問題が盛り込まれている。同じセキにするにしても得な(アゲハマの多い)セキはどれか。コウをいつ仕掛けるか。狭い盤の中でもそう言った要素を考えさせる問題が並んでいて、囲碁経験者でもその出来栄えに関心するのではないか。
 ステップ6(チャレンジ問題)ともなると、4路盤の特殊性を取り入れた難し目の問題が並ぶ。囲碁では隅の特殊性ということがいわれるが、4隅が接近した4路盤はそれが増幅されて4路盤の特殊性ともいうべき独自のダメ詰まり感、石の下の世界が広がる。それなりの棋力があっても頭を悩ませそうだ。


 四路盤はあくまでもプラットフォーム。そこにどんなソフトを入れ込むかがポイントだと思われる。逆にいえばソフトによっていろいろな可能性が広がる4路盤という世界を開拓した張栩棋聖の業績は大きい。今後もこのような問題集が出されることを期待する。
 この問題集のチャレンジ問題はレベル3とされているが、張栩棋聖によるとレベル5の問題まであるらしいので、詰碁マニアも今後の展開に引き続き目が離せない。



 
category
問題集

現代囲碁大系37・38 石田芳夫(上・下)/石田芳夫

 

講談社/山本有光
有段者 ☆☆☆ 

 木谷門で最初に囲碁界の頂点に立ったコンピューター石田芳夫の巻。
 他の木谷門の棋士は、現代囲碁大系刊行後にも活躍しているのでこのシリーズが決定版の個人打碁集となりにくいが、真の意味での全盛期を名人本因坊時代の5年(本因坊連覇時代と言い換えてもいい)と限定しうる石田芳夫は例外である。緻密な数量的な形勢把握をもとに、多彩なテクニックを駆使して柔軟に戦うスタイルは現代碁の古典ともいうべきもので見ごたえ十分である。

 ただし、この打碁集は採用理由が不明確な敗局が多く、また名人本因坊時代以降の棋譜の量が多いなど、選局に散漫さを感じざるを得ない。勝った番碁の中からでもあえて敗局を選ぶという例も見られる。楽に勝てた碁よりもより印象深いものをということであろうか。多少バランスを崩してでも、本因坊戦、名人戦での林海法との死闘にもっとクローズアップしたほうがよかったと思う。

 その意味でダイジェストである現代囲碁名勝負シリーズ版はなかなかよいまとまりである。 
category
昭和(打碁集)

月刊囲碁2月号(2012)




◎棋譜関係
ワールドケンカップ プロアマトーナメント 常石隆志初段(先番)VS福岡明日翔アマ
今月の特選譜 山城宏VS高尾紳路、万波奈穂VS向井先瑛、井山裕太VS王銘エン、韓国ペアVS台湾ペア、志田達哉VS張栩、河野臨VS張栩、孔傑VS李哲、金栄桓VS趙漢乗 
名人名局選(福井正明) 秀策の新譜5 安田秀策VS梶川守礼(2子、2子)
勝負師・坂田栄男(佐々木正) 坂田栄男VS加藤正夫(先番)
院生コーナー 矢野瑞季VSアンティ・トルマネン、木部夏生VS三村健太
名局細解(付録) 山下道吾(自戦解説)VS井山裕太(先番)(第36期名人戦7番勝負第6局)


◎講座関係

呉清源 新布石構想
高尾紳路 秀行実戦この一手
坂井秀至 今月のちょっと気になる定石
小林覚 眼からウロコ ザ・手筋
石田芳夫 勝敗はヨセで決まる
大竹英雄 アマの碁 手直し道場
大矢浩一 プロ・アマ置碁問答
高成謙 月替わり講座 閉じ込めるか追い出すか
詰碁ダイハードⅠ(工藤範夫)、Ⅱ(林漢傑)、Ⅲ(石榑郁郎

 感想は続きで。
category
雑誌時評

現代囲碁名勝負シリーズ6 石田芳夫/石田芳夫




講談社/山本有光
有段者 ☆☆☆★

 現代囲碁大系の「石田芳夫」(第37、38巻)をダイジェストにして一冊にまとめたもの。詳しくは現代囲碁大系で述べるが、掲載する局数を絞ったことで選局の難点が解消され、むしろ大系版よりもよいと思う。
 光り輝いた期間は短くとも、石田芳夫の現代碁に与えた影響は大きい。名人本因坊時代を中心にまとめたこの一冊は現代の古典ともいうべき一冊である。
category
昭和(打碁集)

石田芳夫打碁集(全3巻)/石田芳夫

  



有段者 ☆☆☆★
大泉書店/田村竜騎兵

 絶版。大泉書店は同じような形式で林海峰打碁集(全3巻)も出している。
 名人本因坊時代の石田芳夫の棋譜が並べられる。石田芳夫は全盛期の約5年以降はさほど手合を頑張らなくなってしまったので、この打碁集でほぼこと足りる。クレバーでスマート打ちまわしが絶品。 
category
昭和(打碁集)

妙算 朴永訓選集/封嵩編



有段者 ☆☆☆☆
白山出版社

〈購入情報〉
 書虫では買えません。書虫でも買えるようになりました。こちら。チャイナモールで買えば現在のレートで1300円強。国際送料がかかります。

 棋戦決勝66局、付録(特別棋戦)6局、名局選70局の合計142局が収録されている。
 2,3譜分けで解説付き。参考図はない。
category
中韓(打碁集)

刺仏 崔哲瀚/封嵩編

cholh.jpg

有段者 ☆☆☆☆
白山出版社

〈購入情報〉
 書虫では買えません。帰るようになりました。こちら。チャイナモールで買えば現在のレートで1300円強。国際送料がかかります。

 棋戦決勝71局、付録(特別棋戦)6局、名局選72局の合計149局が収録されている。
 2,3譜分けで解説付き。参考図はない。
category
中韓(打碁集)

飛天 孔傑選集/封嵩編



有段者 ☆☆☆☆
白山出版社

〈購入情報〉
 書虫では買えません。書虫で買える。(こちら)チャイナモールで買えば現在のレートで1300円強。国際送料がかかります。

 棋戦決勝36局、付録(特別棋戦)2局、名局選100局、最新譜6局。全530ページ。
 2010年までの棋戦決勝のほか、名局選が豊富なのがうれしい。最新譜は2011年のもの。

 2,3譜分けで、解説つき。(もちろん中国語)参考図はない。
 
category
中韓(打碁集)

囲棋天地 1(2012)

weiqi1201.jpg
Fujisan.co.jpで購読

◎棋譜関係

第16回三星杯決勝3番勝負第1~3局 元晟湊VS古力
第1回世界マインドスポーツアコード団体戦3回戦 古力VS崔哲瀚

第1回世界マインドスポーツアコード特集 
 謝赫VS朴延桓(団体戦)
 孔傑VS山下敬吾(団体戦)
 
第1回世界マインドスポーツアコードペア戦決勝 朴文尭/李赫VS崔哲瀚/金恵敏

第2回KT杯決勝5番勝負第1局 李昌鎬VS李世石
第7回百霊杯 范蔚菁VS劉小光

封面名局 第2回富士通杯 劉小光VS趙治勲

実戦官子鑑賞 

◎連載など

 第一感教室37
 角度調整①(王元8段)
 名家名手古力編⑪
 実戦常形⑳
 一路之差①

 感想は続きで。

category
雑誌時評

本因坊秀栄全集/蜀蓉編



有段者 ☆☆☆★
成都時代出版社

〈購入情報〉
 書虫で買えます。こちら。チャイナモールで買えば現在のレートで1400円程度。国際送料を含めても安上がりになるでしょう。

 273局を収録(645ページ)。
 日本版に比べれば非常にお手頃である。棋譜並べする分には何の支障もない。
 解説・コメントはほとんどない。
category
古典(打碁集)

本因坊秀甫全集/蜀蓉編



有段者 ☆☆☆★
成都時代出版社

〈購入情報〉
 書虫で買えます。こちら。チャイナモールで買えば現在のレートで1400円程度。国際送料を含めても安上がりになるでしょう。

 316局収録(599ページ)。残念ながら1853年以降(15歳以降)の棋譜で、それ以前のものは収録されていない。従って秀和・秀策に対する置碁はほとんど収録されていない。また底本が古いらしく、手順が短いものなども見られる。
 とはいえ手ごろな値段で買える全集はありがたい。解説等はほとんどない。
category
古典(打碁集)

不敗少年 李世石(上・下)/李昂 李月編注

sedoru1.jpg  sedoru2.jpg

江蘇科学技術出版社
高段者 ☆☆☆☆★

 書虫で買える。(こちら)

 上下巻で17局が収録。やや古い本なので2002年までの対局だが、李世石初期の選りすぐりの熱戦譜である。
 参考図・解説が非常に詳細。特に布石に関しては参考図にとどまらず、類似形の実戦譜を豊富に例示しており、本格的な研究に役立つ。
category
中韓(打碁集)

李世石対局集-世界超級棋手争覇叢書/封嵩編



成都時代出版社
有段者 ☆☆☆★

〈購入情報〉
 書虫で買えます。こちら。チャイナモールで買えば現在のレートで1000円強。国際送料を含めても安上がりになるでしょう。

 棋戦決勝の103局、付録(特別棋戦など)5局、名局選25局の計133局を収録。中韓の打碁集らしく決勝(番碁を含む)を機械的に掲載するだけのスタイルで、インテリジェンスに乏しい編集だが、名局選25局があるのが救い。448ページ。

 2,3譜に分けて掲載されているのはシリーズのほかの巻と同じ。解説は中国語だが、だいたい理解できる。参考図はない。

※まだらなべていないので、その感想は改めて。(追記します)
category
中韓(打碁集)