Entry Navigation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

碁の教科書3 序盤の作戦/石倉昇



日本囲碁連盟/
上級以上☆☆☆★

・目次
 第1章 ツケノビ、ツケオサエ活用作戦
 第2章 大ゲイマガカリからの有力作戦
 第3章 簡明!2間高ガカリ作戦
 第4章 ミニ中国流対策お勧め作戦
 第5章 特異布石封じの白番作戦
 第6章 2間高バサミ粉砕作戦

 第3巻も序盤がテーマ。今回は作戦という切り口で序盤を見ている。第1巻が頻出布石のパターンの中での学習であり、第2巻は定石選択というある局面での全局判断がテーマだった。3巻を通して違う側面から序盤を学んだことになる。

 作戦の本巻であるが、作戦である以上「意図」があり、それをどう表現するかや相手の意図をどうはずすかという問題にフォーカスされている。

 ◎碁の教科書シリーズ

 第1巻 布石の打ち方/石倉昇
 第2巻 定石の使い方/石倉昇
 第3巻 序盤の作戦/石倉昇
 第4巻 攻めの法則/石倉昇
 第5巻 サバキの実戦活用法/石倉昇
 第6巻 打ち込みと接近戦/石倉昇


スポンサーサイト
category
講座

碁の教科書2 定石の使い方/石倉昇



日本囲碁連盟/
上級以上☆☆☆★

・目次
 第1章 布石を活かした定石選択
 第2章 全局構想と定石選択
 第3章 定石その後1(荒らし)
 第4章 定石その後2(攻めと守り)
 第5章 定石はずれのとがめ方
 第6章 1間バサミ定石のマスターしよう

 第2巻も序盤戦がテーマだが、主として定石選択がテーマ。基本的にはカカリに挟むか受けるかということだが、繰り返しいろいろなケースを学ぶことで、判断力そのものを養おうという狙い。3,4章は、第1巻にもあった定石後の知識の補強であり、中盤戦への入り口を準備するもの。第6章は、定石選択に必要な定石知識の補強を、「1間バサミ」に絞って行っている。

 ◎碁の教科書シリーズ

 第1巻 布石の打ち方/石倉昇
 第2巻 定石の使い方/石倉昇
 第3巻 序盤の作戦/石倉昇
 第4巻 攻めの法則/石倉昇
 第5巻 サバキの実戦活用法/石倉昇
 第6巻 打ち込みと接近戦/石倉昇
category
講座

碁の教科書1 布石の打ち方/石倉昇



日本囲碁連盟/
上級以上☆☆☆★

・目次
 第1章 三連星と二連星
 第2章 小林流と三々入り対策
 第3章 大場と急場の発見法
 第4章 布石その後
 第5章 両ガカリの打ち方とその対策
 第6章 足早実利戦法

 6巻シリーズの第1巻。序盤の打ち方をテーマとしている。
 各章がさらにテーマ図に分割され、各テーマ図に数図の解説が付いている。各章末には練習問題(関連問題)が配置されている。
 初2段くらいの人にとってよい教科書といえるだろが、上級者でも理解できるところは多いだろう。

 本巻、本シリーズに限ったことではないが、石倉本の優れたところは、取り上げるテーマ選択がうまいのと、解説(解答)図の分かりやすさである。適当にチョイスされたテーマ図を学ぶことによって、実践的な知識を得ながら碁の根本な考え方を学べるのが効果的なことである。

 ◎碁の教科書シリーズ

 第1巻 布石の打ち方/石倉昇
 第2巻 定石の使い方/石倉昇
 第3巻 序盤の作戦/石倉昇
 第4巻 攻めの法則/石倉昇
 第5巻 サバキの実戦活用法/石倉昇
 第6巻 打ち込みと接近戦/石倉昇
category
講座

囲碁実力養成アドバイス30―初・二段から三・四段へGo! /高成謙



誠文堂新光社/
有段者 ☆☆☆☆

 囲碁誌上に連載されている月変り講座をテーマ別に整理してまとめたもの。
 毎回読み切りの講座だが、テーマ設定や切り口が鋭く参考になることは多いはず。伸び悩みやまんねりを感じている人にはいろいろな刺激を与えてくれる一冊となるであろう。

 高成謙氏は、棋力もさることながら、わかりやすく作図構成する能力、テーマの設定がアイデアに富んでいるなどよい囲碁講座ライターだと思う。プロ棋士でないと棋書の筆者になれない、あくまでもライターは黒衣という業界の仁義みたいなものがあるのかもしれないが、著者高成謙となっていないのは残念。

category
講座

囲棋天地 16(2011)

Fujisan.co.jpで購読

◎棋譜関係

2011年甲級リーグ 朴文尭VS孔傑
2011年甲級リーグ 古力VS孔傑
2011年甲級リーグ 古力VS朴文尭

第66期本因坊戦7番勝負 山下敬吾VS羽根直樹(1~6局は総譜でポイント解説、第7局詳報)

第55期韓国国手戦8強戦 李昌鎬VS朴延桓
第55期韓国国手戦8強戦 李世石VS趙漢乗

第13回桐山杯準決勝 陳耀VS江維傑

◎連載など

 第一感教室32
 古棋招法
 坂田妙手録⑱ 
 詰棋新作⑫(孫志剛)
 我的嘗試(尹航)
 実戦常形⑪
 計算と評価23

 感想は続きで。
category
雑誌時評

ヨセがやさしくなる淡路語録/淡路修三



NHK出版
上級以上 ☆☆☆★

 NHK講座で連載されたものの単行本化。
 ヨセというと出入り計算などの説明で挫折、という人も多いのかもしれないが、この本では煩雑な計算などは最小限にとどめ、タイトルで示されているようにキーワードや格言で、ヨセのコツ、考え方、目の付けどころを整理してくれている。とにかくごちゃごちゃ考えなければいけないとヨセに苦手意識を持っている人にとっては、やさしい入口となる一冊。
 
 もちろん、ヨセ自体は読み(計算を含む)が大事であり、逃れることができるわけもない。大雑把に要点を押さえたうえで、精密な読みや知識を養う努力からは逃れるすべはない。
category
ヨセ

石田章

 ビッグタイトルこそ獲得していないが、誰もが一目置く実力者石田章九段。その評価の高さは、名人本因坊経験者の石田芳夫九段を差し置いて「強いほうの石田」と言われるほど。玄人受けするひとである。

 著述面でも雑誌などで人気講座を連載するなど活躍されているが、著作は意外に少ない。局面の本質をずばりと突く作図・評には定評があるところだけに、よりいっそうの活躍を期待したい。

 雑誌(旧『囲碁クラブ』など)に連載されていた講座は、石田九段の指導碁から取材して打ち方を検討したものだが、単なる置碁講座という次元を超えて棋理とはなにか、手筋とは何かという本質に迫るようなものであった。これは現在『囲碁』誌上に連載されている大矢浩一九段の『プロ・アマ置碁問答』に通じるものがある。ご本人に聞いてみないと分からないが、大矢九段も石田君の講座は意識の中にあるのではないか。

囲碁界の真相
黎明秀甫
石田章詰碁傑作選/石田章
category
棋士・観戦記者

小林光一

 小林光一九段の著作は、論理的でわかりやすいことが特徴である。良し悪しの判断をお茶を濁さずきっぱりと言い切る歯切れのよさがある。おそらくそれは普段の研究姿勢からくるものなのであろう。判断にはかならず理由をはっきり明示しており、その態度は科学的である。
 名誉号を3つ保持する(名誉棋聖、名誉名人、名誉碁聖)大棋士であるにもかかわらず、打ち碁集に恵まれないのが惜しまれる。いくつかあるものは主に若いころの打碁に限られており、全盛期をまとめた打碁集をぜひ出版してほしい。


打碁集
 現代花形棋士名局選〈別巻 1〉小林光一/小林光一

打碁集解説
 木谷實/小林光一

講座
 
 白番布石の徹底解明/小林光一
 進化する布石構想/小林光一 
 勝負どころの感性/小林光一
 勝負を決める形勢判断/小林光一
 小林光一囲碁必勝講座(全3巻)
 早分かり大斜・村正・大ナダレ
 簡単マスターはじめの30手

関連
 実録小林光一研究会/大矢浩一
category
棋士・観戦記者

白番布石の徹底解明/小林光一



毎日コミュニケーションズ/
有段者 ☆☆☆★

 前書きにもある通り、白番に打ち方に焦点を当てた珍しい布石教本。対三連星、対中国流、対小林流、対新小林流、対ミニ中国流と、その他の布石に分類し、実践例をもとに解説している。その他の部分を、平行型、タスキ型、大上段布石と3分類しているので全8章で構成される。題材は小林光一九段のものが多いが、中には光一九段が黒番でうまくやられた(小林流、対趙治勲)ものや、他のトップ棋士の打碁からも取材している。収録譜のうち5局だけ巻末に総譜が掲載されている。

 序章でまとめられている通り、白番はやりすぎないことが大切(よくなるわけないのだから)であり、互角ならばむしろ大成功だということ知ることが上達への道なのであろう。

 本書の28局で黒番布石に対する対策がすべてわかるわけではない。またこの本に掲載されている例は、黒の打ち方に問題があったから白がよくなったのだという側面があるのもわすれてはならない。ただし、本書を読み通すことで白番の勘所がわかるし、白番布石での成功の目安を体感できることが一番重要だろう。それは、白番がうまくいかない理由は、そもそも形勢を損じているというケースだけではなく、実はうまくいっているのに不利だと思いこんで自滅するケースが少なくないはずだからだ。

 基本的には有段者向けだが、白番の力加減、成功の判断基準を知るという意味では上級者でも参考になるかもしれない。
category
布石

月刊囲碁9月号(2011)



◎棋譜関係
ワールドケンカップ プロアマトーナメント 楊橋アマ(先番)VS山田拓自八段
今月の特選譜 秋山次郎VS小林光一、武宮正樹VS山城宏、藤沢里菜VS小川誠子、河成奉アマVS下地玄昭、溝上知親VS結城聡、山下敬吾VS羽根直樹、半廷VS孔傑、尹相VS李元栄 
名人名局選(福井正明) 秀栄の6(最終回) 田村保寿(先)VS本因坊秀栄
勝負師・坂田栄男(佐々木正) 林海峰名人(先番)VS坂田栄男
院生コーナー 上野愛咲美VS伊東惇、広瀬優一VS司馬天智
名局細解(付録) 井山裕太(自戦解説)VS古力(先番)(第1回国債囲碁超覇戦決勝)

◎講座関係

呉清源 新布石構想
高尾紳路 秀行実戦この一手
坂井秀至 今月のちょっと気になる定石
小林覚 眼からウロコ ザ・手筋
石田芳夫 勝敗はヨセで決まる
大竹英雄 アマの碁 手直し道場
大矢浩一 プロ・アマ置碁問答
高成謙 月替わり講座 取るか取らないか
詰碁ダイハードⅠ(工藤範夫)、Ⅱ(林漢傑)、Ⅲ(石榑郁郎

 感想は続きで。
category
雑誌時評

李昌鎬の最先端定石/李昌鎬



毎日コミュニケーションズ/成起昌 洪敏和訳
有段以上 ☆☆☆☆

 乱造乱発の観のある韓国棋書(翻訳)、新手棋書のなかで、久々充実した内容の一冊。今まで取り上げられてこなかった変化を多く含み、非常に興味深い内容である。(2011年7月書き下ろし)

 ミニ中国流の変化に多くが割かれている。また近年打たれだした両ガカリとしての2間高ガカリの変化や、コスミツケの新型と評価なども収録している。
category
定石

囲棋天地 15(2011)

Fujisan.co.jpで購読

◎棋譜関係

第13回桐山杯1回戦 古力VS謝赫
第13回桐山杯8強戦 孔傑VS柁嘉熹
第24回名人戦準決勝 常昊VS李
第7回百霊杯 宋容慧VS曹大元

第36期碁聖戦 坂井秀至VS羽根直樹(総譜解説)
第37期名人戦 王銘エンVS大竹英雄(総譜解説)
第13回農心杯予選 李映九VS李昌鎬(総譜解説)
第16回GSカルテクス杯 趙漢乗VS朴永訓(総譜解説)

◎連載など

 計算と感覚65
 坂田妙手録⑰ 
 詰棋新作⑪(孫志剛)
 我的嘗試(尹航)
 実戦常形⑩
 計算と評価22
 中国的碁⑯日中交流 下(安永一)

 感想は続きで。
category
雑誌時評

天下四目(上・下)/徐奉洙

 

東京創元社/洪 敏和訳
上級以上 ☆☆☆☆

 東京創元社の碁楽選書は、韓国棋書を多く扱っているが期待に反して平凡な内容のものが多い。その中で本書は異色である。

 徐奉洙が説く置碁戦術は、自分の身の丈にあった実戦的な打ち方をするということであり、具体的にはしっかり守りを固め、変化の少ない簡明型を選ぶこと。自陣が確実になったところで仕掛けること。それは最善最強ではないが、現実的な教え、実践的な思考である。置碁に関して、小ゲイマ受けを奨励したのは趙治勲と共通しており、そのあたり韓流の発想と言えるのかもしれない。
 解説は平易で、どの打ち方が簡明化を徹底して説明している。もちろん最強の応酬についても言及はしており、良心的である。

 この本は置碁の本であるが、別の角度から囲碁哲学、勝負哲学の本として読んでみるのも面白いように思う。何が盤上の最善手かというだけではなく、対局者の実力などの現実をも含めて考慮し着手を選ぶという現実主義、実践主義が徹底されており、そこが注目に値する。日本の囲碁研究は究極の棋理を求めてしまう理想主義的な部分があるのと対照的だ。(そこが魅力でもあるのだが)

 本書には随所に徐奉洙の棋士人生を紹介したコラムが挿入されており、それも面白い。
category
置碁
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。