Entry Navigation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

世界一役に立つ実戦手筋/石倉昇


毎日コミュニケーションズ/高見亮子
中級以上 ☆☆☆★

 『世界一役に立つ実戦詰碁』の姉妹編ともいうべき一冊。デザイン構成なども似ている。
 よい問題集だが、基本死活に比べて手筋は問題集も多くこの1冊(だけ)がとりわけ素晴らしいと思えるものでもない。
スポンサーサイト
category
手筋

高尾紳路

 現在のトップ棋士のひとり。
 著作は多くなく、それも一般的な問題集である場合が多い。魅力的な棋風をしているだけにそれを全面に出した打碁集や講座本などが出版されることを望む。
 現時点で高尾紳路の碁を知る上では「高尾の力学」が最良書か。また『定石事典』はよくまとまった良書であり、『秀行百名局』の解説も面白い。

○著作リスト
 基本定石事典(上下)/高尾紳路
 秀行百名局/高尾紳路
 高尾紳路の布石入門/高尾紳路
 正々堂々高尾の力学/高尾紳路
 高尾紳路の最強詰碁/高尾紳路 

参考
 新四天王のここが強い/上村邦夫
category
棋士・観戦記者

囲棋天地 02(2011)

Fujisan.co.jpで購読

 第12回日中阿含桐山杯(山下敬吾VS邱峻)の自戦解説。さらに別枠で立会人の武宮九段の解説も掲載している。
 甲級リーグの特集記事も組まれ、総譜で11局(参考図付き)紹介されている。
 その他百霊杯、韓国GSカルテックス杯など。

 これまでも高知在住の孫志剛さん(中国3段)が隔週で日本の詰碁作家(の作品)を紹介していたが、今号から「詰棋新作」という新コーナーが始まった。そこで詰棋的創作権の問題が触れられている。
category
雑誌時評

結城聡

 非常に専門的な内容が多い。マニア向けである。いい意味で手加減しないのがよいところである。ライターが慣れたのか、近年の著作の方が読みやすくなっている。
 

プロの選んだ30の定石アマの好きな30の定石/結城聡
決定版 大斜・村正・大ナダレ
囲碁・世界の新手法ガイド
結城聡名局細解/結城聡
戦いに強くなる方法
ウチコミ大作戦

世界一わかりやすい打碁シリーズ 結城聡の碁(書評なし、amazon直リン)

NHK囲碁シリーズ_第57回NHK杯テレビ囲碁トーナメント 勝敗を分けた次の一手/結城聡

blogram投票ボタン
category
棋士・観戦記者

囲棋天地 01(2011)

Fujisan.co.jpで購読

 主たる解説局は以下の通り。
 第15回三星杯決勝3番勝負(古力VS許映皓)第1局詳解、第2、第3局は各1ページ3譜分け。
 第8回春蘭杯準決勝(謝赫VS許映皓)小30譜分け、解説図6。(王激VS李世石)詳解
 第11回リコー杯2回戦(檀嘯VS常昊)詳解

 王激VS李世石は凄まじい逆転劇で並べ応え十分。今月は許映皓の棋譜が多かった。

 連載では「名家妙手」が始まり、第1回は古力。これは面白い。次回以降も期待。
 
category
雑誌時評

死活の基本Ⅰ Ⅱ/

 

誠文堂新光社/
中級以上 ☆☆☆☆

 非常にストイックな本である。
 死活で重要な「ナカデ」「欠目」などを豊富な図示で丁寧に解説している。従来の死活本は「隅の6目型」「一合マス」など石全体の形で分類整理しているが、この本ではナカデやセキ、欠目などの手筋で分類整理しているのが特徴である。これは非常に役に立つ。

 丁寧で簡明な記述なので、級位者でもゆっくり読めば十分理解できると思われる。しかし、どうしても退屈に思われがちな題材なので読み通すことが困難かもしれない。
category
基本死活

月刊囲碁2月号(2011)


Fujisan.co.jpで購読

 新春ということで、名局細解以外にもう一つオマケ(付録)がついて890円。
 特別付録は昔連載されていた坂田栄男の置碁コーナーから6局分収録。「囲碁」はかなり優秀な雑誌で、名講座、名物企画も数多く、そういった遺産を付録にして捌くのはよく見る筋だ。昔からの読者だと有難味はなく、ただ値段が高くなっただけという感じがする。
 坂田置碁は確かに面白いコーナーだった。先生めったに負けない。腕を存分に振るってこなしに行くので面白い碁が多い。そして負けても信じられない負け惜しみコメントが出たりして、一般の置碁コーナーとは一線を画していた。

 毎月のことだが高成謙氏の読み切り講座は面白い。切り口に新味があり、作図も巧みなのでいつも楽しみにしている。
 
 ワールドケンカップは常石新初段(対局時はアマ)が登場した。最近珍しい「ぶ厚さ」を感じる打ち手なので今後も注目である。

 今月の特選譜の第8局(韓国)はなぜこの棋譜を選らんだのかいまいち謎である。

category
雑誌時評
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。