Entry Navigation

定石後の打ち方/韓国棋院



棋苑図書/大島正雄
有段者☆☆☆

 定石後の打ち方はよくあるテーマ。よくあるということは需要も多いと言うことだろう。次の一手形式の問題集である。
 この本の優れている点は、解説の前に問題図までの手順をしっかり紹介しているところ。いずれもプロの棋譜なので、丁寧に盤に並べれば序盤感覚を身につけるのに役立つ。
 題材は意外にも日本の棋譜(碁聖戦依田結城や本因坊戦趙小林など)も多く含まれている。

スポンサーサイト
category
問題集

現代囲碁大系10 前田陳爾 宮下秀洋/大枝雄介



講談社/大橋俊雄
有段者 ☆☆☆

 現代囲碁大系第10巻。
 坊門棋士前田陳爾九段と宮下秀洋九段を取り上げている。
 前田陳爾九段は詰碁の神様として有名だが、戦前の大手合いでの活躍など花形棋士の一人であった。秀哉が本因坊の名跡を譲ったのは、愛弟子小岸荘二の早世が理由といわれるが、言い換えれば残った弟子が木谷実呉清源に対抗するのは難しいと判断したと言うことであり、前田九段にしてみれば忸怩たるものがあったかもしれない。戦後のタイトル時代の活躍は、橋本宇太郎に敗れた王座戦がある。
 宮下秀洋九段は「福島の猛牛」と呼ばれ一時代を築いた。早碁名人戦(十段戦の前身。ここでいう早碁とは一日打ち切りの碁のことである)などで戦績を残した。
 ともに力戦の雄であり、序盤から華麗に打ち回すというよりは、苦しい碁を力一杯戦って逆転した譜に持ち味がよく出ているように思う。
category
昭和(打碁集)

河出書房新社

 木谷道場シリーズ、技法シリーズ、徹底探求シリーズなど良書が多い。本のデザインは共通のものが多く飾り気がないが、内容で勝負ということだろうか。

死活と攻合い/加藤正夫

星の布石徹底探求/小林覚
武宮の白番/武宮正樹
鬼手/上村邦夫

シマリの技法/石田芳夫
ツケの技法/趙治勲
キリの技法/趙治勲
逆転の極意/王立誠
ウチコミ大作戦/結城聡

囲碁界の真相/石田章

梅沢由香里のステップアップ囲碁講座/梅沢由香里
category
出版社

趙治勲達人囲碁指南/趙治勲

  
  

河出書房新社/
有段者 ☆☆☆☆

 ちょっと前の本なので古書でしか手に入らないかもしれない。
 趙治勲の講座シリーズで、序盤から終盤までテーマを5冊に分けて編集してあり、講座本としてはよくあるつくり。第6巻はまとめ問題となっている。
 この本の優れているところは、題材をアマの打碁からとっている点。囲碁の勉強となるとプロの棋譜を題材にテクニックを解説するものが多い。それはそれで勉強になるが、プロがそう打っているからと盲目的に形だけをまねることに満足してしまう危険がある。このシリーズは「考え方を学ぶ」という姿勢で貫かれており、 じっくり取り組めばかなり勉強になる本である。


category
講座

聖の青春/大崎善生

 

講談社
☆☆☆☆★

 将棋の村山聖九段(追贈)の伝記。ネフローゼという難病を抱えながらA級棋士まで上り詰めた壮絶な人生を余すところなく描いている。村山九段だけではなく、師匠の森信雄七段やライバルであった棋士たちの群像も興味深い。
category
将棋

李昌鎬流2 形勢判断の急所/李昌鎬



毎日コミュニケーションズ/大島正雄
有段者 ☆☆☆★

 シリーズ2巻は形勢判断がテーマ。
 簡明に形勢判断する方法として、石の強弱、形の良し悪し、効率の良し悪しの3点に着目すべきと解く。わずらわしい目算などに敢えて触れずに、勘所をシンプルに示しておりわかりやすい。1巻と同じく、基本を解説した上で次の一手形式の問題で形勢判断の練習をしていく。
 簡単に書いてあるので、簡単にわかったような気分になれる本。もっとも、もともと難しい分野だけに読み手が考えようと思えばいくらでも考えられるところもあり、意外に奥が深い本である。
category
形勢判断

定石の周辺1,2/日本棋院

 

日本棋院/相場一宏
有段者 ☆☆☆★

 1巻は小目、星の一間高ばさみ、2巻は小ゲイマ受けの周辺を掘り下げた定石読本。
 豊富な変化図に加えて、プロの実戦から取材した参考譜も多数掲載して、かなりの力作である。専門書といった雰囲気なので深く掘り下げて研究したい人向きである。




category
定石

囲碁 新手・新型年鑑/安倍吉輝

  
  
  
  

誠文堂新光社/相場一宏
有段者 ☆☆☆★

 安部ちゃんこと安部吉輝九段の丹念な取材に基づく新手年鑑。刊行されなくなって久しいが、今読んでもおもしろい内容である。
 一般にアマチュアが定石を学ぶときは、やや古い確定した手順を学ぶことになる。しかしそのことがゆがんだ定石観(定石絶対主義)を育てる要因ともなっている。定石を打っているのではなくあくまで囲碁を打っているのだし、定石にしても最善手の追求の結果の所産である。定石自身も常に進化している。定石進化の最前線の雰囲気を伝えてくれる良書だった。
 

category
定石

瀬越憲作

 名誉九段。瀬越師の活躍した時代は、九段=名人の時代であったので名誉九段という称号は最大級の賞賛である。
 鈴木為二郎などとともに打倒名人秀哉を目指し、全盛期にはその実力が充分あったと思われる。しかし旧来の世襲的名人制度の壁に阻まれた悲劇の棋士でもある。ただし鈴木為二郎などとともに一時代を築いたことは間違いない。
 また、これは鈴木、久保松勝喜代などとも共通することだが、家元制度から現在の棋院プロ制度の過渡期に棋士となった瀬越は、旧制中学校を卒業しているなど回り道をして囲碁界に入った。このことは棋士としてのマイナス面は大きかったであろうが、日本棋院を中心とした囲碁界の発展には学歴のある瀬越の存在が大きかった。呉清源が日本で活躍するに当たっては師である瀬越の助力は大きなものであった。
 その瀬越は棋書の類でも重要な仕事をしている。御城碁譜など古碁の整理や新しいコンセプトで編集した労作「手筋辞典」を世に出すなどが代表例である。

○著作リスト
 手筋事典(上中下)/瀬越憲作
 囲碁の力を強くする本/瀬越憲作

category
棋士・観戦記者

呉清源

 現役を退いて久しいが、現在も囲碁研究に明け暮れているという昭和の棋聖。
 呉師は沢山の著作を発表されており、宗教的な人気さえある。また同時にアンチも存在して、著作に関しては評価の難しい棋士である。以下私なりに見解を述べる。

 まず残した棋譜に関しては棋聖の名に恥じぬものであり、囲碁界の宝と言って誰も文句を言うまい。打碁集の類は是非手にされるとよいと思う。
 呉師は新手の多いことでも有名で、既成概念にこだわらない自由な発想、鋭い手筋、深い読みを兼ね備えており、定石研究に関する著作は非常に有意義。もはや過去の定石本となったものがほとんどだが、温故知新ではないがアマチュアが囲碁の考え方や手筋を学ぶには良書と言えるものが多い。今猶価値があると信じる。
 詰碁本も幾つか出しているが、基本的で古典的なけれんみのない作品が多く、これはお薦めのものが多い。

 問題は布石本である。雑誌上に連載をされて人気を博した「黒の布石」「白の布石」シリーズというものがあり、名講座といってよかった。現在に到る呉師の布石講座、布石本は数え切れないほど。ただし、黒の布石ならば黒が必ず優勢になるのだが白の問題手が指摘されないなど一抹の胡散臭さが気に入らないという人も多いだろう。また個人的には、引退生活が長くなってから作った模範布石例は、どこか生気のない作り物のような碁が多くなってしまい、質が落ちたと思う。模範布石などというもの自体が生きた碁ではないのだが、それにしても質が落ちたというのが正直な感想。ただアマチュアレベルから見れば棋理を学ぶテキストとしては充分なものであることは間違いない。ただし狂信すべきではないだろう。

 個人的には全般的に三堀将などと組んで出した古い著作の方が面白いと思っている。 

○著作リスト

 呉清源打碁全集/呉清源
 呉清源最新打碁研究〈1〉~〈4〉/呉清源
 新・呉清源道場/呉清源
 自強不息/呉清源
 寿石不老/呉清源
 呉清源詰碁道場(上・下)/呉清源
 道策/呉清源
 現代定石活用事典(全3巻)/呉清源
 

参考
 呉清源とその兄弟/桐山 桂一
category
棋士・観戦記者

勝負の世界―将棋VS囲碁対談五番勝負/趙治勲など



毎日コミュニケーションズ/井口昭夫
囲碁将棋ファン ☆☆☆★

 趙治勲VS谷川浩司、林海峰VS大内延介、藤沢秀行VS芹沢博文、武宮正樹VS内藤国雄、小林光一VS中原誠の5番勝負。
 少し前の本ではあるが、一流棋士たちの話は文句なしに面白い。似ているようで似ていない、違うものなのに似ている囲碁将棋の関係も興味深い。

category
読み物/文芸