Entry Navigation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

高尾紳路の最強詰碁/高尾紳路



成美堂
上級以上 ☆☆☆

 タイトルからしてあまり特別な期待しなかったが、予想通り。
 基本問題集としては普通のできであり、文庫版で手軽、値段もそこそこなので「解き潰す問題集」としてはよい1冊ではあります。高尾先生の独自性とかそういうものは期待しないこと。
スポンサーサイト
category
詰碁集

一手の大きさが分かる本/片岡聡


毎日コミュニケーションズ/内藤由起子
有段者 ☆☆★

 一手一手の着手を数値化することがテーマの本。「コンピューター」の異名を取った石田芳夫九段がこの手の本をいくつも出しているが、片岡九段もかつてコンピュターと呼ばれたことがあった。著述の芸風も似るのだろうか。
 非常に難しいテーマを簡単に書こうとしているので、なるほどと感心して、読後何も残らないということがある本。売るために「分かる本」となっているが「一手の大きさを考える本」だと思ったほうがよいだろう。プロの計算の思考過程を知りたい人には興味深く読めるでしょう。

 
 
category
中盤

石心梶原武雄/梶原武雄



日本棋院/
有段者 ☆☆☆☆★

 名打碁集がそろう「芸の探求シリーズ」のなかの1冊。
 盤上の求道者梶原武雄九段の名棋譜が自戦解説で楽しめる。明るい大局観と深い読み。繊細かつダイナミックな石の動き。すばらしいのひとことである。
 「芸の探求シリーズ」全般にいえることだが、一流棋士のこだわりを徹底的に掘り下げているので単なる棋譜解説にはない奥の深さ、味わい深さがある。是非一度並べてみてほしい1冊だ。
category
昭和(打碁集)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。