Entry Navigation

山田の詰碁Ⅱ 高速攻めの詰碁/山田規三生



棋苑図書/
上級以上 ☆☆☆☆★

 『基本の詰碁』に続く第2部作。
 やや難易度は上がったような気もするが、すべて基本詰碁の良問揃い。実戦形、基本形でシンプルでありながら筋が鮮やかで急所の威力やら手順の妙やらを堪能できる。いずれも考える範囲は狭いので、上級者でも充分トライでき、初段を目指す人から基礎の見直しをしたい高段者まで幅広く楽しめる一冊といえそうだ。
スポンサーサイト
category
詰碁集

絶対攻勢規三生の突進/山田規三生



日本棋院/相場一宏
有段者 ☆☆☆★

 中盤の戦い、それも攻めの碁を中心にして山田規三生九段の打碁を解説したもの。もっともサバキの場面もあるし、どちらが攻めているの分らないような乱戦の碁もあり、複雑な中盤戦そのものを取り上げた1冊といえる。いずれにしても山田九段の鋭い着手、積極的な作戦を鑑賞することができて非常に面白い。モタレ攻めとか絡み攻めとかトピックを絞って解説するハウツーものは分り易いが、分り易くしたために中盤戦の複雑さや混沌とした難しさをも切り捨ててしまっている面もある。本書では、めまぐるしい中盤戦のありのままを解説しておりその点が魅力である。

 ただし構成に関して少し不満がある。できれば巻末に総譜をつけてほしかった。
category
中盤

山田の詰碁Ⅰ 基本の詰碁/山田規三生



棋苑図書/
上級以上 ☆☆☆☆★

 詰碁作家としても名高い山田規三生九段の詰碁集。
 「基本の詰碁」ということで昔からある基本詰碁、基本死活、基本手筋の問題が多く、創作度はさほど高くない。ただ全ての問題がシンプルでコンパクト、筋が鮮やかで洗練されているので解いていて楽しいし、非常に有益だろう。比較的手に取り易いサイズ(新書版ぐらいがベスト)でもあり、お薦めの1冊。
 3部作のⅠということで今後の展開にも注目したい。
category
詰碁集