Entry Navigation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

一撃三変覚のサバキ/小林覚



日本棋院/相場一宏
高段者 ☆☆☆★

 わりとわかり易くは書いてあるものの、テーマや題材の棋譜自体が高度・難解なため、高段者向きだと思われる。

 この本ではサバキを、勝つために踏み込む→反撃にあう→それに対して1)真っ向勝負、2)捨石作戦、3)フリカワリで対応するという流れで捉えている。これが「一撃三変」ということになる。

 昔は「明るい碁」の異名を取り、手厚く追い込む棋風だった覚九段だが、最近は過激な仕掛けから難戦を巧妙にさばいてゆく碁が多くなっている。棋譜を並べていても難解すぎて、着手の裏に潜む判断や読み筋についていくことが困難なことが多くなったので、個人的には非常に興味深く読めた。

 個人的には学ぶ本というよりも鑑賞する本として推奨したい。
スポンサーサイト
category
講座

囲碁名局年鑑(シリーズ)/平凡社





平凡社/相場一宏
上級以上 ☆☆☆☆

 毎年刊行されている。その年の名局・好局を選りすぐった打碁集。主要棋戦すべてを収録しているので「年鑑」としての機能も一応ある。
 解説も丁寧で読みやすい。やや価格設定が高いのが難点だが、棋譜並べ初心者にはよい教材ではなかろうか。
category
年鑑(打碁集)

正々堂々高尾の力学/高尾紳路



日本棋院/伊瀬英介
有段者 ☆☆☆★

 本因坊獲得後に発売された高尾紳路九段の講座本。
 「弱い石を無闇に作らない」「形よく打つ」といった手厚い碁の基本を、自戦譜を題材にした問題形式で説く。「簡明で分りやすい展開になる手こそがよい打ち方」という哲学は、得をしようと無闇やたらにがんばってしまうことの多い低段者には勉強になるのでは。棋風と同じくわかり易くあっさりしている一冊である。(もっとも、簡明に打つことは実は非常に難しいことなので、あっさり読める一方で深読みしてゆけば意外に難しい一冊かもしれない)

 巻末に張栩九段との本因坊戦の棋譜を収録するが、やや中途半端な感じ。打碁集は打碁集としてしっかり作ってほしい。


category
講座

王銘エンの囲碁ミステリーツアー/王銘エン



毎日コミュニケーションズ/高見亮子
有段者 ☆☆☆★

 『我間違うゆえに我あり』の延長線上にあるような本。一言でいえば、刺激的で面白い。
 今回の主たる内容は、「耳赤の一局の終盤の真相」、「感覚と読み」、「ヨセの分数の話」、「中国ルール、日本ルールの成り立ち」。いずれも深刻で微妙な問題だが、高見氏の軽妙な筆もあって楽しく読める。

 ところで耳赤の終盤については、書かれていることが真実ならば衝撃的なのだが、筆者も自分では実際に検討はしていない。『我間違うゆえに我あり』でも触れられているが、「誰もひとの碁を真剣に検討しない」のであり「まともに検討していたら時間が足りない」のである。

category
読み物/文芸

碁界黄金の十九世紀/福井正明


日本棋院/相場一宏
すべての人 ☆☆☆☆

 江戸時代中期以降(察元の中興以降碁界が復活し、大仙知の出現をもって黄金時代の幕開けとしている)から明治の秀栄までの囲碁界をまとめている。通史として家元各家の攻防の様子をフォローしつつ、有名棋士の伝記も漏らさず収めてあり、この時代の囲碁史を知る上での一級の資料といえる。(これ以降の歴史については『昭和囲碁風雲録(上・下)』が詳しい)棋譜も簡潔な解説つきで175局を掲載し、「打碁集」としても充分耐える構成となっている。幕末の囲碁史はドラマチックで非常に面白く、棋譜も名局揃い。是非手に取っていただきたい1冊である。
category
読み物/文芸

聶衛平囲碁名局集/聶衛平



三一書房/王 誼
有段者☆☆☆

 「鉄のゴールキーパー」聶衛平の打碁集。日中交流戦、日中スーパー、世界戦などでの活躍を中心にまとめてある。冷静な判断力、柔軟な発想とともに最後の最後まで粘り強く戦う姿が印象的。
 中国棋院の名通訳王誼氏による日本語訳だが、かなり謎な文章表現もあるが、それが一種味わいを与えている。
category
中韓(打碁集)

陳祖徳囲碁名局集/陳祖徳



三一書房/
有段者 ☆☆★

 中国囲碁界の新時代の突破口を切り開いた名棋士陳祖徳の打碁集。
 まだ日中の囲碁界にかなりのレベル差があった時代、陳祖徳は先、互先で日本のトッププロに勝利を重ねて中国の碁を牽引した。中国の碁界は、彼の後に聶衛平、馬暁春などの名手が続出して、現在の隆盛に至っている。
 棋譜のほとんどは闘魂と気迫に満ちた力戦譜で、当時の歴史的背景などをあわせて並べると面白味がある。
category
中韓(打碁集)

石田章詰碁傑作選/石田章



毎日コミュニケーションズ/佐野真
有段者☆☆☆☆★

 副題に「基本手筋の反復練習」とあるが、シンプルな基本詰碁・小品が充実した詰碁集。張栩詰碁も基本形・自然形が多いが変化が多彩でコクがあるのが特徴。対して石田詰碁は筋の鮮やかさ・さわやかさに特徴があるように思える。比較的考えやすい問題が多いと思われるので、有段の実力があれば充分に楽しめると思う。シンプルにして上質な一冊。

category
詰碁集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。