Entry Navigation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

呉清源とその兄弟/桐山 桂一



岩波書店
すべての人 ☆☆☆☆

 現在も活発に囲碁を研究を続けていて、一応われわれと同時代人といえる呉清源であるが、その人生は20世紀の日本と中国の狭間で揺れ動く波乱万丈なものだった。この本では、呉清源と二人の兄の生き方を通して20世紀初頭の中国と日本を描き出している。この本を読むと。呉清源という存在が一棋士という存在を超えて日中関係を象徴するものだったことがよくわかる。また、囲碁ファンだとどうしても呉清源に興味が向くが、他の二人の人生も数奇なもので非常に面白い。
 
 呉清源に限って言えば、その才能を見出して育てた日本の功績は大きいが、その反面呉師を「支那人」と差別し阻害してきた面も少なくない。呉師には、十番碁で満天を向先相先に打ち込んだ孤高の勝負師というイメージがるが、それも二つの国の狭間で生きた結果ともとれる。
 打ち込み十番碁は棋士の序列をはっきりさせる非常に厳しいシステムであったが、強い棋士であることで身分を保証されていた呉清源にとっては、負けることは自分の存在意義さえ揺るがしかねないものであった。国の狭間でさまざまな重荷を背負って勝ち続けた呉師の偉大さを改めて知ることができる。

 いずれにせよ興味深い事実を多く掘り起こしているので是非一読されることをお薦めする。
 
スポンサーサイト
category
読み物/文芸

詰碁奥の細道/橋本宇太郎


棋苑図書/
有段者 ☆☆☆

 『詰碁五十三次』に続く続編。奥の細道の名跡を紹介しながら詰碁を出題していくスタイルで、全問黒先に統一されている。難しいものから小品までバリエーションに富んでいて、詰碁ファンなら持っていて損のない一冊といえる。
category
詰碁集

新・呉清源道場/呉清源

毎日コミュニケーションズ/
有段者 ☆☆☆★

 まだ完結されていないと予想されるが、一応ここまでの7冊をまとめてシリーズとして扱う。
 1巻から5巻は、金艶、岡田結美子、佃亜希子、万波佳奈といった女流棋士の、「熱血指導編」は1巻が瀬戸大樹、2巻がハンスピーチといった男性棋士の棋譜を題材にしている。いろいろな副題はつけられてはいるが、基本的に呉師の棋譜検討の様子を紙面に再現したものである。
 呉清源の布石には定評があり、この本も相当面白い。ただ、「呉清源本」には、呉師の仙人的なイメージも影響してか、なにか特別な秘法が語られてるかのような偏見があるように思える。しかし、ここで語られるのはもっとシンプルで基本的で、案外当たり前のことだ。広い場所(幅があるところ)が大きい、弱い石を作らない、弱い石は厳しく攻めるといったことが再三繰り返される。この本でよくわかるのは、簡明に考える大切さと、目の前の局面を簡明にとらえることの(意外な)難しさである。



category
講座

前田上級詰碁/前田陳爾



東京創元社
有段者 ☆☆☆☆

 シリーズ最終巻。この本の後半は前田詰碁ならではの問題が並び、とても面白い。あまり手に入らないらしいが、見つけたら是非手にとってみるべし。

 このシリーズが大いに誤解されている部分があるように感じられるのでひと言だけ。
 このシリーズは、比較的易しい基礎の問題を沢山集めたのが特色で、『初級』『中級』などは多分に詰碁というよりも基本死活、基本手筋といった感がある。その基本問題にプラスして、小品にも抜群の切れを見せる詰碁創作家・前田九段の特色が絡んで、歴史的な名声を残しているのだと思われる。ただあくまでも基本問題が多く、完全な創作詰碁集ではない。
 前田オリジナルの創作詰碁を満喫したいのなら『痛快詰碁傑作選』などのほうがよいであろう。
 
 
category
詰碁集

前田中級詰碁/前田陳爾



東京創元社/
有段者 ☆☆☆☆

 『初級』の続編だが、難易度の目安は甘めになっており、初級よりも易しい問題も多く含まれる。
 段々難しくなってきたので、基本詰碁というよりも独自の前田詰碁色が出てきてだんだん面白くなりだす巻である。

 もう手に入りにくい本であるらしい。
category
詰碁集

秘譜発掘/矢田直己



誠文堂新光社/相場一宏
マニア ☆☆☆

 貴重な古碁の記譜を紹介している。マニアは必見。
 であるのだが、マニアでなければ買わなくても良い本。元丈知得の新譜、修正譜などが見られるのが売りだが、一般の方は『泰然知得』から入るのがよいと思われる。

 月刊囲碁に連載されたものをまとめたものだが、ほとんど手直し無しに本になっているので、その点もちょっとがっかりである。(最近の誠文堂新光社はこの手のつくりが非常に多い)
category
古典(打碁集)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。