Entry Navigation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

裏の裏定石必勝法/高木祥一

裏の裏定石必勝法


有段者以上 ☆☆★
土屋書店/

 古碁研究とともに新手研究でも有名な高木九段の著作。かなり前の本ではあるが、面白い変化を多く集録しているのでマニアにとっては面白いかもしれない。1間バサミの変化については、現在は常識となっている変化について(大昔に)言及しており、先見の明をうかがわせる。
スポンサーサイト
category
定石

大斜大作戦/石田芳夫

大斜大作戦


高段者 ☆☆☆★
土屋書店/

 日本における大斜定石の権威とされる石田九段の著作。
 目外しから大斜定石を利用した機略に富んだハメ手布石(正しく打たれても悪くならないから厳密に言うとハメ手ではないが・・・)を紹介している。もちろん相手が大斜を回避してきたり、簡明型を採用してきたときの対策もフォローしている。相手が知識不足だと劇的な効果があるので一読の価値はあり。
 この戦法をO田華奈氏が愛用していた記憶がある。
category
定石

世界の新定石(part 3)/ゼイノイ

世界の新定石(part 3)   

高段者 ☆☆☆☆
棋苑図書/


 定石とあるがミニ中国流や小林流などの「システム布石」がテーマとなっているので布石に分類した。出版社は違うが世界のミニ中国流研究の続編になる。あわせて読むとよい。
 ゼイノイ九段のレポートすべてにいえることだが、韓国の徹底した研究振りをよく伝えており大変面白い内容となっている。
 
category
布石

基本定石事典(上・下)/石田芳夫

基本定石事典 小目の部(上巻)増補改訂版 日本
基本定石事典 目外し・高目・星・三々の部(下巻)増補改訂版 日本


上級以上 ☆☆☆ 
日本棋院/田村竜騎兵(初版)

 現在普通に入手できる定石書としては、一番まとまりがよいと思われる。これ一冊あればたいていの型について一応の解答は得られる。余裕があれば本棚に置いておきたい本。

 ただし、大斜、ナダレ、妖刀などの難解定石に関しては、紙巾の関係でやや不十分である。それらは定石大辞典か専門書を参照すること。
 また伝統的な互先定石(星以外の小目を中心に高目、目外し定石のこと)に関して記述が厚く、星定石(江戸時代は置碁でしかほとんど生じなかったので「置碁定石」と差別されていた)に関しては内容が薄くなる傾向がある。星定石は韓国中国で新型が開発されているので、流行を追うなら不十分な内容といえるだろう。
category
事典

「手割り」プロの形勢判断法/小林覚

「手割り」プロの形勢判断法


有段者以上 ☆☆☆★
毎日コミュニケーションズ/松浦孝仁

 手割りとは、形勢判断の方法の一つで、本因坊道策が編み出した手法だといわれている。
 囲碁の上達には石の効率に対する敏感さが必要だが、この手割りは石の効率の良し悪しを探るのに便利な方法である。この本では手割りの原理から、その活用方法まで一通り説明されている。やや高級な考え方ではあるが、なかなか自力では開けない世界に誘ってくれる「手割り」を知ることは有意義なことだと思われる。
 手割りが本当に重要になるのはアマチュアなら高段者であろうが、本書を理解するうえでは上級から初段くらいでもぜんぜんかまわないと思われる。
category
形勢判断

秀麗秀策/福井正明

秀麗秀策


有段者 ☆☆☆
日本棋院/相場一宏

 完本本因坊秀策全集の監修を行った福井正明九段による秀策の打碁集。
 主要な有名局はほぼ完全に集録されている。しかし、碁の内容に関する解説は少なめ(参考図なし)で、秀策の碁を勉強したい人には少し不満かもしれない。
 その代わりに秀策の伝記的な記述は充実しており、この本を読めば秀策の短い生涯についてよくわかる。碁の研究をしたい人は日本囲碁大系版の「秀策」を読むのがよい。
category
古典(打碁集)

完本本因坊秀策全集/福井正明

完本本因坊秀策全集  

高段者(金持ち) ☆☆☆☆ 
誠文堂新光社/相場一宏

 棋聖秀策の全集。まだ購入できるようだ。
 平明で手厚いうち回しで磐石の強さを見せる秀策の棋譜は昔から多くの人の教本となってきた。現在でも秀策の棋譜の価値は変わらない。
 棋譜が大きく見やすい構成となっている。碁の内容に関するコメントは少なく、対戦相手のプロフィールや秀策の逸事がときどき紹介される程度。
 金額が金額だけになかなか手が出るものではないが、手元にあって得るものは必ずある。 
category
古典(打碁集)

玄妙道策/酒井猛

玄妙道策


スーパー高段者 ☆☆☆
日本棋院/中山典之

 道策の打碁集。道策研究の第一人者酒井九段の解説。
 前半は名場面集。これぞ道策という華麗な打ち回しを堪能できる。後半は細解による名局鑑賞。
 一言で言うと内容が濃すぎる本。道策の碁はきわどい戦いが多く難解だが、それを酒井九段がかなり専門的に研究しているので、その内容についてゆくのが大変。この解説を読みこなすのにはよほどの棋力がないと無理。かなりマニアックな一冊といえるだろう。
category
古典(打碁集)

碁神道策/福井正明

碁神道策  

高段者 ☆☆☆☆
日本棋院/田中宏道

 棋聖本因坊道策の全集。「道策全集」の普及版。全153局+参考譜1
 棋譜が大きく見やすい。コメントの類は簡潔だが、それでも興味深い指摘が多く面白い。福井九段だけではなく他のプロ棋士の評、見解も紹介されている。おそらく8000円は安いと見るべきだろう。本棚に並べて置くだけでなんとなく強くなった気がする。
 
category
古典(打碁集)

基本手筋事典(上・下)/藤沢秀行

基本手筋事典 中盤の部(上巻)増補改訂版
基本手筋事典 序盤・終盤の部(下巻)増補改訂版


有段者 ☆☆☆★
日本棋院/相場一宏

 手筋というと中盤などでの戦いの手筋を連想するし、多くの手筋本も中盤(戦い)を扱ったものが多い。しかしこの本は手筋=囲碁におけるよい手と広義に捉えて、布石からヨセ、死活に至るまでのありとあらゆる場面での「手筋」を扱っている。作り物ばかりではなく名局を題材にしたものもあり、読んでいて飽きない内容。死活の部では、基本死活事典とかぶっている部分があるが、仕方のないところ。
category
事典

日本囲碁大系(第10巻)丈和/藤沢秀行

日本囲碁大系(第10巻)


有段者~高段者 ☆☆☆☆
筑摩書房/筑摩書房

 筑摩書房から出ていた名シリーズ「日本囲碁大系」の1冊。私の学生時代に既に絶版になっていたので、古書店で入手した。
 豪腕丈和と選局は一部重複する。こちらの方が集録数は多い。解説が藤沢秀行名誉棋聖というのも魅力的で、丈和の棋譜そのものもすばらしいが、秀行評がまた面白い。段々希少本となると思うので、古書店やネットオークションなどで早めの購入をお薦めする。
category
古典(打碁集)

剛腕丈和/高木祥一

剛腕丈和


有段者~高段者 ☆☆☆★
日本棋院/小堀啓爾

 日本棋院の古典シリーズの第1巻。個人的には高校生のときに初めて買った打碁集なので思い入れは強い。
 丈和は力無双といわれた名人。戦いの碁が多いので力戦が好きな方は是非並べてみるとよい。高木九段の解説は詳細だが、難しすぎず読みやすい。また丈和の名手を集めたアラカルトなども挿入されており、そちらも興味深い内容となっている。
category
古典(打碁集)

基本死活事典(上・下)/趙治勲

基本死活事典 古典死活の部(下巻)増補改訂版
基本死活事典 基本死活の部(上巻)増補改訂版


有段者 ☆☆☆☆☆
日本棋院/村上明

 有段者になって、さらに本格的に上達を目指すなら必携の書。著者も述べていることだが、上巻(基本死活編)だけでも購入すべし。
 読みとはもちろん思考能力であって鍛錬あるのみだが、詰碁や死活に重要なのは読みだけではない。生き形、死に形、手筋といった一定のパターンを覚え、勘を養うことも重要なのだ。上巻は実戦によく出てくる形ばかりなので、一通り目を通すだけでも実戦に活きてくるはずだ。
 下巻は玄々碁経や官子譜といった詰碁の歴史的な名品のダイジェストとなっている。こちらを一通りやれば、詰碁通の端くれになれる。
category
基本死活

ミニ中国流の徹底解明/林海峰

ミニ中国流の徹底解明  

有段者~高段者 ☆☆☆★
毎日コミュニケーションズ/内藤由起子

 ゼイノイ本がちょっと古くなってしまったので、後継本として期待したが、少し期待はずれ。流行形を多く取り入れているものの、一つ一つの解説は簡素。もう少し詳細な情報が欲しい気はするが、やはりゼイノイ本のように韓国の研究情報を取り入れるのは難しいのだろうか。
category
布石

世界のミニ中国流研究/江鋳久・ゼイノイ

囲碁世界のミニ中国流研究  

 高段者 ☆☆☆☆★ 

 ちょっと情報は古くなってしまったが、現在でも流行しているミニ中国流研究の基本を詳細に述べた本。韓国での研究成果がぎっしりとつまっており、非常に内容は濃い。これを覚えれば戦力になるし、その研究内容を学んでゆく過程で多くの手筋や戦いの考え方が身に付くだろう。
category
布石

中国流の徹底解明/小松英樹

中国流の徹底解明  

有段者~高段者 ☆☆☆☆
毎日コミュニケーションズ/内藤由起子

 権威小松英樹九段が詳細に中国流(低い中国流)を解説している。羽根泰正九段の高中国流は「戦闘の布石」だが、小松流は攻めもにらみながらスピードとバランスに優れた柔軟性があるもの。解説も戦形ごとに分類・整理されえていて勉強しやすい。クレバーな試合巧者を目指すなら必携の一冊となるだろう。
category
布石

簡単マスター!はじめの30手/小林光一

簡単マスター!はじめの30手  

中級~有段者 ☆☆☆☆
毎日コミュニケーションズ/

 序盤の考え方の基本が丁寧にわかりやすく記述されている。図も丁寧に作られているため初級者でも理解しやすいと思われる。値段も手ごろなのでお薦めの一冊。
category
布石

幻庵因碩打碁集/福井正明

幻庵(げんなん)因碩打碁集   

高段者 ☆☆☆☆
誠文堂新光社/秋山賢司

 幕末の名棋士幻庵因碩の打碁集。全155局を収録し、主要な作品は網羅されている。
 実利を重視せず、独特な戦いの感覚を持った幻庵の棋譜は並べていて驚きの連続である。現実的な教本とするにはあまり適さないが、鑑賞するものを飽きさせない魅力に満ちている。こういう本はすぐ絶版になるので、今のうちに購入すべし。
 
category
古典(打碁集)

勝利への嗅覚/王立誠

勝利への嗅覚   

高段者 ☆☆☆★
日本棋院/表谷泰彦

 講座的な構成はとっているが、実質的には打碁集にちかい。序盤中盤の勝負どころを詳細に解説している。
 棋聖、十段、王座の3冠を保持しながら何故か評価が低かった王九段。この本は、王九段のしぶとく鋭い棋風をよく伝える内容となっている。1800円と少し高めだが、内容が充実しているだけに高段者にはお薦めの一冊。
category
現代(打碁集)

加田克司衆妙詰碁/加田克司

高段者 ☆☆☆☆☆
誠文堂新光社/

 これは名著。各1650円と高めだが、それだけの価値はあり。
 50数問ずつ収録。どれも名品だが、この本の優れているところは問題図だけにあらず。解説もまた名品。単純な失敗図から始まり、それを改善しながら正解図に近づいていく形式。この過程がすなわち筋の良い考え片であり、とても勉強になる。筆者も述べているところだが、自力で解答することができなくても、解説を盤上に並べながら鑑賞するだけで充分に手筋の勉強になる。
 問題のレベルは全部自力で解けたらアマ五、六段は充分。ただ、上記のように手筋を勉強するために読むのなら初段あれば可能。(それだけ解説が詳細且つ丁寧で、わかりやすい)少し本格的に詰碁を勉強したい人には必携の名著。古本屋を捜索すべし。

category
詰碁集

イチャンホの中盤戦略(全3巻)/イチャンホ

李昌鎬(イチャンホ)の中盤戦略(1) 李昌鎬(イチャンホ)の中盤戦略(2) 李昌鎬(イチャンホ)の中盤戦略(3)

  

高段者 ☆☆☆☆★
棋苑図書/大島正雄

 世界最強棋士イチャンホ九段の中盤の打ち方を解説している。実利に辛いイチャンホ九段らしく、中盤戦略といっても打ち込み、消し、エグリ、シノギといった手ばかり。
 まずはじめに打ち込みの発端がテーマ図として示され、次にそこまでの手順と簡単な解説、次にテーマ図からの進行の詳細な解説という形式でまとめられている。
 テーマ図はまさにハイライトといった感じの劇的なものが多く、それを眺めるだけでも楽しい。その対局の背景や対戦相手に対する記述も、簡潔ではあるが面白くまとめてあり、もちろん本題の打ち込みに関する解説も丁寧で分かりやすい。また手に関する描写、表現が日本と違って面白いのでそこにも注目。超お薦め本。
category
中盤

私はかく戦えり/ゼイノイ



有段者~高段者 ☆☆☆
誠文堂新光社/牛力力

 最近でこそ若手に押されるようになったが、女流世界最強(女流プロ史上最強のニュアンスあり)と謳われたゼイノイ九段の打碁集。ゼイ九段は中国出身で、その後日本、アメリカ、そして韓国と世界を渡り歩いた棋士でもある。女流世界選手権を総なめにしただけではなく、韓国国内タイトルを獲得したり、年間最強勝率を記録したりと男性とも互角以上の戦績を誇る。

 ゼイ九段は名うての力戦家であり、その打碁の内容はタイトルそのままである。日本時代から呉清源九段の薫陶を受けていることも有名で、この本の解説にもしばしば呉九段の評が紹介されていてその面でも興味深い一冊。
category
中韓(打碁集)

六段挑戦の詰碁/石榑郁郎

六段挑戦の詰碁   

高段者 ☆☆☆☆
棋苑図書/

 現役の詰碁作家では現在屈指の存在である石榑郁郎九段の詰碁集。残念ながら品切れ中。これだけの内容で1000円以下。それでもすぐ絶版になるところに詰碁本の厳しい現状を感じざるを得ない。
 この本は比較的易しめだが、石榑九段らしい山椒は小粒でも的な名品が多い。石榑詰碁入門には最適の一冊。
category
詰碁集

戦いのベクトル/山下敬吾

戦いのベクトル  

有段者~高段者 ☆☆☆★
毎日コミュニケーションズ/伊瀬英介

 山下敬吾天元が自戦棋譜を題材に中盤戦の戦い方を説いた本。初タイトル碁聖を獲得した頃に多用した5の5や初手天元などから比較的オーソドックスになった現在の型まで数多く収録している。特に天元や5の5といったユニークな作戦に関して言及しているのが興味深い。
 全編を貫かれているのは、具体的な手を教えるのではなく、その手を打ちたくなった動機やその手にいたる考え方を伝えようという姿勢。ここで説かれている戦いの基本原理が身に付けば楽しく碁が打てそうだ。
category
中盤

勝負の極意/依田紀基

勝負の極意   

有段者~高段者 ☆☆☆
フローラル出版/内藤由起子

 1400円。依田紀基九段の世界戦での棋譜集。
 対イチャンホ戦など、題材とした棋譜は注目のものが多く、内容もすばらしい棋譜が多く面白い。この点がこの本の最大の売り。
 依田の感想を口述筆記したような形式になっているのが特徴。依田九段の感覚・見解はかなり興味深いが、文字量が少ないのと記述が舌足らずなところがある。真にいわんとするところを理解しようとすると大変かも。気軽に読めるという利点はある。
category
現代(打碁集)

囲碁に燃えて/柳時勲


囲碁に燃えて

有段者~高段者 ☆☆☆★
日本棋院/伊東嘉男

 『棋聖 小林覚の世界』と似たような経緯で出版された本。林海峰との天元戦5番勝負を中心に、デェビュー当時の柳時勲の厳しいうち回しが堪能できる。(最近は手厚く打って後半勝負の碁が増えて大分印象が変わりましたね)解説は標準的な丁寧さで、並べるのにも読むのにもちょうどよい構成となっている。

 インタビューや、雑誌『棋道』に連載された講座「攻めは柔軟に」のダイジェスト版なども収録。内容的には非常に面白い。ただ内容をかなり端折っているので、誌上でリアルタイムで読んでいた人には不満を感じるかも。(それで1冊の本にしてもいいくらいの内容でした。それくらい名講座だった)

 現在は絶版のようだ。
category
現代(打碁集)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。