Entry Navigation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

高木祥一

 高木九段は古碁に造詣が深く、新手研究にも定評がある。解説も分かりやすく、良書が多い。

囲碁百名局
流水秀栄
裏の裏定石必勝法
豪腕丈和
スポンサーサイト
category
棋士・観戦記者

筑摩書房

 過去には「日本囲碁大系」や『趙治勲傑作選』など歴史に残る打碁集を刊行してきた実績がある。しかし、最近はほとんど動きが無い。打碁集衰微の象徴。

〇出版目録
 
 日本囲碁大系
  4道策/呉清源
  8元丈/武宮正樹
  9知得/島村俊廣
  10丈和/藤沢秀行  

 趙治勲傑作選/趙治勲


 はじめて打つ碁/趙治勲
  おぼえたての碁/趙治勲

 
category
出版社

フローラル出版

 企画力に優れ(マニアック)、近年面白い棋書を上梓している注目の出版社。
 しかし、初期の出版物は構成(紙面に占める棋譜のサイズや石の中の数字の大きさや位置など)がよくなく残念。最近は改善が見られる。

〇出版リスト

明快!定石誕生事典/福井正明
勝負の極意/依田紀基
category
出版社

棋苑図書

 囲碁の出版では老舗だが、一時期活動を休止していた時期がある。
 古いシリーズは黄色のカバーでおなじみだったが、現在はタイトルごとにデザインは変えている。しかし「双書」として背番号を振るのは伝統として残っている。
 マニアックな棋書から、入門初級者向けまで幅広い扱いが特徴で、企画・構成ともに安定している。

〇出版リスト

はじめての基本定石/小林覚
世界の新定石(part 3)/ゼイノイ
イチャンホの中盤戦略(全3巻)/イチャンホ
六段挑戦の詰碁/石榑郁郎
category
出版社

NHK出版

 堅実ではずれの少ないのが特徴。タイトルも内容そのままとで、ひねりがない実用書的なネーミングのものばかり。そこにおもねらないよさがある。信頼度はかなり高い。

大竹英雄の攻めに強くなる12章/大竹英雄
打っていい場所・悪い場所/苑田勇一
基本戦略/苑田勇一
銘エン流石の動き「広い方から押し込む」/王銘エン
石倉昇のこれでOK初級突破法(基礎編)/石倉昇
category
出版社

毎日コミュニケーションズ

 近年にわかに活発化した。
 その特徴は良書の復刻と、結城、宮沢、三村などといった著作面での「新人」発掘である。企画も面白く満足いく内容のものが多い。

単行本
  「手割り」プロの形勢判断法/小林覚
  戦いに強くなる方法/結城聡
  三村流厚みの法則/三村智保
  常識破壊/宮沢吾朗
  死活と手筋から考える布石/苑田勇一
  戦いのベクトル/山下敬吾
  韓国流シリーズ(3巻)/チョウ・フニョン
  ミニ中国流の徹底解明/林海峰
  中国流の徹底解明/小松英樹

 王銘エンのこれだけは伝えたいシリーズ
  ヨセ・絶対計算/王銘エン
  我間違うゆえに我あり/王銘エン

 文庫本(復刻)
  坂田の碁(全6巻)/坂田栄男
  ひと目の手筋/趙治勲
  ひと目の詰碁/趙治勲
  すべての囲碁ファンに捧げる本/田村竜騎兵
  簡単マスター!はじめの30手/小林光一  

category
出版社

日本棋院

 総本山。昔は全集、箱入り打碁集や、人気棋士の講座シリーズなど豪華なラインナップだったが、最近は手軽な問題集の手で手堅く稼いでいる。企画には意欲が感じられず、打碁集は極端な豪華本になってしまうことが多い。マニアには少し物足りないか。
 しかし初心者から級位者には広く利用される書籍を多く扱っていることは確かであり、質もそれなりではある。

単行本

 打碁集
 碁神道策/福井正明
 怒涛の譜/加藤正夫
 炎の勝負師坂田栄男/坂田栄男
 泰然知得/依田紀基
 英傑幻庵因碩/安部吉輝
 流水秀栄/高木祥一
 黎明秀甫/石田章
 堅塁秀和/福井正明
 秀麗秀策/福井正明
 玄妙道策/酒井猛
 剛腕丈和/高木祥一
 
辞典
 基本定石事典(上・下)/石田芳夫
 基本手筋事典(上・下)/藤沢秀行
 基本死活事典(上・下)/趙治勲
  

 碁の心発見シリーズ
  勝利への嗅覚/王立誠
  厚い碁の作り方/羽根直樹
  山下流攻めの突破力/山下敬吾

文庫
  置き去りの傷を探せ/日本棋院  
 打碁鑑賞シリーズ
  淡路修三/淡路修三
  山城宏/山城宏
  羽根直樹/羽根直樹
  張栩/張栩
  石田芳夫/石田芳夫
  武宮正樹/武宮正樹
  林海峰/林海峰
  工藤紀夫/工藤紀夫
  小林覚/小林覚
  片岡聡/片岡聡

入門

  囲碁トレーニング(全6巻)/日本棋院

絶版単行本

 小林光一囲碁必勝講座/小林光一
 囲碁に燃えて/柳時勲
 
 碁の魔術シリーズ
  実戦の魔術/山部俊郎

category
出版社

出版社別

ここが機能するまで時間がかかりそうですが、長い目で見てください。

NHK出版
大泉書店
大木書店
関西棋院
棋苑図書
河出書房新社もう少しお待ちください
講談社もう少しお待ちください
山海堂
誠文堂新光社
筑摩書房
土屋書店もう少しお待ちください
東京創元社
日本棋院
フローラル出版
平凡社
毎日コミュニケーションズ
category
索引など

村上明

 故人。新聞観戦記(朝日の名人戦)や多くの単行本を手がけた名ライター。芸風はオーソドックス。
 この人は碁がめちゃめちゃ強く、学生時代は早稲田のレギュラーだった。アマ四強の原田実氏が関東リーグで喫した2敗(在学通算で2敗です)のうちの1敗は明さんによるもの。(因みにもう1局は中大で後にプロになった河合哲之氏)

〇著作リスト

早わかり大斜・村正・大ナダレ/小林光一
基本死活事典(上・下)/趙治勲
category
棋士・観戦記者

吉丸真理

 個人的には吉丸氏の記述にはあまり好きではない。私にとってかもしれないのだが、わかりにくい構成・記述が多いように思う。

 著作リストは後の更新で。

〇著作リスト
category
棋士・観戦記者

王立誠

 外国籍な上に、乱戦の雄である王立誠九段は、その実績にしては人気がない棋士。そのため案外著作は少ない。
 しかし、内容的には丁寧に作られたものが多く充実している。ただ王九段の棋風のため、非常に面倒臭いややこしい図が多くなりがちである。個人的にはこういうシツコイ解説は嫌いではないが、個人差があるだろう。

勝利への嗅覚
逆転の極意
category
棋士・観戦記者

林海峰

 林海峰九段(名誉天元)の本は、非常に無難でオーソドックスな構成が多く、あまり個性的なところは見せない。内容的にはしっかりとしていて信頼性がある。

ミニ中国流の徹底解明
林海峰
category
棋士・観戦記者

武宮正樹

 アマチュア受けする豪快な棋士武宮九段は多くの著作を発表している。しかし一言で言えば玉石混交で、中にはくだらない内容のもの(誰が書いても同じような問題集など)もある。布石や大局観に関する著作は非常に優れたものが多いといえるだろう。

簡明二・三子局の打ち方
武宮の白番
武宮正樹自選ベスト30
武宮正樹
category
棋士・観戦記者

羽根直樹

 羽根直樹九段は、著書では手厚さを強調することが多い。バランスが取れていて、(表面的には)穏健的なので典型的なお手本となる棋譜が多い。個人的には勝負どころでの強情さ、手強さとその仕掛けのタイミングに真骨頂があるように思うのだが、あまりそういうところは強調して語らない。

厚い碁の作り方
羽根直樹
category
棋士・観戦記者

趙治勲

 趙治勲本の多くは小堀啓爾氏との名コンビで作成されたもので、名著が多い。数多く出版していながら駄作が少なく、個性的で面白い本が多い。また初心者向けの著作にも目の付け所がよいものが多い。

ひと目の手筋
ひと目の詰碁
基本死活事典
キリの技法
ツケの技法
シノギの真髄
カベ攻めの極意
はじめて打つ碁
おぼえたての碁
趙治勲傑作選
category
棋士・観戦記者

加田克司

 歴史の残る名詰碁作家。心血を注いだ傑作詰碁、衆妙詰碁は歴史に残る作品である。

加田克司傑作詰碁
加田克司衆妙詰碁
category
棋士・観戦記者

苑田勇一

 明るい囲碁観とそれを面白く言葉にできる表現力で、著述面で今もっとも注目される棋士の一人である。「西の宇宙流」よばれ豪快なイメージがあるが、著作を読むとそれを支えているのが繊細で明るい感性だと分かる。 

死活と手筋から考える布石
打っていい場所悪い場所
基本戦略
大模様はこうして勝て
category
棋士・観戦記者
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。