Entry Navigation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

中盤の構想力/李夏林



高段者 ☆☆☆☆
東京創元社 睦鎮碩監修 洪敏和訳

 19局の世界戦や韓国国内棋戦の対局を、中盤戦中心に解説してある。初手からテーマ図までの手順も掲載されているのが便利だが、どうせなら総譜もつけてほしかった。
 世界戦の難解な攻防に関する情報は乏しいので、高段者や世界戦ウォッチャーにとってはうれしい一冊。
スポンサーサイト
category
中盤

囲碁水滸伝(爛柯の巻、方円の巻、橘中の巻)/藤沢秀行

  



有段者 ☆☆☆
日本棋院 広瀬保博 京野秀夫 小西泰三

1989年~1990年刊行。
 週間碁の連載をまとめたもので、序中盤を中心に「秀行の一手」を鮮やかに解説してみせる藤沢秀行九段にはよくある本。雄大な構想有り、繊細な手順有りで秀行本ファンなら楽しめるのではないか。

 秀行先生と福井正明九段、小西泰三六段、S(囲碁ライター六段)、恵子(アマ3段で美人OLの設定)、K(中年男性、初段)らの会話を通して解説を進めていくスタイル。今はあまり用いられない(現在では松浦孝仁氏がよく使っている印象)感じがするが、前田陳爾『置碁検討録』以来(これより前にも例はあるかもしれない)の伝統芸能という感じがするテイストの本。
category
中盤

天下六段 囲碁戦略―風林火山/石田章



高段者 ☆☆☆
日本棋院 京野秀夫

 『天下六段 囲碁戦略―攻防と形』に続くシリーズ第2巻。昭和63年刊。
 解説者、タイトルなどが変わったものの第1巻と同じ形式の本。石田章九段の解説も定評のあるところで読み応え十分。

category
中盤

天下六段 囲碁戦略―攻防と形/高木祥一



高段者 ☆☆☆
日本棋院 広瀬保博

 シリーズ第1巻。昭和63年刊。
 昔行われていたアマ棋戦、アマ東西対抗戦の棋譜を題材にした中盤の打ち方を解説にしている。叩き台になるのがアマ高段の棋譜なので、タイトルに「天下六段」とあるとおりかなりハイレベルな読者を対象とした一冊である。高木九段の解説には定評があるので興味深い内容となっている。
category
中盤

勝局へのチャンス/林海峰


 有段以上 ☆☆☆
 日本棋院 安武徳人

 ゴ・スーパーブックス26。昭和47年刊。
 第1章、第2章は、要するに手筋解説。タイトルからするとやや拍子抜けする。
 第3章は、プロの実戦を中心に勝負どころの手どころを集中して解説してあり、こちらはかなりの読み応えがある。
category
中盤
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。