Entry Navigation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

すぐに使える 星の死活徹底ガイド/村川大介



上級以上 ☆☆☆☆
マイナビ 品田渓

 星の周辺、主にシマリに手を付けていった形から生じる基本死活を解説している。
 その死活が生じる手順も紹介しているので、『シマリの急所』『シマリの技法』『星の小ゲイマジマリ後の攻防』といったシマリの定石書が扱っているような情報も盛り込まれている。(挙げた3書の内前二つは小目系だが)ただしあくまでも「死活ガイド」なので活きるか死ぬかにフォーカスされているので、シマリの定石書ではない。
 基本的な型が網羅されており、これだけ身につけられれば一般アマとしては充分な感じ。ひとつひとつの解説はわかりやすく書かれている。その一方で辺の開きがあるなしで手段が変わるなど、隅の死活の微妙なところも丁寧にフォローしており、各型の違いをしっかり把握して全体を理解するには繰り返し読むことが必要になるだろう。

 初段手前の人から高段の基礎固めまで、長く付き合える良書たりえると思う1冊。
スポンサーサイト
category
基本死活

すぐに使える 辺の死活徹底ガイド/松本武久



有段者 ☆☆☆☆
マイナビ 品田渓

 『星の死活徹底ガイド』の姉妹本。

 定石形などから生じうる形で、特に手筋などを駆使しなければならない重要な形に絞って解説を加えている。 その形が生じると想定される定石手順や中盤の手筋から解説されているのがこのシリーズの特徴で、死活と戦いが密接に関わっていることを伝えたいということだろう。
 うっかりしやすい手筋・手順を含むものが多く内容は充実している。中には、外壁に欠点を抱えつつうまく相手の石を仕留められるか等という実戦そのもののテーマ図もある。

 基本型を網羅しようという『基本死活事典』などとは対照的な編集方針なので、両者を読み比べるのも面白い。

 死活や詰碁となると隅でのものが多いせいか、辺の死活は案外難しい。この本に紹介されている型も難しく感じるものが多いし、気が付きにくいだろう手順・手筋も多く含まれていて勉強になる。長く利用できる本という意味で有段者向きとしたが、しっかり研究するなら高段レベルかもしれない。
category
基本死活

基本死活事典/張栩



日本棋院/構成 桑本晋平 作図協力 林漢傑
有段者 ☆☆☆☆☆

 名著として定評のあった趙治勲版『基本死活事典(上下)』の30年ぶり改定版。基本辞典シリーズの中でも重要な分野でありながら絶版になってから久しく、まさに待望の一冊。しかし張栩九段というこの分野を扱うなら最高の著者を得て最高の形での新版刊行となった。旧版は上下2冊だったものを640ページの1冊にまとめられた。

 基本死活は、ある意味一番新発見・変化の少ない分野なので、改訂は情報の整理の仕方などがポイントになる。
 序章を設け、そこで死活の判定(生死とその中間のコウなど)をしっかり整理したところでもわかるように、今回はその型の結果がより厳密に記述されている。例えばコウでもどちらの取り番か、コウはコウでも保留コウであるとか、その部分に関する厳密さが増した。
 また今回の目玉のひとつは第5章で、類似形の中での1眼のあるなしについて整理したこと。似た形でも半眼とみていい場合とそうでない場合がある。大石の死活などを判定する場合にそういった部分の1眼に関する基礎知識は重要で、この章を設けただけでもさすが張栩九段といいたくなる。
 旧版下巻で取り上げられた古典詰碁集のダイジェストは「筋の紹介」という形で比較的コンパクトにまとめられた印象。この中には張栩詰碁も含まれる。また「実戦」の章には近年中国流布石で見られる早めの三三入りから生じる型を紹介するなどより頻出する流行形を意識した編集となっている。
 
 趙治勲版でも星5つのフルマークだったが、今回の充実した改定内容を見るとさらに半星くらいつけたくなる。一生ものの一冊なので有段者必携、まだ級位者の人でもぜひ手元に置いてほしい一冊です。(易しい型ならだ級位者でも理解できるものはたくさんあります。読めるとことから繰り返し読むと上達が早いかも)
 
category
基本死活

死活の基本Ⅰ Ⅱ/

 

誠文堂新光社/
中級以上 ☆☆☆☆

 非常にストイックな本である。
 死活で重要な「ナカデ」「欠目」などを豊富な図示で丁寧に解説している。従来の死活本は「隅の6目型」「一合マス」など石全体の形で分類整理しているが、この本ではナカデやセキ、欠目などの手筋で分類整理しているのが特徴である。これは非常に役に立つ。

 丁寧で簡明な記述なので、級位者でもゆっくり読めば十分理解できると思われる。しかし、どうしても退屈に思われがちな題材なので読み通すことが困難かもしれない。
category
基本死活

有段死活/坂田栄男



日本棋院/
有段者 ☆☆☆☆

 日本棋院新書の1冊。昇段編なので背表紙が紫色である。
 これは有段者用の死活読本で、石の下や捨て石で活きる筋など高度な内容を含んでいる。おそらくは基本的な手筋をおさえようとして編集されているが、うっかりしやすい筋やなかなか気がつかない筋を含み、難しいと感じる人も多いのではないだろうか。
category
基本死活
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。