布石の新常識/蘇耀国



高段者 ☆☆☆★
マイナビ 朴道純

 『定石のマル秘ノート』の続編。最新流行形を紹介する布石本、定石本だが、前作同様どのような理由で旧型が廃り、新手法が出現したかをしっかりフォローしているところが特徴である。最近は目まぐるしく流行形が移り変わるので、一般のアマチュアにとってはその変化が何によってもたらされているかもよく分からないことがほとんどだと思われる。本書のような内容は最新のプロの打碁を理解したい人にとっては必須である。

 今回はかなり多くの型を取り上げ、さらにまさに進化途中のテーマも盛り込んだので、記述の明解さでは前作に劣るように思われる。また平易な説明に心がけて作製されたとも思われるので、難解な部分に関してあえて深く突っ込まずに記述している面があり高段者には不満かもしれない。

 書かれている内容(情報)としては高段者や最新の世界棋戦を鑑賞したいという人向きで、記述のレベルとしては有段者ならば理解しやすく勉強になるといった感じではないかと思う。 

スポンサーサイト
category
布石

天下六段 囲碁戦略―高中国流/羽根泰正



有段者 ☆☆☆
日本棋院 広瀬保博
 
 『天下六段』シリーズの第3巻は、いきなりガラッと内容が変わり、羽根泰正九段得意の高中国流布石の講座本。構成、内容ともにNHK講座をまとめた『中国流で勝つ』に似ていて、泰正九段の高中国流の実戦譜を解説している。(15局収められている)
 
category
布石

序盤の30手/高川秀格



 上級以上 ☆☆☆
 日本棋院 諸井憲二

 ゴ・スーパーブックス8。昭和45年刊。
 アマの実戦譜を題材にして序盤の打ち方を解説した布石本。さすが平明高川、説明は平易にして的確でとてもよい。
 それにしても題材になっている級位者の棋譜を見ると昔の級位者は強かったと感じてしまう。段級のインフレがそれだけひどいということか。
category
布石

基礎からわかる ミニ中国流の教科書/村川大介



マイナビ 朴道純
上級~低段 ☆☆☆☆

 ミニ中国流が世界で本格流行し出したのが1990年代の後半。気がつけばずいぶん時間がたっており、蘇ま座まな流行形が生まれている。本書は最初期の流行も含めて極めて幅広く変化を紹介している。その分突っ込んだ変化図は極力避けている印象で、高段者にはやや物足りないものの級位者や低段者には読みやすくもなっている。またミニ中国流の変化は多岐に渡っているので少し時期がたつと忘却してしまう変化も多い。高段者でも、ミニ中国流の全体像を捉え直して整理するには大変良い本だと感じた。

【参考】
『世界のミニ中国流研究』
『ミニ中国流の徹底解明』
『世界の新定石3』
category
布石

基礎からわかる 中国流布石の教科書/小松英樹



マイナビ 朴道純
上級~低段 ☆☆☆★

 小松英樹九段の中国流本。『中国流の徹底解明』中国流だけで勝つ方法』の続編と位置付けられる。
 平易に一通りの基本型を紹介するというスタイルのため上級から低段者ぐらいの人の中国流入門書である。うまくまとまってはいる。新しい型が取り入れられ興味深い情報もあるが、さほど突っ込んだ解説はなく高段者には不満のある内容だろう。

 
category
布石