Entry Navigation

人間における勝負の研究/米長邦雄



 お隣の将棋の世界とはいえ、稀代の名棋士の勝負哲学は大変読みごたえがある。碁打ちはもちろん将棋や囲碁をしない人でも面白く読めると思う。

 勝負師というのは自分で考え自分で判断・決断し、自分でその結果を引き受けるということ繰り返している。もちろんそれはあらゆる人が直面することだが、勝負の世界に身を置いていればそれがより鮮明になる。なんとなく周りに合わせておくとか、生温い考え方では生き残れない。私は米長九段の考え方にすべては共感できないが、非常に説得力を感じる部分が多いのはここで書かれたことが机上の空論ではなく、現実に鍛え抜かれた知恵であるからだろう。
 本書では敢えて悪手を指すとか、心理作戦の話題も出てくる。これは表面的にはある種の不純さを感じもするが、米長九段が当代きっての名棋士であり、同時代に置いては誰よりも将棋の技術にたけていた一人なのだということを考え合わせれば凄みを感じる。タイトルにもその二文字が含まれるが、勝負とは所詮不完全な知しか持たない人間同士のふるまいの差にすぎないことを冷徹に見つめている。勝負師の精神とは独立不羈であり、真に知的であると感じる。
スポンサーサイト
category
将棋

ルポ電王戦/松本博文



☆☆☆★

 コンピューター将棋黎明の時代から第3回電王戦終了時までの経緯がよくまとまっており、その歴史を知る上では手軽で便利な本。

 
category
将棋

一点突破 岩手高校将棋部の勝負哲学/藤原隆史



☆☆☆☆

 他競技とはいえ、囲碁と将棋は似ていることも多いので、中学高校世代の指導法、勝負哲学は興味深く読んだし、共感できるところも多かった。
 前書きで筆者が断っているように「極めて自己流の」指導法であり勝負哲学であるので、それそのものを真似るだけでうまく行くとは限らないが、抽象度をあげてその成功の鍵を読み解けばいろいろな分野で応用が利く話が多いと思う。個人的に印象的だったのは筆者が生徒だけでなく、保護者、OB、地域の強豪、地域のこどもなど学校の枠を超えた連携を生み出した点だ。学校外から囲碁普及をしている身としてはベクトルは逆となるが、地域と学校の部活動の連携は今後どこの地域でも課題である。
category
将棋

聖の青春/大崎善生

 

講談社
☆☆☆☆★

 将棋の村山聖九段(追贈)の伝記。ネフローゼという難病を抱えながらA級棋士まで上り詰めた壮絶な人生を余すところなく描いている。村山九段だけではなく、師匠の森信雄七段やライバルであった棋士たちの群像も興味深い。
category
将棋

9四歩の謎/岡本嗣郎



集英社 
☆☆☆☆

 囲碁でも古碁、囲碁史が好きであるが、そのつながりで将棋界の名人や名勝負には興味がわく。
 タイトルは坂田三吉が南禅寺における木村義雄との一番で初手端歩を突いた、そのことを指す。本書は、南禅寺の端歩突きを軸に坂田三吉の生涯を描いた伝記である。「王将」で描かれるステレオタイプな勝負師像とは一味違った坂田三吉が浮かび上がり大変な読み応えがある。将棋界黎明期の逸事としても興味深い。代表局の棋譜も掲載されているので盤上に並べることも可能だ。

 
category
将棋