Entry Navigation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

やさしく語る碁の本質/白石勇一



級位者~ ☆☆☆☆
マイナビ

 白石勇一六段の処女作。碁の基本を丁寧に説いた一冊で、級位者でもわかるように平易に書かれている。カテゴリ選択が難しかったが棋理の本。要約すれば「碁の序中盤は、なにより石の強弱を重視して打ちなさい」という内容で、これは本当に大事なことと思う。白石六段が抱えている問題意識には、普段囲碁を教えている身としては大いに共感できて、とても大切なことが書かれていると思う。

 本書で語られる内容は、初級者が素朴に理解できるとはいってもけして「簡単なこと」ではない。囲碁に限らず万事「基本」というものはそうなのかもしれないが、あまりにも単純で当り前で大切なことというのは、深く理解したり実践することは容易ではない。本書は一応級位者向けではあるが、上達しても繰り返し読むとよい本。また「万年○段」など棋力の伸びがぱったりと止まっている人にもぜひ手に取ってもらいたい一冊である。

追記
 最終章は面白い形式の問題で、プロの棋譜の手の意味を説明させるというもの。(その手が守りの手なのか、攻めの手なのか、根拠を作る手なのかなど)囲碁は抽象的な概念をいろいろと覚えなくてはいけないが、教えるときにそれをあいまいにしている場合がほとんどだ。とてもよい試みだと思った。
スポンサーサイト
category
講座

NEW別冊囲碁クラブ13 アマの悪手・ワースト10/影山利郎

中級以上 ☆☆☆
日本棋院

 典型的な「星目手」ともいうべき大悪手、大俗手の矯正講座。もともと雑誌の講座で代表票だったものをまとめた。
 身につけばありえない、目が行かない、考えたくもないという悪手・俗手を初級のころは平気で打ってしまうもの。それが中級、上級にあがるまでに減るか、減らずに癖になるかが後々の棋力の伸びに大きな影響を与える。実はこの問題は、書籍というよりも、囲碁を覚えた環境(よい指導者やよい先輩に恵まれるか)が大きいような気がするが、本書をそれを補う有意義な内容である。
 その手の俗たる理由だけでなく、そういう手を打ちたくなる心理面まで気を配って解説をしているのは、アマチュア指導に定評のあった筆者ならではである。
category
講座

早碁に強くなる法/大竹英雄

 有段以上 ☆☆
 日本棋院 栗原聖 

 ゴ・スーパーブックス46。昭和50年刊。
 タイトルは非常に興味深いテーマを提示しているが、内容はいたって平凡な手筋や形の講座で、過剰に期待すると肩透かしを食らう。
category
講座

ひとくち上達法/加納嘉徳



中級以上 ☆☆☆★
日本棋院 堀田護

 ゴ・スーパーブックス20。昭和46年刊。
 囲碁の格言をまとめたもの。中には筆者が表現を改めるなど独自の工夫をしているものもある。60の格言と、20余のコラムが掲載されており、読み物として充実している。
 囲碁は多様な表情を見せるゲームで、それだけにいろいろな考え方や知識が必要になる。それらを系統だって勉強するのはひとつの手だが、真剣にやるとかなり大変な作業になる。格言には囲碁のコツがぎゅっと凝縮されたものが多く、格言を学ぶことは実践的で即効性のある勉強法で、本書はそのテキストに最適だろう。最近の本では『早分かり格言小事典』などがお薦め。
category
講座

加藤囲碁道場(1~3)/加藤正夫

  

有段者 ☆☆☆★
日本棋院 広瀬保博 京野秀夫 秋山賢司

 故加藤九段が名人時代に作成された全3巻の講座本。1巻が「序盤の構想」で布石と定石、2巻が「手筋と攻防」で中盤戦、3巻が「ヨセ・隅の死活」で終盤がテーマ。
 第1巻は加藤九段の実戦を題材に三連星、(高)中国流、小目の布石を系統だって解説している。加藤九段の棋風から、手厚く打って攻勢に立つという考え方の打ち筋が多く、現代からするとかなり古い情報とはいえ、アマが基本として学ぶにはわかりやすく実践しやすい内容だといえる。終盤60ページほど割いている基本定石50選や布石の次の一手問題は、現代からすると情報が古く中途半端な印象を受ける。
 第2巻は、加藤九段の実戦譜を題材に中盤戦を解説している。(中盤の仕掛けのところの問題は、厳密には序盤に分類されるかもしれない)いずれも興味深い手筋や戦術が紹介されており盛りだくさんの内容。
 第3巻は、文字通り死活とヨセがテーマで、ヨセは9路盤の問題が、死活は「基本・隅の死活50選」と称して基本型を紹介している。いずれもしっかりとした内容だが、ヨセや基本死活を学びたいならば専門の参考書のほうがよりよい。


category
講座
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。