Entry Navigation

13路盤で最速上達/吉原由香里 王唯任 万波佳奈



NHK出版/
入門 ☆☆☆☆

 入門書というよりも入門その後に力点を置いた内容となっている。

 序章と第1章では6路盤・9路盤を使って囲碁のルールを紹介している。
 第2章以降は、13路盤を使って、「布石」「戦い」「ヨセ」について解説する。囲碁は序盤・中盤・終盤と多様な表情を見せてくれるゲームであり、そこが面白くもあり難しくもある。囲碁というゲームのおおよその全体像をつかめるかが入門者にとって課題で、その部分を13路盤を使って説明するというアイデアには大賛成である。簡単に書いてあるが、大切なことがしっかりおさえられている。

 19路に進んだがなかなかうまくいかない人も、本書で基礎をみなおしてみるとよいだろう。
スポンサーサイト
category
入門

よんろのご/張栩監修



幻冬舎エデュケーション/林漢傑 木下かおり
入門者 ☆☆☆☆☆

 張栩棋聖監修の4路盤入門キット。リンゴの木とリンゴの実に模した磐石と、問題集が入っている。
 問題集はアタリから始まり、石取りのテクニックや生き(絶対に取られない形)まで問題を解きながらゆっくり学べる。4路盤の狭さと問題の易しさからして、囲碁を知らない親子でも充分取り組める。逆に囲碁が打てる人が初心者指導するときには、これくらいゆっくりとしたペースで教えてあげればよいということを指示しているともいえる。ついつい先を急ぎすぎて失敗することはよくあるもの。
 難しいと思われている囲碁入門の敷居を下げるには絶好のキットであり、お子さんやお孫さんに囲碁を教えたい人は、どこか機会をとらえてこの「よんろのご」をプレゼントしてみてはいかがでしょうか。

 なお、続編の発売が予定されているとのこと。今後の展開にも期待したいところ。
category
入門

らくらく囲碁入門




日本棋院/伊瀬英介
入門者 ☆☆☆☆(仮)

◇内容

第1章 囲碁の基本ルール
    碁盤の名称/ルールは5つ(交点に交互着手、地の多いほうが勝ち、囲むと取れる、着手禁止点、コウ)

第2章 石を取るテクニック
    アタリの方向/2線の石を取る/1線の石を取る/両アタリ/ウッテガエシ/オイオトシ/シチョウ/ゲタ/コウとコウダテ/練習問題

第3章 石の生き死に
    2眼あれば生きる/セキ

第4章 実戦に学ぶ
    9路盤実戦解説1/9路盤実戦解説2/終局について

第5章 9子局の打ち方
    19路盤9子局の序盤の打ち方を紹介

第6章 互先の布石

コラム1 囲碁の効用
コラム2 武将と囲碁
コラム3 実戦のマナー
コラム4 黒白の話、コミの話
付録 主な囲碁用語一覧(ページ索引付き)


 解説図は9路盤を使っており、おおむね見やすい。簡単ではあるが用語集が付いているのは親切だろう。
 19路盤の対局に関する情報も盛り込んだが、かなり駆け足であり触れただけとも取れる。もちろん断片的でも触れる意味はあるのであろうが。
 
category
入門

梅沢由香里流すぐ打てる9路盤/梅沢由香里




NHK出版/内藤由起子
入門者 ☆☆☆☆

 入門本としては趙治勲の『はじめて打つ碁』と続編の『おぼえたての碁』が決定版だと思うのは現在も変わらないが、この本もなかなかよくまとまっていてよいと思う。特徴は対局のマナーに関しての記述と付録に用語集がついていること。よくまとまっている。
category
入門

東大教養囲碁講座/石倉昇



光文社/
入門者or指導者 ☆☆☆☆

 東大教養部で開講されている講座の内容をまとめたもの。
 入門書といってよいが、教え方や練習メニューについて独自の巣方が紹介されており、指導手引としての側面も持つ。ポイントを絞ってわかり易く教えること(適切なキーワードを選択して使うことが肝)と、囲碁の概要を早く感じとらせるための工夫(決め打ち碁など)がその基本となっている。

 新書版でやや見難いので、入門書としてはいかがなのもかとも思う。これから囲碁を教えてみたいという人に特に薦めたい一冊である。
category
入門