Entry Navigation

爽快!勝ち筋さがし/大橋拓文



中級~高段 ☆☆☆☆★
マイナビ 高木秀和

 これは分類に困った。
 詰碁作家として有名な大橋拓文六段が創作した問題集。構成は慶応OBの強豪高木さん。構成となっているが、事実上の共著者で、問題図の右下にS.Tとあるものは高木さんの創作した問題。

 これは画期的な問題集といえる。

 『置き去りの傷を探せ』という画期的な問題集がある。これは9路盤の実戦形の局面の中に二つの手筋が隠れているというもの。洗練された問題図だと気が付けても、ごちゃごちゃした実戦形だと手筋を見逃してしまうということはよくある。そこに着目した出題形式を考え出したという点で画期的だった。この「置き去りの傷を探せ」問題は囲碁未来などでも出題形式として定着している。
 
 今回の『勝ち筋さがし!』はそれを進化(深化)させた、超画期的問題集だ。
 実戦形に手筋が2つ隠れているのは同じ。しかしそれだけではなく、全局のヨセ問題にもなっているのだ!見つけた二つの手段を軸に、勝ちにたどり着く一つの道筋―勝ち筋―をたどるスリリングな世界が待っている。

 難易度は手筋発見だけなら級位者から十分楽しめる。勝ちを読み切るとなると、後半はかなりの難問になるので高段でも頭を悩ますだろう。ひとつの図面で棋力に合わせた楽しみができるというのは囲碁の魅力そのものといえ、すばらしいの一言。幅広い棋力の人に、長い期間楽しみを与えてくれる問題集になるだろう。

 こういう出題形式が定着し、様々な作家が創作するようになることを希望する。
スポンサーサイト
category
手筋

初心者の錯覚/曲励起

 級位者 ☆☆★
 日本棋院 伊藤敬一 秋本悦士 

 ゴ・スーパーブックス5。昭和44年刊。
 初級者が犯しがちな悪手を矯正する手筋教本。初心者に損な俗手が多いのは、それがよかれと思って打つからこそ。その錯覚の蒙を啓こうという試みである。手筋全般を扱いテーマは多彩、解説は平易。
category
手筋

囲碁 感動の一手/吉崎久博



有段以上 ☆☆☆★
Kindle

 アマ強豪の吉崎さんが研究の中で出会った感動の一手を100手紹介している。歴史的な名手、妙手、珍形、奇手、新手、鬼手と様々で、楽しめる。棋力対象を有段以上としたが、面白い手カタログとして気楽に読むなら棋力は問わないだろう。ただし手の内容については詳説とはえいないので、深く読みたいというのであればそれなりの棋力がないと消化不良を起こすだろう。

 こういう類の本は得意分野なので誰の棋譜か当てながら読んでみた。初手や序盤も序盤だと当てられるわけないので、そいうものはその棋譜を並べたことがあるかどうかの判定だが、実に半数近く知らない棋譜だった。吉崎さんの勉強量に脱帽です。
 

 
category
手筋

 ウソ手と本手 続ウソ手と本手/小山靖男


 上級以上 ☆☆★
 山海堂 

 手筋問題集。よくできる形や、定石の途中など身近な形を題材にしている。

category
手筋

筋場理論/依田紀基



中級以上 ☆☆☆★
講談社 野田豊二

 「石場理論」は石の形に関しての考え方を依田九段が体系化したもの。前書きにもあるが、新たな手筋を生み出してのですはなく、これまでなんとなくと教えられていた手筋を、統一理論でまとめたところに値打ちがある。簡単に言えば、筋場とよばれる効率の悪い地点に自分の石が行かないように、そして相手の石が筋場に向かうように打つことで自然と手筋になるという理論だ。
 ただし似たような説明の仕方は、苑田勇一九段の『打っていい場所・悪い場所』(第2章)でされており、完全な新発見かというと微妙な気がする。比較すれば筋場、ダブル筋場などの用語を生み出したところ理論を整理したところが依田九段の功績と言える。
 その点はおいておくとして、手筋読本てはとても優れているので、手筋を基本から学びなおしたいという人にはお奨めの一冊。ただし構成に難があり、説明文と参考図がページをまたぐことがしばしばで、非常に読みにくい。2000円近い本でこれはいただけない。
category
手筋