プロアマ置碁問答 なぜそう打つなぜそうなる/大矢浩一



上級以上 ☆☆☆☆
誠文堂新光社 川熊博行

 月刊囲碁誌上に連載され人気を博した講座をまとめた置碁本。大変素晴らしい講座だったので、ダイジェストなのがもったいないぐらいである。

 置碁の検討ということで前田陳爾『置碁検討録』(同じ囲碁誌上の講座でもある)を意識している部分もあると思われる。また石田章九段が別の雑誌で好評だった置碁講座に似て、置碁の話をしながら置碁をこえて棋理・手筋そのものを学べる本であり、本書を単に置碁本と思ってしまうのは間違いである。(カテゴリーを置碁にするのをためらった)

 本書はいろいろな読み方ができる本で、指導碁(置碁)で勝ちたい(自分が知らずに犯している過ちを知る)ひとから、棋理・手筋そのものを基本に立ち返って学びたいひと、そして白の側の打ち方(置碁のこなし方)を学びたいひとにも有益である。さすがに大矢九段の置碁の打ちまわしは見事で、無理の少ないきれいな石の運びで下手をこなしていく。相手の実力を見る意味で無理手も繰り出すが、その無理の仕方も参考になる。まえがきで大矢九段はアマチュアが陥りがちな心理的な誤りを正すことに重点を置いたと述べているが、白が繰り出す勝負手・無理手はその心理面をくすぐるような手で単に無謀な手ではない。

 幅広い棋力の人に、繰り返し読まれるべき名著である。
  

スポンサーサイト
category
置碁

プロ対プロ 置碁実戦譜(上・下)/坂田栄男など

 

 上級以上 ☆☆☆
 山海堂

 プロプロ置碁の打碁集で、上巻6局、下巻5局収録。ラインナップは以下の通り。関西の棋士が多い。プロプロ置碁が好きな方はどうぞ。

上巻
 橋本昌二VS(3子)坂田栄男
 石井信三VS(4子)東野弘昭
 宮本直毅VS(5子)藤沢秀行
 小山靖男VS(6子)南善己
 宮本義久VS(7子)白石裕
 南善己VS(9子)鈴木越雄 
下巻
 永田美博VS(2子)宮本直毅
 瀬越健作VS(3子)橋本宇太郎
 坂田栄男VS(4子)橋本昌二
 鈴木越雄VS(5子)宮本義久
 藤沢秀行VS(6子)宮本直毅

 各局30譜以上に分けて掲載されており、ある程度棋力があれば目で追って楽しむこともできる。(ページをめくった)次譜の初手が「次の一手問題」になっており、その成績で10級から六段までを認定してくれる。


category
置碁

石田芳夫の囲碁講座③四、五子局の模範と実戦/石田芳夫



上級以上 ☆☆★
『石田芳夫の囲碁講座②』に続く第3巻で、4子と5子がテーマ。構成は似たようなもので、4子が模範局12局、実戦譜4局、5子局が模範局12局、実戦譜4局を収録。

category
置碁

石田芳夫の囲碁講座②六、七子局の模範と実戦/石田芳夫



上級以上 ☆☆★

 その名の通り、6子局と7子局に関して模範布石(6子が12局、7子が13局)と実戦譜解説(6子が4局、7子が3局)が収録されている。
 置碁の打ち方といっても結局碁を打つのであり、碁に互先と置碁の間に大きな違いはない。ようは基本を学び技術を向上させれば置碁でも互先の碁でも勝てる。なのでこの手の本はあまり興味がないのだが、世の中では意外に需要があるようだ。
category
置碁

置碁検討録/前田陳爾

 

 有段以上 ☆☆☆☆
 誠文堂新光社 

 月刊『囲碁』誌上の名講座にして、それを厳選してまとめられた本書は古典的名著とされる。
 上下25局ずつ、計50局を収録した2巻本や、それに10局追加して上中下3巻にまとめたバージョンがある。

 基本的に前田九段のお稽古の碁を題材に解説を加えたもの。上手はプロ(前田九段)だが、下手はアマなので棋譜に自分も打ちそうな手が登場する。プロ同士の名局は、アマからすると同じ囲碁とは思えない浮世離れしたものに感じてしまうところもあるのに対し、指導碁解説はより身近な自分の問題として棋譜研究ができるのが利点である。

 記述法に特徴があり、Yさん、Tさん、Nさん、Hさんなどのアマチュア(棋力の設定も有り)が登場し前田九段との会話を通して話を進めていく。前書きで勝本哲州がネタばらししているように、これらの登場人物はみな架空のキャラクターで、すべて前田九段の筆による創作である。多少古臭くはあるが、前田九段と盤を挟んで解説を受けているような気分になれるのがこの本の魅力である。
category
置碁