Entry Navigation

囲碁で楽しく足し算、引き算/蘇耀国



日本棋院 
級位者から ☆☆☆★

 出入り計算の問題集。やさしい問題を中心にわかりやすく構成されている。第7章の「解けたらプロ級」の問題にしても、2段階ヨセやコウが絡んで分数が出現する程度のレベルなので、極端な難易度ではない。
スポンサーサイト
category
形勢判断

李昌鎬流2 形勢判断の急所/李昌鎬



毎日コミュニケーションズ/大島正雄
有段者 ☆☆☆★

 シリーズ2巻は形勢判断がテーマ。
 簡明に形勢判断する方法として、石の強弱、形の良し悪し、効率の良し悪しの3点に着目すべきと解く。わずらわしい目算などに敢えて触れずに、勘所をシンプルに示しておりわかりやすい。1巻と同じく、基本を解説した上で次の一手形式の問題で形勢判断の練習をしていく。
 簡単に書いてあるので、簡単にわかったような気分になれる本。もっとも、もともと難しい分野だけに読み手が考えようと思えばいくらでも考えられるところもあり、意外に奥が深い本である。
category
形勢判断

形勢判断とヨセ/石田芳夫

形勢判断とヨセ新装改訂版


有段者 ☆☆☆★
河出書房新社/田村竜騎兵or堀田護(五番子)

 形勢判断(目算と石の厚薄の判断)とヨセの基本技術を一通り教えてくれる、よき終盤入門書。かなり昔の本で、新装で復刊されたものの現在は品切れのようだ。
category
形勢判断

勝負を決める形勢判断/小林光一

勝負を決める形勢判断   

 高段者 ☆☆☆☆
 フローラル出版/内藤由起子

 形勢判断の仕方が非常に丁寧に書いてあり、この手の書の中でも良書といえる。
 形勢判断の中心になるのは目算だが、目算だけで形勢判断ができるわけではない。ときには手割りを用いた方がよい場合もあるし、相殺法がわかりやすい場合もある。また序盤、中盤の目算ともなれば厚薄の加減でどこまで地として数えるかという難しい問題もある。形勢判断の仕方は非常に微妙な問題が多く、それだけに実力が問われるのである。
 本書は、「この内容がすべてできたらトッププロです」と断りを入れた上で、小林九段の判断の仕方が非常に丁寧に記述されている。精密な形勢判断を身に付けたいと思っている人には大きな味方になってくれるはずだ。
 巻末に題材となった碁の総譜集が収められているのはうれしいところ。この手の試みは結城九段も行っているが、是非棋書のスタンダードになってほしい。


 なお目数に関する誤植があり完全とは言いがたい。この手の本の宿命であろうか。もっともたいていの人は、面倒臭いとナナメ読みしているので気がつかないのかも。
category
形勢判断

私の形勢判断/李昌鎬

私(わたし)の形勢判断   

有段者~高段者 ☆☆☆
誠文堂新光社/

 個人的には気に入っている一冊。
 形勢判断なかでも主に目算方法を解説している。
 その徹底振りは笑ってしまうほど。「3間開きは2間開きよりも地が少ない」とか、「隅に3手打つと17目の法則など」とか。(笑ってはいけない)
 また、根拠も無く唐突に「3連星は25目相当」などと言い出したりなかなか楽しませてくれる。(ちなみに中国流も25目が「定説」だそうだ)
 たいていの人は消化不良を起こしそうなので強くは薦めない。
category
形勢判断