Entry Navigation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

日本詰碁百景/石榑郁郎



有段者 ☆☆☆☆★
誠文堂新光社 大島正雄

 名詰碁作家・石榑郁郎九段の詰碁集。
 100問収録で、ヒント文ありの構成。橋本宇太郎の街道もの(『詰碁・五十三次』『詰碁・中山道』『詰碁・奥の細道』)の様に、各問に日本全国の名勝地などの名前を冠しているが、一般的な名所よりも囲碁にまつわる事物が多めである。

 前書きにある通り、シンプルな図形で変化に富んだ問題が厳選されており、問題の質は非常に高い。考えてみようという気になるシンプルな図形ながら、受けの妙着がある問題も多く、一手一手慎重で繊細な回答を要求させる問題が多い。一言でいうなら美しい詰碁集。
 ヒントでコウか無条件かがわかってしまうのは玉に瑕ではある。問題のレベルはばらつきがある感じで難問ばかりではないが、全て解くには高段の棋力が必要だろう。

 棋苑図書から出た『石槫詰碁選集Ⅰ』の続刊がないのが気になるところだが、どんな形であれ石榑九段の詰碁集が出版されるのは喜ばしいことである。
スポンサーサイト
category
詰碁集

蘇耀国の詰碁/蘇耀国



上級以上 ☆☆☆☆
マイナビ 朴道純

 第1章(死に)が60問、第2章(生き)が30問、第3章(応用)が90問の合計180問収録。

 シンプルなパズル詰碁で、コンパクトな形の中にダメ詰まり感覚を磨けるような仕掛けをした良問が多い。個人的には第1章の出来が一番よいように思う。第3章は、難しい問題を分解して出題しているものが多いが、分解の仕方をやや失敗している感じのものもある。ただそこを不満に感じるのはある程度以上の棋力の読者と思われるので、本書がターゲットとしている詰碁が苦手なひとには関係のない話かもしれない。
category
詰碁集

CIOブログ詰碁/井場悠史



上級以上 ☆☆☆☆
Kindle 橘諒 稲本章吾

 前作に続きよいシンプル詰碁を50問収録している。今回は4×4の範囲で詰碁にする、特定の手筋を主題にするなど、テーマ(縛り)に沿ったシリーズがある。

category
詰碁集

眠る前の小さな詰碁(1・2)/平本弥星

 

初級~高段 ☆☆☆★
日本棋院 水戸部央

 月刊『碁ワールド』誌上(+付録)で話題になった平本メソッドとよばれる練習方法の教材。平本メソッドとは詰碁をただ解くのではなく、問題図を頭に入れて、頭の中だけで解くというもの。「頭の中の碁盤」の強化により重点を置いた練習法だ。これは緑星学園の有名な練習法でもある。平本メソッドのオリジナルな点は、棋力の低いひとでもチャレンジできるように、図を極小化、簡明化したことにこそあるかもしれない。

 ただ頭の中で解くか解かないかは読者次第なので、本書は読者は普通に読んでしまえばただのシンプル詰碁集だともいえる。収録された問題の中にはそれなりに難しい問題も含まれているが、頭の中で解ける「小さな詰碁」を意識して創作されているだけあって、見やすい形をしている。平本メソッドを実践するかどうかはともかく、親しみやすい問題集になっているので、詰碁が苦手な人でも手に取ってみる価値はありそうだ。

 平本六段は毎年干支の文字詰碁を発表するなど文字詰碁でも定評がある。本書にも数字やアルファベットをモチーフにした「ちいさな詰碁」が収録されている。そちらのマニアにも必見である。

category
詰碁集

どんどん解く辺の死活150/日本囲碁連盟



上級以上 ☆☆☆★
自由国民社

 標準的な基本詰碁集。使いつぶすタイプの本。
category
詰碁集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。