Entry Navigation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

詰碁の神様 前田陳爾傑作集/村上明編

 

平凡社 村上明
初段以上 ☆☆☆☆

 2巻構成で詰碁が主要なコンテンツなので詰碁集に分類したが、詰碁に限らず前田陳爾九段の著作や打ち碁の傑作を集めたアンソロジーである。詰碁以外は名局(2局)、随筆、名講座の置碁検討録など。村上明さんの構成だけに、平易で読みやすい。

 詰碁に関しては1巻に100問、下巻に110問が収録されており、有名な前田詰碁はほぼ網羅されている印象だ。返書の言にもあるが、簡潔で筋の鮮やかな前田詰碁は古典詰碁ともいう趣があある。前田詰碁を知る上ではまとまった資料の一つとなるだろう。
スポンサーサイト
category
詰碁集

大橋流パワーアップ詰碁400



マイナビ/朴道純
有段以上 ☆☆☆☆

 シンプルな基本詰碁が400問、ぎっしり詰まったよい問題集。文庫本としては高めの価格設定だが、収められた問題数を考えればリーズナブルである。
 所謂繰り返し解く基礎訓練のテキストとして最適で、初段を目指す人から有段者の基礎固めまで広く活用できるだろう。
category
詰碁集

ノータイム詰碁360/月刊碁学編



毎日コミュニケーションズ/月刊碁学
上級以上 ☆☆☆☆★

 基礎詰碁、シンプル詰碁をたっぷり収録し、質量ともに兼ね備えた詰碁集。コストパフォーマンスも申し分ない。まず買って損のない一冊。
 第3章は「手のない問題」を混ぜ込み、問題であることがヒントになってしまう(絶対に答えがあるという前提)弊害を軽減する工夫をしてあるのも面白い。高段者でもタイムトライアルで取り組めばなかなか楽しめそうだ。
category
詰碁集

読みを鍛える 究極の絵詰碁/長谷泉




毎日コミュニケーションズ/山田規三生監修
有段者 ☆☆☆☆

 茨城の強豪長谷泉さんの絵詰碁集。
 記号や顔文字などをモチーフに作成されており、楽しい一冊。読むのは楽しいが、作るのは大変であったであろう。この手の取り組みは中山典之の珍籠ぐらいしか思い浮かばないが、詰碁のほうが難易度は高いであろう。

 問題の難易度はさまざまで、しかも絵柄で分類してあるため難易度は上下してしまうがそういうことにこだわらずに楽しむのがよいであろう。
category
詰碁集

○段合格の死活(シリーズ)/日本棋院




日本棋院/
上級~有段 ☆☆☆

 文庫で手軽な問題集のシリーズ。
 初段、三段、六段、七段と4冊あり、一応段々難しくなる。ただし詰碁の難易度判定というのは曖昧なものであり、あてにしすぎないほうがよい。
 基本的な問題集は消費されるものであり、消耗品である。このシリーズも一生楽しむようなものではないが、強くなる過程では必要になるものではある。何回も解いて読み潰してしまうつもりで「使う」本だといえる。安価なこともあり上達に役立つ便利な本だろう。


category
詰碁集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。