呉清源のこの手ご用心(小目編、目外し高目編、置碁編)/呉清源

    

有段者 ☆☆☆☆
池田書店 三堀将(のはず)

 これは名著と言っていいシリーズ。機略にとんだ変化、うっかりしそうな筋、損の無いハメ手など、まさに「この手ご用心」な変化を紹介している。置碁編はハメ手対策的な要素が大きい。
 もちろん古い本なので定石本としては不利な材料だが、さすが呉清源という作図が多いので今でも充分価値がある。
  
 
スポンサーサイト
category
定石

下手いじめ/林有太郎

 有段者 ☆☆★
 日本棋院 広瀬保博 

 ゴ・スーパーブックス6。昭和44年刊。
 効果的な紛れの手段やハメ手を紹介している。置碁の白の立場の本というのは比較的少ないが、類書はさまざまあり、入手が難しくなった本書が特に優れた内容というわけではない。

【参考】
 『置碁―白の作戦』藤沢秀行
 『並べるだけで白が上手くなる本』石田芳夫
category
置碁

武宮正樹の二、三子局/囲碁編集部



誠文堂新光社/相場一宏
有段者 ☆☆☆★

 基本的にはこちらと同じようなスタイルの本。武宮九段のものばかりを集めたものということ。

 武宮九段は、『武宮の白番』で有名なように、石の勢力に敏感で柔らかな石使いに定評がある。地取りに拘泥せずに、自然に石をさばくうちに碁がまとまってゆく美しさを見ると、自然流の自賛も頷ける。
 その魅力は置碁における下手ごなしにも発揮される。置かせて打てば自然辛くなりそうなものだが、あくまで手厚く構えて自然な流れで追い込むところが圧巻である。

 本書で残念なのは大風呂敷・大模様などを強調して武宮九段の新の魅力をかえって覆い隠す感があるところである。

category
打碁集

プロ・アマ三子局 アマ勝局集 など/囲碁編集部

  
 


誠文堂新光社/相場一宏
有段者 ☆☆☆★

 とっくの昔にアップしているものとばかり思っていた・・・。まとめてアップ。

 プロ・アマ三子局 アマ勝局集
 プロ・アマ三子局 アマ勝局集
 プロ・アマ三子局 アマ惜敗譜集
 ザ・二子局
 ザ・二子局Ⅱ

 現在は関東の目玉をケンカップにしている月刊「囲碁」だが、ちょっと前までは県代表クラスとトップアマの3子局を載せていた。3子局の方はそれらの中から選抜してまとめたもの。

 2子局の方は4強などトップアマとプロ棋士の対戦が中心。

 プロの下手ごなしの妙技を堪能できる。上手側は置石のハンデを克服するために積極的に打ち回すので、普段のプロ同士の互先よりも目に見えて手筋を駆使するし、下手もアマチュアとはいえ一流の打ち手が多いので、実に見ごたえのある攻防が繰り広げられる。置碁独自の面白みと言ってよい。

 昔の雑誌の誌面をそのまま掲載しているだけだが、それはそれで当時の雰囲気が伝わってきて面白い。 
category
打碁集

天下四目(上・下)/徐奉洙

 

東京創元社/洪 敏和訳
上級以上 ☆☆☆☆

 東京創元社の碁楽選書は、韓国棋書を多く扱っているが期待に反して平凡な内容のものが多い。その中で本書は異色である。

 徐奉洙が説く置碁戦術は、自分の身の丈にあった実戦的な打ち方をするということであり、具体的にはしっかり守りを固め、変化の少ない簡明型を選ぶこと。自陣が確実になったところで仕掛けること。それは最善最強ではないが、現実的な教え、実践的な思考である。置碁に関して、小ゲイマ受けを奨励したのは趙治勲と共通しており、そのあたり韓流の発想と言えるのかもしれない。
 解説は平易で、どの打ち方が簡明化を徹底して説明している。もちろん最強の応酬についても言及はしており、良心的である。

 この本は置碁の本であるが、別の角度から囲碁哲学、勝負哲学の本として読んでみるのも面白いように思う。何が盤上の最善手かというだけではなく、対局者の実力などの現実をも含めて考慮し着手を選ぶという現実主義、実践主義が徹底されており、そこが注目に値する。日本の囲碁研究は究極の棋理を求めてしまう理想主義的な部分があるのと対照的だ。(そこが魅力でもあるのだが)

 本書には随所に徐奉洙の棋士人生を紹介したコラムが挿入されており、それも面白い。
category
置碁