Entry Navigation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

碁の教科書4 攻めの法則/石倉昇



日本囲碁連盟/
上級以上☆☆☆★

・目次
 第1章 強引な打ち込みを粉砕する秘訣
 第2章 三三打ち込みの対策ととがめ方
 第3章 モタレ攻めで優勢を築く方法
 第4章 厚み活用の攻めで圧倒するコツ
 第5章 弱点を突いて主導権を取る要領
 第6章 すぐに使える2間開きの攻め
 
 第4巻からは中盤がテーマになる。
 各章に4~6テーマ図が挙げられ、それぞれに各章に練習問題がついている。
 中盤は多様な問題が含まれる分野で、本巻は攻めにテーマに絞っている。基本的なテクニック(厚み活用、もたれ攻め)を、頻出のパターン(2間開き、三三など)の中でうまくまとめて紹介している。

 ◎碁の教科書シリーズ

 第1巻 布石の打ち方/石倉昇
 第2巻 定石の使い方/石倉昇
 第3巻 序盤の作戦/石倉昇
 第4巻 攻めの法則/石倉昇
 第5巻 サバキの実戦活用法/石倉昇
 第6巻 打ち込みと接近戦/石倉昇
スポンサーサイト
category
講座

碁の教科書3 序盤の作戦/石倉昇



日本囲碁連盟/
上級以上☆☆☆★

・目次
 第1章 ツケノビ、ツケオサエ活用作戦
 第2章 大ゲイマガカリからの有力作戦
 第3章 簡明!2間高ガカリ作戦
 第4章 ミニ中国流対策お勧め作戦
 第5章 特異布石封じの白番作戦
 第6章 2間高バサミ粉砕作戦

 第3巻も序盤がテーマ。今回は作戦という切り口で序盤を見ている。第1巻が頻出布石のパターンの中での学習であり、第2巻は定石選択というある局面での全局判断がテーマだった。3巻を通して違う側面から序盤を学んだことになる。

 作戦の本巻であるが、作戦である以上「意図」があり、それをどう表現するかや相手の意図をどうはずすかという問題にフォーカスされている。

 ◎碁の教科書シリーズ

 第1巻 布石の打ち方/石倉昇
 第2巻 定石の使い方/石倉昇
 第3巻 序盤の作戦/石倉昇
 第4巻 攻めの法則/石倉昇
 第5巻 サバキの実戦活用法/石倉昇
 第6巻 打ち込みと接近戦/石倉昇


category
講座

碁の教科書2 定石の使い方/石倉昇



日本囲碁連盟/
上級以上☆☆☆★

・目次
 第1章 布石を活かした定石選択
 第2章 全局構想と定石選択
 第3章 定石その後1(荒らし)
 第4章 定石その後2(攻めと守り)
 第5章 定石はずれのとがめ方
 第6章 1間バサミ定石のマスターしよう

 第2巻も序盤戦がテーマだが、主として定石選択がテーマ。基本的にはカカリに挟むか受けるかということだが、繰り返しいろいろなケースを学ぶことで、判断力そのものを養おうという狙い。3,4章は、第1巻にもあった定石後の知識の補強であり、中盤戦への入り口を準備するもの。第6章は、定石選択に必要な定石知識の補強を、「1間バサミ」に絞って行っている。

 ◎碁の教科書シリーズ

 第1巻 布石の打ち方/石倉昇
 第2巻 定石の使い方/石倉昇
 第3巻 序盤の作戦/石倉昇
 第4巻 攻めの法則/石倉昇
 第5巻 サバキの実戦活用法/石倉昇
 第6巻 打ち込みと接近戦/石倉昇
category
講座

碁の教科書1 布石の打ち方/石倉昇



日本囲碁連盟/
上級以上☆☆☆★

・目次
 第1章 三連星と二連星
 第2章 小林流と三々入り対策
 第3章 大場と急場の発見法
 第4章 布石その後
 第5章 両ガカリの打ち方とその対策
 第6章 足早実利戦法

 6巻シリーズの第1巻。序盤の打ち方をテーマとしている。
 各章がさらにテーマ図に分割され、各テーマ図に数図の解説が付いている。各章末には練習問題(関連問題)が配置されている。
 初2段くらいの人にとってよい教科書といえるだろが、上級者でも理解できるところは多いだろう。

 本巻、本シリーズに限ったことではないが、石倉本の優れたところは、取り上げるテーマ選択がうまいのと、解説(解答)図の分かりやすさである。適当にチョイスされたテーマ図を学ぶことによって、実践的な知識を得ながら碁の根本な考え方を学べるのが効果的なことである。

 ◎碁の教科書シリーズ

 第1巻 布石の打ち方/石倉昇
 第2巻 定石の使い方/石倉昇
 第3巻 序盤の作戦/石倉昇
 第4巻 攻めの法則/石倉昇
 第5巻 サバキの実戦活用法/石倉昇
 第6巻 打ち込みと接近戦/石倉昇
category
講座
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。