実力五段囲碁読本 コウの粘り/囲碁編集部



誠文堂新光社/相場一宏
有段者 ☆☆☆★

 内容はコウの名局、コウの諸相、様々なコウ(定石、死活、ヨセに現れるコウや序盤、中盤、終盤のコウの実戦例)、コウダテ(実戦例とコウ材問題)、コウの事件簿。

 コウは碁の華ともいうべきものだが、その複雑さに頭を悩ませる人も多いだろう。一口にコウといってもいろいろあり、部分のコウの変化だけでも多彩なのに、振り替わりを含んだコウだての問題が絡んでくると簡単に処理することはできない。またコウは終局に絡んでルール問題にもなりうる。

 この本はコウのアラカルトともいうべき本で、コウの多彩な表情を描いている。優れている点は、あまり触れられることの少ないコウダテに関して1章を割いていることと、コウと終局に関する日本囲碁規約を紹介していることである。
スポンサーサイト
category
講座

実力五段囲碁読本 大模様対策/囲碁編集部



誠文堂新光社/相場一宏
有段者 ☆☆☆

 この館のテーマは大模様
 模様の防止、四連星対策、打ち込みの中盤定石、大模様が出現した名局の紹介、といった内容。
 最終章に限らず、テーマ図などに古今の名棋譜が使われており、あらゆる棋譜に通じた相場さんらしい構成となっている。或いはもっとよい模様講座、ハウツー本はあるかもしれない。しかし、実際に打たれた生きた手順で模様の攻防を学べるところは他にない魅力である。
category
講座

実力五段囲碁読本 悪力対策/囲碁編集部



誠文堂新光社/相場一宏
有段者 ☆☆☆★

 非常に面白いコンセプトの一冊である。

 テーマとしているのは力で解決するしかない極限の接近戦。接近戦のみに終始し、力のみにことの解決を頼るのを「悪力」ということになるのであろうか。悪力には対局観などがないというマイナス面がある一方、接近戦は碁のもっとも根本をなすものであるので悪力は碁の地力に通じる面もあり侮れない。悪力を克服することなくして真の上達はない。

 悪力的な力戦定石の解説や、乱闘の名局紹介が主な内容。全編を通してややこしい図が続く。悪力を簡単に退治する方法が書かれていると期待する人には残念かもしれないが、悪力を粉砕するにはよく読み、手順手筋を尽くすことであるとしかいえないような内容である。結局戦いからは逃げられないというのが結論なのかもしれない。
category
講座