Entry Navigation

武宮正樹の二、三子局/囲碁編集部



誠文堂新光社/相場一宏
有段者 ☆☆☆★

 基本的にはこちらと同じようなスタイルの本。武宮九段のものばかりを集めたものということ。

 武宮九段は、『武宮の白番』で有名なように、石の勢力に敏感で柔らかな石使いに定評がある。地取りに拘泥せずに、自然に石をさばくうちに碁がまとまってゆく美しさを見ると、自然流の自賛も頷ける。
 その魅力は置碁における下手ごなしにも発揮される。置かせて打てば自然辛くなりそうなものだが、あくまで手厚く構えて自然な流れで追い込むところが圧巻である。

 本書で残念なのは大風呂敷・大模様などを強調して武宮九段の新の魅力をかえって覆い隠す感があるところである。

スポンサーサイト
category
打碁集

宇宙流序盤構想/武宮正樹




木本書店/中山典之
有段者 ☆☆☆☆☆

 かなり高価だが、その内容は折り紙つき。
 武宮九段は大模様が得意なことから豪快なイメージがあるが、実は明るい大局観と、やわらかく繊細な石使いにこそ魅力がある。このシリーズでは、武宮九段の局面の捉え方、石の動かし方を、平易な文章で余すところなく伝えてくれる名著である。より可能性のある方面に石を伸ばす、という言葉にすればシンプルなことが非常に大切なことだと教えてくれる一冊。
category
布石

元丈/武宮正樹

日本囲碁大系(第8巻)元丈楽天フリマ


高段者 ☆☆☆★
筑摩書房/竹田雅一


 安井知得とともに「元丈知得」と称され、囲碁の世界で好敵手の代名詞となった本因坊元丈の打碁集。ともに芸を認め合い準名人に甘んじたことでも有名。日本囲碁大系のシリーズを買うなら、先に『知得』の方を買うのがお薦めだが、「元丈知得」なので知得ファンはこの巻も買う羽目になる。中央志向でおおらかな元丈の解説に武宮正樹を置いたのも人選の妙であろう。
category
古典(打碁集)

武宮正樹

 アマチュア受けする豪快な棋士武宮九段は多くの著作を発表している。しかし一言で言えば玉石混交で、中にはくだらない内容のもの(誰が書いても同じような問題集など)もある。布石や大局観に関する著作は非常に優れたものが多いといえるだろう。

簡明二・三子局の打ち方
武宮の白番
武宮正樹自選ベスト30
武宮正樹
category
棋士・観戦記者