Entry Navigation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

第47期本因坊戦

 

 3年連続挑戦の小林光一棋聖・名人・碁聖を、趙治勲本因坊が3連敗碁の4連勝で退けた伝説のシリーズ。
 7局とも印象深く、目外し定石の思わぬところから大乱戦となった第1局、反撃の烽火となった第4局(治勲黒番の名局)、治勲が完璧な打ちまわしを見せた最終局(捨石と形勢判断の名局)と面白い碁が多いが、個人的に一番印象深いのが第6局だ。この碁は小林光一に勝利のチャンスが十分あった。第45期からの3年間で、治勲は7局の角番をしのいだことになるが、その7局の中で45期の第7局と、この47期の第6局は小林にとってもっとも惜しい碁であったに違いない。

 問題の場面。

 10020901.jpg

 序盤で白がポイントを挙げて優位が認められる場面。問題の置きが打たれた。黒の61手目で、すでに碁は2日目に入っている。(封じ手は黒49の左辺詰め)
 実戦は以下のように進んだ。

10020902.jpg

 小林は遮らず、渡らせる方針の白1。そして黒は2、4を利かして6の渡り。
 この瞬間碁がひっくり返ったのだという。たった数手の応酬で白の優位は溶けてなくなり、以降趙治勲の完璧な打ちまわしの前に、二度と優位を取り戻せなかった。二日制の碁の繊細さには驚く。
 遮った場合の参考図が以下のもの。

10020903.jpg

 置きを捨石に厚みを築き黒12の踏み込み。これが黒の目論見であり、だからこそ小林は避けたわけだが、この図で白が勝ちだという。『棋道』誌での連載で趙治勲が「この図で白の勝ち。もっとも優位は1目半程度」というコメントを残しており、小林も別な場所でやはりこの図で1目半勝てるというコメントを残していてる。(小林光一のコメントに関しては記憶が定かではなくソースを示せない)二人の感想の見事な符合。両者の意見が正しいのか正しくないのかは凡人には到底分らない。しかし、そこまで精密な読みと微妙な形勢判断をしなければ勝てない、そしてこの段階のわずかな遅れを取り戻すことのできないのが二日制の碁ということだ。この両者のコメントを読んで最強者が2日かけて戦う碁の厳しさを垣間見た気がして非常に感激した覚えがある

 最近のスピード化した対局では味わえない奥深さや迫力を感じるシリーズである。
スポンサーサイト
category
現代(打碁集)

秀策/石田芳夫

日本囲碁大系(第15巻)


有段者 ☆☆☆★
筑摩書房/田村竜騎兵

 棋聖本因坊秀策の打碁集。石田芳夫九段の明解な解説で秀策の近代的なバランス感覚がよくわかる。またこの手の本では過去の名手に対する敬意からかなり遠慮した表現をするものだが、石田九段は辛口に現代的見地からはっきりと批評している。

category
古典(打碁集)

秀和/杉内雅男

秀和楽天フリマ


有段者 ☆☆☆★
筑摩書房/小堀啓爾

 幕末の大棋士本因坊秀和の打碁集。
 秀和は早熟の天才棋士であり、名手の中でも多作で知られる。地に辛いあましの棋風というのが紋切り型の秀和の「棋風」ということになっている。しかし、才気に富んだ秀和の碁はそういった言葉では表しきれない。跡目時代の鋼鉄のように固い先番。第一人者となってからの変幻自在の打ちまわし。実利を好むが、時には大模様も披露する。才子秀和は実にさまざまな碁を見せてくれるのだ。
 秀和は秀策秀甫といった弟子たちに、「自分は君たちより強いとはいえないが、毎局毎局布石を変えて工夫し同じ碁はひとつとしてない。そこが違うだけだ」と語ったという。高弟を持ち上げつつも、自らの碁の個性とそれに対する自信を覗かせている。秀和を鑑賞すると、すべての碁が変化に富んでいて、囲碁の深さ・広さを感じるとともに、そのなかで自由自在に振舞うことのできる秀和の偉大な才能に敬意を抱かざるを得ない。

 解説は神様杉内雅男九段で、対局と同じくけれん味の無い格調高い解説で秀和の碁を引き立てている。
category
古典(打碁集)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。