Entry Navigation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

初心者の錯覚/曲励起

 級位者 ☆☆★
 日本棋院 伊藤敬一 秋本悦士 

 ゴ・スーパーブックス5。昭和44年刊。
 初級者が犯しがちな悪手を矯正する手筋教本。初心者に損な俗手が多いのは、それがよかれと思って打つからこそ。その錯覚の蒙を啓こうという試みである。手筋全般を扱いテーマは多彩、解説は平易。
スポンサーサイト
category
手筋

石の形集中講義完全版/三村智保



マイナビ/伊瀬英介
上級以上 ☆☆☆☆★

 悪(サカレ、空き三角、2目の頭)、手拍子(不必要なアテやデなど)、ポンヌキの威力、(守りの急所・眼の急所)など様々な角度から石のに関して解説されており、上級以上の人に必携の一冊といえる。増補され完全版の名に恥じぬ内容である。まとめページなど構成の工夫もあり、とても読みやすい。

 の良し悪しはしばらくしないと影響が出ないので、囲碁がわかり始め自分なりに工夫を始めるとかえって形が悪くなってしまうことがある。初歩の初歩であれば教えられたとおり馬鹿みたいに1間トビを連打したりして形としては無難であったのが、いろいろ頑張ろうとして俗筋に陥ることはよくあるもの。我流に染まる前にしっかりとした形の考え方を身につけるべきである。
 形を配慮することの効果は盤上でもじわりとだが確実に出るし、上達の面でも然りである。へぼ3段で頭打ちになるか、筋のよう高段者になれるかは、案外こうした基礎をしっかり学んだかどうかで決まったりする。是非多くの人に読んでもらいたい一冊である。
category
手筋

必勝の石の運び(上・下)/徐奉洙



東京創元社/洪 敏和訳
上級以上 ☆☆☆☆

 非常によい手筋本である。
 実戦に頻出する定石や定型の中から、基本的な筋・形を問題形式で紹介している。広範な手筋が紹介されていることと、実戦型に取材しているので実践的である。『活碁新評』を彷彿とさせるところがあるし、実際に同じ手筋が紹介されていたりもする。
 繰り返し取り組むことをおすすめする1冊である。
category
手筋

天下四目(上・下)/徐奉洙

 

東京創元社/洪 敏和訳
上級以上 ☆☆☆☆

 東京創元社の碁楽選書は、韓国棋書を多く扱っているが期待に反して平凡な内容のものが多い。その中で本書は異色である。

 徐奉洙が説く置碁戦術は、自分の身の丈にあった実戦的な打ち方をするということであり、具体的にはしっかり守りを固め、変化の少ない簡明型を選ぶこと。自陣が確実になったところで仕掛けること。それは最善最強ではないが、現実的な教え、実践的な思考である。置碁に関して、小ゲイマ受けを奨励したのは趙治勲と共通しており、そのあたり韓流の発想と言えるのかもしれない。
 解説は平易で、どの打ち方が簡明化を徹底して説明している。もちろん最強の応酬についても言及はしており、良心的である。

 この本は置碁の本であるが、別の角度から囲碁哲学、勝負哲学の本として読んでみるのも面白いように思う。何が盤上の最善手かというだけではなく、対局者の実力などの現実をも含めて考慮し着手を選ぶという現実主義、実践主義が徹底されており、そこが注目に値する。日本の囲碁研究は究極の棋理を求めてしまう理想主義的な部分があるのと対照的だ。(そこが魅力でもあるのだが)

 本書には随所に徐奉洙の棋士人生を紹介したコラムが挿入されており、それも面白い。
category
置碁

シチョウとゲタの基本/韓国棋院編



 
 棋苑図書/大島正雄
 有段者 ☆☆☆

 シチョウとゲタにターゲットを絞ったユニークな手筋問題集。問題集としてのできは標準的でありふれたものである。といってもそれが基本手筋集の宿命で、定番となる古典問題や定石変化などがちゃんと含まれているからありふれてしまうのである。

 「当たり当たりのへぼ碁かな」というのがあるが、初級の頃はやたらと当てる、やたらと掛けて捕まえようとする、など強引な手が多いもの。上達するにつれて無理な包囲や、無駄なアテを打たないということが身についてくる。
 しかし、「取れるなら取ってしまったほうがよい」というのも究極の真理で、筋がよくなりだしてかえって打ち方が甘くなるという皮肉なことも生ずる。
 この問題集はいずれも当たりや掛けで一気に相手の石を攻める筋ばかりが紹介されている。最近形になずんで甘い碁を打っているなと自覚している人は、たまにはこういう本で厳しく取りきる筋の再確認をしてみるとよいかもしれない。
category
手筋
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。