Entry Navigation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

必勝の石の運び(上・下)/徐奉洙



東京創元社/洪 敏和訳
上級以上 ☆☆☆☆

 非常によい手筋本である。
 実戦に頻出する定石や定型の中から、基本的な筋・形を問題形式で紹介している。広範な手筋が紹介されていることと、実戦型に取材しているので実践的である。『活碁新評』を彷彿とさせるところがあるし、実際に同じ手筋が紹介されていたりもする。
 繰り返し取り組むことをおすすめする1冊である。
スポンサーサイト
category
手筋

天下四目(上・下)/徐奉洙

 

東京創元社/洪 敏和訳
上級以上 ☆☆☆☆

 東京創元社の碁楽選書は、韓国棋書を多く扱っているが期待に反して平凡な内容のものが多い。その中で本書は異色である。

 徐奉洙が説く置碁戦術は、自分の身の丈にあった実戦的な打ち方をするということであり、具体的にはしっかり守りを固め、変化の少ない簡明型を選ぶこと。自陣が確実になったところで仕掛けること。それは最善最強ではないが、現実的な教え、実践的な思考である。置碁に関して、小ゲイマ受けを奨励したのは趙治勲と共通しており、そのあたり韓流の発想と言えるのかもしれない。
 解説は平易で、どの打ち方が簡明化を徹底して説明している。もちろん最強の応酬についても言及はしており、良心的である。

 この本は置碁の本であるが、別の角度から囲碁哲学、勝負哲学の本として読んでみるのも面白いように思う。何が盤上の最善手かというだけではなく、対局者の実力などの現実をも含めて考慮し着手を選ぶという現実主義、実践主義が徹底されており、そこが注目に値する。日本の囲碁研究は究極の棋理を求めてしまう理想主義的な部分があるのと対照的だ。(そこが魅力でもあるのだが)

 本書には随所に徐奉洙の棋士人生を紹介したコラムが挿入されており、それも面白い。
category
置碁
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。