Entry Navigation

よんろのご/張栩監修



幻冬舎エデュケーション/林漢傑 木下かおり
入門者 ☆☆☆☆☆

 張栩棋聖監修の4路盤入門キット。リンゴの木とリンゴの実に模した磐石と、問題集が入っている。
 問題集はアタリから始まり、石取りのテクニックや生き(絶対に取られない形)まで問題を解きながらゆっくり学べる。4路盤の狭さと問題の易しさからして、囲碁を知らない親子でも充分取り組める。逆に囲碁が打てる人が初心者指導するときには、これくらいゆっくりとしたペースで教えてあげればよいということを指示しているともいえる。ついつい先を急ぎすぎて失敗することはよくあるもの。
 難しいと思われている囲碁入門の敷居を下げるには絶好のキットであり、お子さんやお孫さんに囲碁を教えたい人は、どこか機会をとらえてこの「よんろのご」をプレゼントしてみてはいかがでしょうか。

 なお、続編の発売が予定されているとのこと。今後の展開にも期待したいところ。
スポンサーサイト
category
入門

張栩の詰碁/張栩



毎日コミュニケーションズ/
有段者/☆☆☆☆☆

 この本は是非手元に置いていただきたい一冊である。
 
 張栩九段の詰碁は難解で知られる。詰碁嫌いの人には敬遠されそうだが、この本に納められている詰碁は確かに難問ぞろいなのである。しかし、難しい=解けなくて面白くない、ではなく難しくても面白いという「仕掛け」がよくできた一冊なのだ。

 まず解説が丁寧。
 詰碁は難しい。しかしその難しさの中にこそ面白さがある。手筋の効果、手順の妙。しかし読みの力が足りないと、その面白さにたどりつけないのだが、本書は非常に丁寧でわかり易い解説を徹底していてその悩みを解消してくれる。低段者、上級者でもゆっくり読めば「難しいけどお面白い」を体験できるはず。解答は加田詰碁形式で、順を追って説明しながら再出題もあり、はじめから解答を熟読玩味、鑑賞するだけでも充分読みの訓練になるだろう。
 ストイックに修練したい人のために、ノーヒントの出題ページも用意されており、ただ易しいだけでもただ難解なだけでもない懐の深い構成となっている。

 そして、コラム類が充実していて、疲れた頭を休めてくれる。
 小林泉美「詰碁張栩と私」をはじめとして、面白い記事が満載である。詰碁集というと、作者の苦心の作図が無味乾燥に羅列されているだけで学術書的な冷たさがあるものだが、この本は張栩九段の肉声が聞こえる温かなものとなっている。級位者でも張栩ファンは買う価値があるとさえ思う。
 
 
 幅広い人に楽しんでもらうというコンセプトのため、従来の詰碁集の観点からするとややシャープさに欠けると見る向きもあるが、詰碁集に新たなスタイルを切り開いた意欲作ではなかろうか。
category
詰碁集