Entry Navigation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

天下六段 囲碁戦略―高中国流/羽根泰正



有段者 ☆☆☆
日本棋院 広瀬保博
 
 『天下六段』シリーズの第3巻は、いきなりガラッと内容が変わり、羽根泰正九段得意の高中国流布石の講座本。構成、内容ともにNHK講座をまとめた『中国流で勝つ』に似ていて、泰正九段の高中国流の実戦譜を解説している。(15局収められている)
 
スポンサーサイト
category
布石

三村流布石の虎の巻/三村智保



マイナビ/伊瀬英介
上級以上 ☆☆☆★

 級位者から低段向けの布石本。
 わかりやすく布石のコツを解説するためにいろいろと工夫されている本だが、そのひとつが攻めの布石とシノギの布石という分類がある。一般にアマチュアは(そして初級者ほど)シノギは苦手なので、攻める立場に立てるかどうかが勝敗を握ると言っても過言ではない。布石として通用する手かどうかというだけでなく、攻めの布石になるかシノギの布石になるかの分かれ目をわかりやすく示した意義は大きい。
 その他「弱い石から動く」原則や「一段落」の判断、そして攻めながら得をするという中盤戦略を含んだ考え方など、多くの人がぶつかりやすい問題や、実践的な知恵をわかりやすく提示している。
category
布石

スモール中国流布石徹底ガイド/河野臨




毎日コミュニケーションズ/朴道純
有段者 ☆☆☆☆

 スモール中国流とは、河野臨九段が打ちだして流行した中国流より一路狭くヒラく布石のこと。ベトナム流とかいろいろな呼称があるが、いまいち安定しない型である。スモール中国流で定着するかどうかが注目される。

 この手の本に関しては、河野臨九段は結城聡九段とならんでもっとも信頼のおける棋士であろう。スモール中国流とミニスモール中国流の主だった変化について網羅的に紹介しており、解説も明確で良書と思う。研究が行き届き、結論をしっかり示すのは師匠譲りか。参考譜も含めて情報の質量ともに満足のいく内容で、非常に役立つ一冊といえそうだ。
 わかりやすくするために「まとめ」のページを設ける工夫はもはや定番となりつつある。まとめページのために情報量が減ったきらいはあるが、わかりやすくするためには仕方のないことであろう。

category
布石

碁の教科書3 序盤の作戦/石倉昇



日本囲碁連盟/
上級以上☆☆☆★

・目次
 第1章 ツケノビ、ツケオサエ活用作戦
 第2章 大ゲイマガカリからの有力作戦
 第3章 簡明!2間高ガカリ作戦
 第4章 ミニ中国流対策お勧め作戦
 第5章 特異布石封じの白番作戦
 第6章 2間高バサミ粉砕作戦

 第3巻も序盤がテーマ。今回は作戦という切り口で序盤を見ている。第1巻が頻出布石のパターンの中での学習であり、第2巻は定石選択というある局面での全局判断がテーマだった。3巻を通して違う側面から序盤を学んだことになる。

 作戦の本巻であるが、作戦である以上「意図」があり、それをどう表現するかや相手の意図をどうはずすかという問題にフォーカスされている。

 ◎碁の教科書シリーズ

 第1巻 布石の打ち方/石倉昇
 第2巻 定石の使い方/石倉昇
 第3巻 序盤の作戦/石倉昇
 第4巻 攻めの法則/石倉昇
 第5巻 サバキの実戦活用法/石倉昇
 第6巻 打ち込みと接近戦/石倉昇


category
講座

碁の教科書2 定石の使い方/石倉昇



日本囲碁連盟/
上級以上☆☆☆★

・目次
 第1章 布石を活かした定石選択
 第2章 全局構想と定石選択
 第3章 定石その後1(荒らし)
 第4章 定石その後2(攻めと守り)
 第5章 定石はずれのとがめ方
 第6章 1間バサミ定石のマスターしよう

 第2巻も序盤戦がテーマだが、主として定石選択がテーマ。基本的にはカカリに挟むか受けるかということだが、繰り返しいろいろなケースを学ぶことで、判断力そのものを養おうという狙い。3,4章は、第1巻にもあった定石後の知識の補強であり、中盤戦への入り口を準備するもの。第6章は、定石選択に必要な定石知識の補強を、「1間バサミ」に絞って行っている。

 ◎碁の教科書シリーズ

 第1巻 布石の打ち方/石倉昇
 第2巻 定石の使い方/石倉昇
 第3巻 序盤の作戦/石倉昇
 第4巻 攻めの法則/石倉昇
 第5巻 サバキの実戦活用法/石倉昇
 第6巻 打ち込みと接近戦/石倉昇
category
講座
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。