Entry Navigation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

松和・雄蔵/橋本昌二



筑摩書房/橋本篤慶
高段者 ☆☆☆

 囲碁四傑の伊藤松和太田雄蔵打碁集
 伊藤松和は坊門棋士で、晩成ながら七段上手に進み、御城碁もつとめた。秀策の御城碁19連勝中、もっとも危うかったのが松和との一局である。軽妙な石の運びと秘められた怪腕が持ち味で、豆まき碁の岩本薫九段に少し似たところがある。多少むらっ気だが、気合が乗ったときの碁は素晴らしいものがある。
 太田雄蔵は囲碁四傑の筆頭に挙げられる名棋士で、剃髪を嫌がって七段上手に進みながら御城碁に出仕しないという逸話も残す快男児である。序盤から中盤の石サバキのセンスが抜群で、その切れ味とスピード感は江戸碁の中では傑出している。四傑の中で一番秀策との互先を維持したことでも知られ、現代でも評価は高い。

 橋本九段の解説は、現代感覚から多少辛めに手の批評している。
スポンサーサイト
category
古典(打碁集)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。