Entry Navigation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

攻めの戦略(碁風を探る4)/加藤正夫



成美堂出版/
有段者 ☆☆☆

 名シリーズ「碁風を探る」の第4巻。殺し屋加藤正夫ということで、攻めの棋風がテーマ。
 基本的には打碁集だが、著者の棋風の特徴やその形成変遷に注目しているところが特徴で、第2章は加藤流の攻めを紹介する次の一手問題集になっていたりする。
 加藤正夫の強烈な個性を堪能できる楽しい一冊。

スポンサーサイト
category
昭和(打碁集)

攻めの構図読みの力(上/下)/加藤正夫

加藤正夫打碁集(上巻)加藤正夫打碁集(下巻)


有段者 ☆☆☆★
大木書店/秋山賢司

 加藤正夫九段が生前に出した最後の打碁集。
 この本の特徴は、ハイライト図が先に提出されてちょっとした問題集としても楽しめることと、選局がこれまでの打碁集にないものを選んでいることが挙げられる。筆が春秋子ということもあって名人リーグからが多い。
 豪華本でちょっと手が出にくいが、内容の充実は保障する。
category
現代(打碁集)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。