Entry Navigation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

ハメ手入門/前田陳爾

 有段者 ☆☆☆
 日本棋院 諸井憲二 

 ゴ・スーパーブックス3。昭和44年刊。
 前書きにもあるとおり、ハメ手定石は表裏一体で、その証拠に定石を知らない相手には返ってハメ手がかかり難かったりする。本書はよくあるカタログ的ハメ手本(引っ掛け筋とハマリの例、そして対策をセットで解説する)よりも、より定石読本という要素が強い。ハメ手だけではなく定石後の手段や置碁の紛れのテクニックも含んだ手段を丁寧に解説されていて、ハメ手というよりも定石そのものに詳しくなれる本である。
スポンサーサイト
category
定石

詰碁の神様 前田陳爾傑作集/村上明編

 

平凡社 村上明
初段以上 ☆☆☆☆

 2巻構成で詰碁が主要なコンテンツなので詰碁集に分類したが、詰碁に限らず前田陳爾九段の著作や打ち碁の傑作を集めたアンソロジーである。詰碁以外は名局(2局)、随筆、名講座の置碁検討録など。村上明さんの構成だけに、平易で読みやすい。

 詰碁に関しては1巻に100問、下巻に110問が収録されており、有名な前田詰碁はほぼ網羅されている印象だ。返書の言にもあるが、簡潔で筋の鮮やかな前田詰碁は古典詰碁ともいう趣があある。前田詰碁を知る上ではまとまった資料の一つとなるだろう。
category
詰碁集

前田上級詰碁/前田陳爾



東京創元社
有段者 ☆☆☆☆

 シリーズ最終巻。この本の後半は前田詰碁ならではの問題が並び、とても面白い。あまり手に入らないらしいが、見つけたら是非手にとってみるべし。

 このシリーズが大いに誤解されている部分があるように感じられるのでひと言だけ。
 このシリーズは、比較的易しい基礎の問題を沢山集めたのが特色で、『初級』『中級』などは多分に詰碁というよりも基本死活、基本手筋といった感がある。その基本問題にプラスして、小品にも抜群の切れを見せる詰碁創作家・前田九段の特色が絡んで、歴史的な名声を残しているのだと思われる。ただあくまでも基本問題が多く、完全な創作詰碁集ではない。
 前田オリジナルの創作詰碁を満喫したいのなら『痛快詰碁傑作選』などのほうがよいであろう。
 
 
category
詰碁集

痛快詰碁傑作選/日本棋院

 有段者 ☆☆☆★

 ニュー別冊囲碁クラブ№.38。前田詰碁の名作ダイジェスト。
 雑誌別冊という性質からしても、手に入る可能性が低い本。代表作の多くが収められているので前田詰碁本としてはすぐれたものである。
category
詰碁集

前田初級詰碁/前田陳爾

前田初級詰碁楽天フリマ


上級~有段 ☆☆☆☆
東京創元社

 初級とあるが、けっこう難しい。基本詰碁がほぼ網羅されている感じで、基礎固めに最適である。新書版で値段も手ごろで手に入りやすい本であったが、古書でももはや絶滅危惧種。当然高値がついている。
 『前田中級詰碁』『前田上級詰碁』に続く。
category
詰碁集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。