Entry Navigation

13路盤で最速上達/吉原由香里 王唯任 万波佳奈



NHK出版/
入門 ☆☆☆☆

 入門書というよりも入門その後に力点を置いた内容となっている。

 序章と第1章では6路盤・9路盤を使って囲碁のルールを紹介している。
 第2章以降は、13路盤を使って、「布石」「戦い」「ヨセ」について解説する。囲碁は序盤・中盤・終盤と多様な表情を見せてくれるゲームであり、そこが面白くもあり難しくもある。囲碁というゲームのおおよその全体像をつかめるかが入門者にとって課題で、その部分を13路盤を使って説明するというアイデアには大賛成である。簡単に書いてあるが、大切なことがしっかりおさえられている。

 19路に進んだがなかなかうまくいかない人も、本書で基礎をみなおしてみるとよいだろう。
スポンサーサイト
category
入門

よんろのご/張栩監修



幻冬舎エデュケーション/林漢傑 木下かおり
入門者 ☆☆☆☆☆

 張栩棋聖監修の4路盤入門キット。リンゴの木とリンゴの実に模した磐石と、問題集が入っている。
 問題集はアタリから始まり、石取りのテクニックや生き(絶対に取られない形)まで問題を解きながらゆっくり学べる。4路盤の狭さと問題の易しさからして、囲碁を知らない親子でも充分取り組める。逆に囲碁が打てる人が初心者指導するときには、これくらいゆっくりとしたペースで教えてあげればよいということを指示しているともいえる。ついつい先を急ぎすぎて失敗することはよくあるもの。
 難しいと思われている囲碁入門の敷居を下げるには絶好のキットであり、お子さんやお孫さんに囲碁を教えたい人は、どこか機会をとらえてこの「よんろのご」をプレゼントしてみてはいかがでしょうか。

 なお、続編の発売が予定されているとのこと。今後の展開にも期待したいところ。
category
入門