Entry Navigation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

黄龍士/薛至誠



清流出版 牛仙仙訳 マイケル・レドモンド監修・解説
高段者 ☆☆☆★

 昨今中国では、中国古典(清代の棋士たち)の再評価が進んでいるようだ。

 黄龍士に限らず、清代の双璧である范西屏、施定庵の評価が日本でいまいちなのは力戦型の棋士であり、大局的な明るさに乏しいからだ。判断力よりも読みの碁であり、日本では前者の方が重要視される。しかし、昨今の中韓の棋士の台頭・隆盛と日本の没落は、読みの力の差であり判断力重視の行き過ぎ(形にこだわり過ぎ)にあると思われ、そういう状況の中で清代棋士の再評価もされやすくなったと言えるだろう。

 互先置石制(タスキ星に打ってから白から着手する)時代の棋譜で、日本の古典とは違った意味で現代とは布石が大分違う。予想通り全局的な明るさを感じる場面は少ないが、読みの力や着手の激しさには素晴らしいものがある。現代中国の碁の祖形は確かにここにあるかもしれない。

 もっともこれを買って並べる人はかなり物好きだとも言えるだろう。 

スポンサーサイト
category
中韓(打碁集)

常昊対局集-世界超級棋手争覇叢書/封嵩編



成都時代出版社
有段者 ☆☆☆★

〈購入情報〉
 書虫で買えます。こちらチャイナモールで買えば現在のレートで1000円強。国際送料を含めても安上がりになるでしょう。

※並べ終わったので感想を加筆しました。
 中国常昊打碁集
 基本的には棋戦の決勝戦を機械的に掲載するという、中韓の打ち碁集によくあるスタイル。全143局収録(全509ページ)。
 1990年の世界アマ(対三浦浩)から2008年末までが掲載されている。従って2009年の春蘭杯は掲載されていない。
 2,3譜に分けて掲載されている。解説は中国語だが、漢字なのでだいたい理解できる。参考図はない。

 棋戦決勝だけを収録する編集スタイルでは常昊は不利かもしれない。李昌鎬に負ける負ける。常昊は必ずしも世界のトップのトップであり続けた棋士ではないので、惜敗棋譜集みたいな感じもあり、並べていてストレスがたまる。それだけに応氏杯を獲得したところで得られる充実感はこの上ないものになるが。
 編集方針にひと工夫ほしい打碁集であった。
category
中韓(打碁集)

囲棋年鑑2011/囲棋天地

12040906.jpg

囲棋天地編
有段者 ☆☆☆

 書虫で買えます。

 中国囲碁年鑑。昔の囲碁年鑑とは違い囲棋天地の編集。
 昔の中国年鑑は解説もなくひたすら棋譜が掲載されているスタイル。低段者にはきつい構成だが、勉強したい高段者には一番よい教材ともいえた。

 この囲碁年鑑は、各棋戦の記事が充実しており、ずいぶん読み物として充実したものだなと思う。ただし中国語なので簡単には読めない。(簡体字が読めれば、字から何となく意味は取れる)
 その反面、資料としての価値は減じていて、各棋戦も準決勝辺りからしか掲載していない。少しボリューム面では不満である。

 過去の記録は充実していて、アマ棋戦のデータまで掲載されているのはうれしいところ。
category
打碁集

囲棋天地 2・3(2012)

hy.jpg

Fujisan.co.jpで購読

 今回は春節で合併特別号です。

◎棋譜関係

十大対局(総譜)
 「破繭」:孔傑VS朴文尭(第15回LG杯決勝3番勝負第2局)
 「不絶如縷的棋魂」:張栩VS井山裕太(第35期棋聖戦7番勝負第6局)
 「新人之光」:檀嘯VS李哲(第11回理光杯囲棋戦決勝)
 「只要是他和他」:李世石VS古力(第3回BCカード杯決勝5番勝負第3局)
 「花開会有期」:謝赫VS李世石(第8期春蘭杯決勝3番勝負第3局)
 「気運的挽歌」:井山裕太VS朴延桓(第24期富士通杯準決勝)
 「漸成大器」:孔傑VS江維傑(第24回名人戦5番勝負第5局)
 「遲来的肯定」:元晟湊VS古力(第16回三星杯決勝3番勝負第3局)
 「風雨流年」:李世石VS李昌鎬(第2回OllehKT杯決勝5番勝負第4局)
 「向老兵至敬」王輝VS常昊(2011甲級リーグ)

甲級リーグ特集
 邱峻VS崔哲瀚(詳報)他 

第3回中国竜星戦決勝3番勝負第1局、第2局 李哲VS王昊洋

◎連載など

 封面名局 聶衛平(対小林光一)
 実戦常形21
 一路之差②
 開局有一套②

 感想は続きで。
category
雑誌時評

囲棋天地 1(2012)

weiqi1201.jpg
Fujisan.co.jpで購読

◎棋譜関係

第16回三星杯決勝3番勝負第1~3局 元晟湊VS古力
第1回世界マインドスポーツアコード団体戦3回戦 古力VS崔哲瀚

第1回世界マインドスポーツアコード特集 
 謝赫VS朴延桓(団体戦)
 孔傑VS山下敬吾(団体戦)
 
第1回世界マインドスポーツアコードペア戦決勝 朴文尭/李赫VS崔哲瀚/金恵敏

第2回KT杯決勝5番勝負第1局 李昌鎬VS李世石
第7回百霊杯 范蔚菁VS劉小光

封面名局 第2回富士通杯 劉小光VS趙治勲

実戦官子鑑賞 

◎連載など

 第一感教室37
 角度調整①(王元8段)
 名家名手古力編⑪
 実戦常形⑳
 一路之差①

 感想は続きで。

category
雑誌時評
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。