Entry Navigation

石の形集中講義完全版/三村智保



マイナビ/伊瀬英介
上級以上 ☆☆☆☆★

 悪(サカレ、空き三角、2目の頭)、手拍子(不必要なアテやデなど)、ポンヌキの威力、(守りの急所・眼の急所)など様々な角度から石のに関して解説されており、上級以上の人に必携の一冊といえる。増補され完全版の名に恥じぬ内容である。まとめページなど構成の工夫もあり、とても読みやすい。

 の良し悪しはしばらくしないと影響が出ないので、囲碁がわかり始め自分なりに工夫を始めるとかえって形が悪くなってしまうことがある。初歩の初歩であれば教えられたとおり馬鹿みたいに1間トビを連打したりして形としては無難であったのが、いろいろ頑張ろうとして俗筋に陥ることはよくあるもの。我流に染まる前にしっかりとした形の考え方を身につけるべきである。
 形を配慮することの効果は盤上でもじわりとだが確実に出るし、上達の面でも然りである。へぼ3段で頭打ちになるか、筋のよう高段者になれるかは、案外こうした基礎をしっかり学んだかどうかで決まったりする。是非多くの人に読んでもらいたい一冊である。
スポンサーサイト
category
手筋

三村流布石の虎の巻/三村智保



マイナビ/伊瀬英介
上級以上 ☆☆☆★

 級位者から低段向けの布石本。
 わかりやすく布石のコツを解説するためにいろいろと工夫されている本だが、そのひとつが攻めの布石とシノギの布石という分類がある。一般にアマチュアは(そして初級者ほど)シノギは苦手なので、攻める立場に立てるかどうかが勝敗を握ると言っても過言ではない。布石として通用する手かどうかというだけでなく、攻めの布石になるかシノギの布石になるかの分かれ目をわかりやすく示した意義は大きい。
 その他「弱い石から動く」原則や「一段落」の判断、そして攻めながら得をするという中盤戦略を含んだ考え方など、多くの人がぶつかりやすい問題や、実践的な知恵をわかりやすく提示している。
category
布石