Entry Navigation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

ハメ手入門/前田陳爾

 有段者 ☆☆☆
 日本棋院 諸井憲二 

 ゴ・スーパーブックス3。昭和44年刊。
 前書きにもあるとおり、ハメ手定石は表裏一体で、その証拠に定石を知らない相手には返ってハメ手がかかり難かったりする。本書はよくあるカタログ的ハメ手本(引っ掛け筋とハマリの例、そして対策をセットで解説する)よりも、より定石読本という要素が強い。ハメ手だけではなく定石後の手段や置碁の紛れのテクニックも含んだ手段を丁寧に解説されていて、ハメ手というよりも定石そのものに詳しくなれる本である。
スポンサーサイト
category
定石

呉清源のこの手ご用心(小目編、目外し高目編、置碁編)/呉清源

    

有段者 ☆☆☆☆
池田書店 三堀将(のはず)

 これは名著と言っていいシリーズ。機略にとんだ変化、うっかりしそうな筋、損の無いハメ手など、まさに「この手ご用心」な変化を紹介している。置碁編はハメ手対策的な要素が大きい。
 もちろん古い本なので定石本としては不利な材料だが、さすが呉清源という作図が多いので今でも充分価値がある。
  
 
category
定石
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。