Entry Navigation

石の形集中講義完全版/三村智保



マイナビ/伊瀬英介
上級以上 ☆☆☆☆★

 悪(サカレ、空き三角、2目の頭)、手拍子(不必要なアテやデなど)、ポンヌキの威力、(守りの急所・眼の急所)など様々な角度から石のに関して解説されており、上級以上の人に必携の一冊といえる。増補され完全版の名に恥じぬ内容である。まとめページなど構成の工夫もあり、とても読みやすい。

 の良し悪しはしばらくしないと影響が出ないので、囲碁がわかり始め自分なりに工夫を始めるとかえって形が悪くなってしまうことがある。初歩の初歩であれば教えられたとおり馬鹿みたいに1間トビを連打したりして形としては無難であったのが、いろいろ頑張ろうとして俗筋に陥ることはよくあるもの。我流に染まる前にしっかりとした形の考え方を身につけるべきである。
 形を配慮することの効果は盤上でもじわりとだが確実に出るし、上達の面でも然りである。へぼ3段で頭打ちになるか、筋のよう高段者になれるかは、案外こうした基礎をしっかり学んだかどうかで決まったりする。是非多くの人に読んでもらいたい一冊である。
スポンサーサイト
category
手筋

勝つヨセの絶妙な手順/光永淳造



棋苑図書
有段者 ☆☆☆☆★

 これは超お薦めの一冊である。

 ヨセに関しては「一手の価値」に関して詳細に解説した王銘エンの『ヨセ絶対計算』が画期的であったが、本書はそこでもカバーされていない問題に触れている。

 例えば、両後手6目と逆ヨセ3目はどちらが大きいのかという問題はこれまであまり説明されてこなかった。一手の価値では同じ「3目」と計算されるため、単純に同価値と考えていた人も多いのではないか。本書では後手ヨセと逆ヨセの価値は全く違う種類のものであることが非常に明確に説明されている。詳しい内容は紹介しないが、逆ヨセを打つという行為は、最大の後手ヨセに先着する権利を捨ているということであり、すなわち先着する効力と逆ヨセの効力とが比較の対象なのである。この点が明確に理解できるだけでも、実戦で大いに役に立つはずだ。
 その他最大のヨセを打ち逃した場合何目損をしたことになるのか、先着の効力はどのように考えればよいかなど、今までのヨセ本ではあまり触れられてこなかった部分を、明解且つ簡潔に解説しておりまさしく蒙を啓かれる思いがした。

 構成に関しては、第1章から4章までは「手どまり」「逆ヨセ」「小ヨセ」「何目損」といったトピックに関しての解説(4章以外は問題が3~6問ついている)で、ヨセの教科書といった感じ。第5章は応用問題ということで12問の問題が用意されている。問題はいずれも13路盤を使った全局のヨセ問題である。
 解説は簡単なモデルなど駆使して非常にわかりやすいが、第4章までは解説が多く、内容が内容だけに読者を選ぶかもしれない。第5章の問題は難問が多く、多くの読者が苦しむだろう。高段者でなければ5分ほど考えて、あとは盤に並べながら解説を読むのがいいかもしれない。

 出入り計算、一手の価値などに関してはある程度予備知識がある前提で書かれているので、上記の王銘エン本と合わせて読むのがお薦めである。
category
ヨセ

直観力/マイケル・レドモンド



海竜社
☆☆☆☆★

 マイケル・レドモンド九段のエッセイ。自身のこれまでの歩みを振り返りながら囲碁や囲碁を通して感じたことがつづられている。囲碁を極めようとし、日本を理解しようとした経験に深く根差した言葉には説得力がある。
 日本文化や日本の囲碁界の姿を考える上でも面白いし、囲碁上達の過程の試行錯誤を読んでいるとレドモンド九段の囲碁への情熱が感じられ大いに刺激を受ける。
category
読み物/文芸

よんろのごのほん/張栩



幻冬舎エデュケーション
入門後 ☆☆☆☆★

 『よんろのご』の続編となる問題集。100の問題が出題されている。

 今回も、ルールから紹介されており、『よんろのご』本体に取り組んでいなくてもできるようには配慮されている。ただ若干駆け足なので、あくまでも『よんろのご』クリア後の方がよさそうだ。

 今回は取る取られる、だけではなく「セキ」、「地合い」や「コウの取り番」といった要素を取り入れた、より囲碁らしい問題が盛り込まれている。同じセキにするにしても得な(アゲハマの多い)セキはどれか。コウをいつ仕掛けるか。狭い盤の中でもそう言った要素を考えさせる問題が並んでいて、囲碁経験者でもその出来栄えに関心するのではないか。
 ステップ6(チャレンジ問題)ともなると、4路盤の特殊性を取り入れた難し目の問題が並ぶ。囲碁では隅の特殊性ということがいわれるが、4隅が接近した4路盤はそれが増幅されて4路盤の特殊性ともいうべき独自のダメ詰まり感、石の下の世界が広がる。それなりの棋力があっても頭を悩ませそうだ。


 四路盤はあくまでもプラットフォーム。そこにどんなソフトを入れ込むかがポイントだと思われる。逆にいえばソフトによっていろいろな可能性が広がる4路盤という世界を開拓した張栩棋聖の業績は大きい。今後もこのような問題集が出されることを期待する。
 この問題集のチャレンジ問題はレベル3とされているが、張栩棋聖によるとレベル5の問題まであるらしいので、詰碁マニアも今後の展開に引き続き目が離せない。



 
category
問題集