Entry Navigation

呉清源のこの手ご用心(小目編、目外し高目編、置碁編)/呉清源

    

有段者 ☆☆☆☆
池田書店 三堀将(のはず)

 これは名著と言っていいシリーズ。機略にとんだ変化、うっかりしそうな筋、損の無いハメ手など、まさに「この手ご用心」な変化を紹介している。置碁編はハメ手対策的な要素が大きい。
 もちろん古い本なので定石本としては不利な材料だが、さすが呉清源という作図が多いので今でも充分価値がある。
  
 
スポンサーサイト
category
定石

詰碁の神様 前田陳爾傑作集/村上明編

 

平凡社 村上明
初段以上 ☆☆☆☆

 2巻構成で詰碁が主要なコンテンツなので詰碁集に分類したが、詰碁に限らず前田陳爾九段の著作や打ち碁の傑作を集めたアンソロジーである。詰碁以外は名局(2局)、随筆、名講座の置碁検討録など。村上明さんの構成だけに、平易で読みやすい。

 詰碁に関しては1巻に100問、下巻に110問が収録されており、有名な前田詰碁はほぼ網羅されている印象だ。返書の言にもあるが、簡潔で筋の鮮やかな前田詰碁は古典詰碁ともいう趣があある。前田詰碁を知る上ではまとまった資料の一つとなるだろう。
category
詰碁集

昭和の名局2 不滅の抗争譜/藤沢秀行



日本棋院/相場一宏
有段以上 ☆☆☆☆

 第2巻は、特にドラマチックな展開が楽しめる。
 この巻におさめられている主な内容は、戦後呉清源の復帰と不敗の十番碁、コミ碁の本格化と高川の活躍である。コミなし打ち込み制十番碁の裏で着々とタイトル戦の時代(コミ碁)が進展していたという形だが、この巻は何と言っても呉清源主役である。満点を先相先に打ち込んだ超人的パフォーマンス、ミラクルが生き生きと描かれている。
category
昭和(打碁集)

ケイマの両アタリ/先崎学



NHK出版/
☆☆☆☆

 将棋の先崎学八段のエッセー。NHK囲碁講座に連載していたもの。副題は「先ちゃんの囲碁放浪記」。

 先崎八段は筆が立つので連載時から楽しく読んでいた。(ほとんど立ち読みだったが)

 話題は先崎八段の周辺の囲碁の話が中心で内容は様々だが、将棋棋士としてある意味ボードゲームの真髄を知っていると同時に、囲碁では基本的には素人という微妙な立ち位置から書かれていることが非常に面白い。将棋棋士は囲碁を打たせても非凡であったり、上達するためにはどう訓練すべきかを(類似の経験があるだけに)よく知っている。その点では一般のファンよりも確実に上にいる。しかしそうは言っても趣味であり単なるアマチュアでもあるから、一般の囲碁愛好家と同じような悩みや心情も抱いている。先崎八段の筆はそのあたりの機微を実に生き生きと描いており、読んでいて実に楽しい。
 
category
読み物/文芸

李世ドル名局撰集/李世石

  




棋苑図書/洪敏和訳
高段者 ☆☆☆☆


 李世石の打碁集。同じ棋苑図書から似た装丁ででている『李昌鎬名局撰集』と同じような内容かと思いきや、全く違う構成で驚いた。

 収録局はたった3局で、非常に詳しく解説している。初タイトルを獲得した倍達王戦第4局、2連勝後3連敗で世界初タイトルに届かなかった第5回LG杯から第3局、初世界タイトルとなった第15回富士通杯決勝。やや収録局数が少なすぎる気もするが、いずれも李世石のキャリアで重要な節目となった対局で、その対局に対する思い入れが伝わってくるので読み応えがある。手所の解説は詳細で難解な部分(高段者レベル)もあるが、その局面のポイントをまとめてあったり、対局心理など単純な技術解説を越えたレベルの記述も豊富で、細かい図を読み飛ばしても面白く読めるだろう。譜分けが細かいので目で追いやすい点とあわせて、有段ならば十分楽しめるのではなかろうか。局面の判断など善悪をはっきり明示しており、そういう点でもわかりやすい。

 随所にコラムが挿入されているが、おそらく李世石九段の兄李相勲八段(世石は3人兄弟の末っ子)が書いたものと思われる。こちらも興味深い内容が多い。
category
中韓(打碁集)